中学生記者が取材!平成最後のニュースレター「KAWASAKI Coastal Area News」Vol.21

川崎市

2019/3/20 14:00

平成31年3月20日(水)

川崎市臨海部国際戦略本部

中学生記者が取材!平成最後のニュースレター「KAWASAKI Coastal Area News」Vol.21

~川崎臨海部のナノ医療イノベーションセンター~

「川崎の南端は世界の最先端です」をキーワードに、川崎臨海部における本市の取組、臨海部立地企業、まちの魅力等、多角度からの情報を発信することを目的としたニュースレター「KAWASAKI Coastal Area News」Vol.21を、3月20日(水)に発行します。

リニューアル第3弾となる今号は、「ナノ医療イノベーションセンター✕中学生記者」と題して、最先端の研究から新たな産業を生み出し、日本の経済をけん引する、川崎区殿町地区の国際戦略拠点「キングスカイフロント」を、川崎市立金程中学校の生徒さんが記者としてナノ医療イノベーションセンターを取材しました。バックナンバーと合わせて、ぜひご覧ください。

【Vol.21発行日】

平成31年3月20日(水)

【発行回数】

年3回予定

【配付対象】

マスメディア、インターネットメディア及び区役所等での配付

※市民の皆様に対しては、各区役所、市民館、図書館等に配架することで周知いたします。

【ホームページへの掲載】

ニュースレターはキング スカイフロント公式ウェブサイトでも閲覧できます。

http://www.king-skyfront.jp/letter/

【ニュースレターVol.21 記事構成(全4ページ)】

「ナノ医療イノベーションセンター✕中学生記者」

○ナノ医療イノベーションセンターとは?

○Topics1ドラッグデリバリーシステム、ナノマシンの技術について

ナノ医療イノベーションセンター主任研究員 持田 祐希 氏

川崎市立金程中学校 西尾 真優(2年生)安念 晴菜(1年生)猪上 拓磨(1年生)

○Topics2 がん治療の仕組み、それらを世の中に送り出すための課題と社会にもたらす変化

ナノ医療イノベーションセンター研究員 林 光太朗 氏

川崎市立金程中学校 野口 咲希(2年生)古川 陽一朗(2年生)斉藤 煌侑(1年生)森田 二葉(1年生)

○Topics3 アルツハイマー病の治療の仕組み、それらを世の中に送り出すための課題と社会にもたらす変化

東京大学(研修生) 吉永 直人 氏

川崎市立金程中学校 野村 圭史(2年生)梶 愛実(1年生)勝亦 優月(1年生)木野村 亮(1年生)

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中