早稲田大学大学院経営管理研究科(早稲田大学ビジネス・スクール) 国際認証資格の取得決定

早稲田大学

2019/3/27 18:00

2019年3月27日

早稲田大学

早稲田大学大学院経営管理研究科(早稲田大学ビジネス・スクール)は、マネジメント教育に関する国際的な教育品質評価機関である EFMD(The European Foundation for Management Development、本部:ベルギー・ブリュッセル)による国際認証 EQUIS(The European Quality Improvement System)の資格を取得することが決定いたしました。

早稲田大学大学院経営管理研究科(早稲田大学ビジネス・スクール、以下WBS)は、マネジメント教育に関する国際的な教育品質評価機関である EFMD(The European Foundation for Management Development、本部:ベルギー・ブリュッセル)による国際認証 EQUIS(The European Quality Improvement System)の資格を取得することが2019年3月27日に決定いたしました。

これによりWBSは日本で2校目のEQUIS認証校となります。

本認証を取得するにあたっては認証団体が定める多くの基準を満たす必要があり、これまで研究科内の制度改善・改良を重ね、教員の業績やその他データ収集・分析にもとづく自己評価書を作成してきました。

さらに、国際認証EQUISは、EFMDが任命した専門員からなる審査団が現地査察(国際性・倫理及び社会性・産業界とのつながり、の3つの重点項目に加えて、教育プログラムの質と保証、高度な研究活動など、90を超える項目に関する審査)を行い、その厳正な審査基準を満たした教育研究機関のみが取得することができる資格です。

現在、全世界で約180のビジネススクールのみが取得している認証資格であり、これは、WBSの教育研究事業が世界最高水準の品質であることを国際的に評価されたものです。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中