映画化&ドラマ化にピッタリな小説『オネエ産婦人科』

なないち

2019/3/31 18:00

2019年3月31日

サンマーク出版

90万人が感動した映画「うまれる」の監督

豪田トモ、初の小説『オネエ産婦人科』

発売以来、感動の声が続出!

発売以来、

感動の声がたくさん寄せられています。

【あらすじ】

主人公は、人とのコミュニケーションが苦手だが、

「胎児の声が聴こえる」という特殊能力をもった

産婦人科医師・橘継生(たちばな・つぐお32歳)。

勤めていた総合病院で担当患者が

“産後うつ”で自殺してしまったことをきっかけに、

ドロップアウトしてしまう。

心機一転、地方の小さなクリニック・

尾音産婦人科でやり直すことになったものの、

そこは、人情味溢れる「オネエ」の助産師や

筋肉マニアでノリのよいゲイの院長、

とても男性だったとは思えない美人心理士など、

さまざまなジェンダーかつ強烈で

愛すべき個性をもった人たちが

働いているクリニックだった。

思いもよらない環境にショックを受ける継生だったが、

自分の中に無意識にもっていた偏見に向き合いながらも、

自身が抱えたトラウマを乗り越え、医師として、

人間として成長していく…。

たくさん笑えて、ホロリと泣ける“命と家族の物語”。

【著名人からの応援メッセージ】

Amazonリンク先

https://amzn.to/2FKwf29

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • 名称 株式会社なないち
  • 所在地 東京都
  • 業種 新聞・放送・出版
  • URL

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中