ENNクリーンエネルギー・バリューチェーンがLNG2019で大々的にデビュー

ENN Group

2019/4/8 16:12

ENNクリーンエネルギー・バリューチェーンがLNG2019で大々的にデビュー

AsiaNet 78196(0584)

【上海2019年4月5日PR Newswire=共同通信JBN】「LNG for a Sustainable Energy Future(持続可能なエネルギーの未来のためのLNG)」をテーマに掲げる19th International Conference & Exhibition on Liquefied Natural Gas(第19回国際液化天然ガス会議・展示会、LNG2019)は2019年4月2日、Shanghai World Expo Exhibition & Convention Centerで大々的に開幕した。中国の大手クリーンエネルギー・プロバイダーであるENNは同イベントで、完全なクリーンエネルギー・バリューチェーンの概観をプレゼンテーションした。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20190404/2424847-1-a

同展示会で必要最小限度の半透明のブースデザインを使用するENNは、業界イノベーションとアップグレードを推進するため、クリーンエネルギー開発の未来と、世界規模のパートナーシップ活用のビジョンを展示した。

世界最速の成長をするLNG市場であるチョウシャンLNG受入ターミナルと強力な非パイプライン貯蔵および流通ネットワークに裏打ちされたENNは、国内外のLNGサプライヤーをシームレスにクライアントと結び付けることができており、資源、技術、流通、デジタル化における優位性を伴う経済的でクリーン、効率的、安全かつ信頼できるエネルギーサービスを提供する。

今回の展示会で、ENN Groupのチャン・イエシェン最高経営責任者(CEO)はChevron、Santos、CNOOC、Shenergy GroupなどのENNパートナーのブースを訪問し、管理チームと突っ込んだ意見交換を行った。Santosのケビン・ギャラガーCEOはENNのブースを訪問した。Santosはアジア太平洋地域およびオーストラリア向けの石油・ガスの独立系サプライヤーである。ENNはENN Ecological Holdingsを通じた戦略投資によってSantosの最大株主になった。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20190404/2424847-1-b

ENNのチャン・イエシェンCEOは4月4日、LNG2019フォーラムで基調講演を行った。同氏は「中国で急伸するLNG需要は『石炭から石油へ』政策、良質な工業開発の要求、さらに青空、きれいな水、きれいな土壌を守る行動を求める声などによって促進されている。将来、長い年月の間、中国は世界最高のLNG成長の市場となる」と語った。

LNG輸入への依存を高める中国について、チャン・イエシェンCEOはチョウシャンLNG受入ターミナルが今後もLNG受入、貯蔵、経由、LNG船荷の機能を整備し、寧波、洋山、温州、ルドンのLNG受入ターミナルと連携し、長江デルタと中国東部全体にサービスを提供するLNG海上輸送ネットワークを形成していくと語った。同CEOは「中国は世界のLNG開発の中心であり、チョウシャンLNG受入ターミナルは世界資源と中国市場をつなぐ重要な役割を果たすことになる」と語った。

2018年10月、中国の民間企業が投資、運営する最初の大規模LNG受入ターミナルでもあるENNチョウシャンLNG受入ターミナルの第1段階プロジェクトは完成し、操業を開始し、年間LNG処理能力は最大300万トンである。第2段階プロジェクトも開始され、年間LNG処理能力は短期的には500万トン、長期的には1000万トンになるとみられている。

チャン・イエシェンCEOは「われわれは、北東アジア市場全体を反映するLNG物価指数であるZhoushan Indexを徐々に作成していく。これは、当社のLNG海上輸送ネットワークと既存のチョウシャンLNG取引市場、上海および重慶のLNG取引センターによって可能になり、政策、地理的な位置、資源、業界チェーンにおける当社の優位性がフルに発揮される」と語った。

International Gas Union(IGU)、Gas Technology Institute(GTI)、International Institute of Refrigeration(IIR)が開催したInternational Conference & Exhibition on Liquefied Natural Gasは、同業界が業界のために運営する唯一のLNGイベントである。バリューチェーン全体をカバーするテーマは「The Olympics of the LNG industry(LNG業界のオリンピック)」と呼ばれている。LNGイベントシリーズは1986年に始まり、3年に1回、LNG輸入・輸出国が主催してきた。今回は中国が開催した初のイベントであり、LNG2019は中国でこれまでに開催された中で最大のLNGイベントである。

ENNは、クリーンエネルギー・バリューチェーンにおける同社の戦略およびその強みを示し、国内外のパートナーからの認識を幅広く得るチャンスとしてLNG2019を捉えている。ENNは最新のエネルギーシステムを構築することを目標にして世界の全てのパートナーと協力し、相互にメリットがある成果を達成する。

ソース:ENN Group

写真のリンク:

http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=333433

http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=333435

ENN Clean Energy Value Chain Makes Its Grand Debut at LNG2019

PR78196

SHANGHAI, April 5, 2019 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

Themed around "LNG for a Sustainable Energy Future", the 19th International

Conference & Exhibition on Liquefied Natural Gas (LNG2019) had its grand

opening at Shanghai World Expo Exhibition & Convention Center on April 2nd,

2019. ENN, a leading clean energy provider in China, presented a panorama of

its full clean energy value chain at the event.

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20190404/2424847-1-a

Using a minimalist and translucent booth design at the exhibition, ENN depicts

the future of clean energy development and the vision of leveraging global

partnership to drive industry innovation and upgrade.

Backed by the world's fastest growing LNG market, the Zhoushan LNG receiving

terminal and a strong non-pipeline LNG storage and distribution network, ENN

has been able to empower LNG suppliers at home and abroad to seamless connected

to clients, and offers economical, clean, efficient, safe and reliable energy services with

its advantages in resources, technologies, logistics and digitalization.

During the exhibition, Zhang Yesheng, CEO of ENN Group visited the booths of

ENN's partners such as Chevron, Santos, CNOOC, Shenergy Group and had an

in-depth exchange with their management teams. Kevin Gallagher, the CEO of

Santos visited ENN's booth. Santos is an independent supplier of oil and gas to

Asia Pacific and Australia. ENN has become the biggest shareholder of Santos

through its strategic investment via ENN Ecological Holdings.

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20190404/2424847-1-b

On April 4th, ENN CEO Zhang Yesheng delivered a keynote speech at LNG2019

forum. "The fast growing LNG demand in China is consistently driven by the

'coal to gas' policy, the requirement for quality industrial development and

the call for actions to protect blue sky, clear water and clean soil," he said.

"For a long period of time in the future, China will be the market with the

highest LNG growth in the world."

Regarding the increasing reliance of China on LNG imports, Zhang Yesheng

responded that the Zhoushan LNG receiving terminal would continually build up

its capability of LNG receiving, storage, diversion and LNG bunkering, and

align with LNG receiving terminals in Ningbo, Yangshan, Wenzhou and Rudong to

form a LNG marine transport network serving the Yangtze River Delta and even

the entire east China region. "China is at the center of global LNG development,

and Zhoushan LNG receiving terminal will play an important role to link up

the global resources with the Chinese market".

In October 2018, the Phase I project of ENN Zhoushan LNG Receiving Terminal,

also the first large-scale LNG receiving terminal invested and operated by a

private corporation in China, was completed and put into operation, with annual

LNG throughput up to three million tonnes. The Phase II project has commenced

and is expected to deliver annual LNG throughput of five million tonnes in the

short-term and ten million tonnes in the future.

"We will gradually develop the Zhoushan Index, an LNG price index that can

reflect the entire northeast Asia market. This will be made possible by our LNG

marine transport network and the existing Zhoushan LNG trading market, Shanghai

and Chongqing LNG trading centers, and by giving full play to our advantages in

policies, geographical location, resources and industry chain", Zhang Yesheng noted.

The International Conference & Exhibition on Liquefied Natural Gas, presented

by the International Gas Union (IGU), Gas Technology Institute (GTI) and the

International Institute of Refrigeration (IIR), is the only LNG event conducted

by the industry for the industry. With themes covering the entire value chain,

it is called "The Olympics of the LNG industry". The LNG series of events

started in 1968 and have been hosted by LNG importer and exporter countries in

turn for every three years. It is the first time for this event to be hosted by China,

and the 2019 LNG is the biggest LNG event ever held in China.

ENN takes LNG2019 as an opportunity to showcase its strategic layout and

strengths in clean energy value chain and to seek recognition widely among its

partners at home and abroad. Aiming at building a modern energy system, ENN

will cooperate with all partners globally to achieve win-win results.

SOURCE: ENN Group

Image Attachments Links:

http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=333433

http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=333435

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中