電通、新規事業発想ワークショップ「Innovation Masterclass in KYOTO」を開催

電通

2019/5/14 13:15

2019年5月14日

株式会社電通

電通、世界最高峰の美術系大学院ロンドンRoyal College of Artを招聘し、新規事業発想ワークショップ「Innovation Masterclass in KYOTO」を開催

株式会社電通(本社:東京都港区、社長:山本 敏博)の京都ビジネスアクセラレーションセンター※1(以下、京都BAC)は、2019年9月5・6日の2日間にわたり、イギリスの国立美術大学である「Royal College of Art(ロイヤル・カレッジ・オブ・アート)」(所在地:イギリス・ロンドン、理事長:ジョナサン・アイブ、以下「RCA」)を招聘し、京都市左京区の京都造形芸術大学で新規事業発想のワークショップ「Innovation Masterclass in Kyoto(イノベーション・マスタークラス・イン・キョウト)」を開催します。

RCAはイギリスのロンドンにある国立美術大学で、修士号と博士号を授与する世界で唯一の美術系大学院であり、QS世界大学ランキング※2のアート・デザイン分野で2015年から5年連続で世界1位に選ばれています。RCAが、アート・デザイン分野のトップスクールとしての知見を生かして、企業向けに実施する研修プログラムは、グローバル企業の幹部がこぞって渡英し受講する人気講座です。今回のワークショップは、RCAが単体として行う研修プログラムとしては日本で初となります。

オープンイノベーションに取り組みたいと考える多様な分野の企業から参加者を募り、RCAのファシリテーションの下、2日間にわたり新規事業創発に向けた異業種他社によるオープンイノベーションのためのワークショップを実施。ここで立案されたアイデアの事業化検討に向け、京都BACが継続してサポートするプランも用意しています。

【イベント概要】

タイトル:Innovation Masterclass in Kyoto

     URL:https://dentsukyoto.com/rca/

開催日程:2019年9月5日(木)~9月6日(金)の2日間

会  場:京都造形芸術大学

     京都府京都市左京区北白川瓜生山2-116

主要講師:Jeremy Myerson教授 ほか、RCAより2名来日予定

内  容:2日間の新規事業発想ワークショップ(テーマ例:ウェルネス)

対象者 :企業の新規事業担当者、事業部責任者、次世代リーダー、幹部候補生など

※1:アート・サイエンス・クラフトを融合したクリエーティブなエネルギーをビジネスと社会の活力へとつなげていくことをミッションに、2019年1月1日に設置した新組織

※2:イギリスの大学評価機関「クアクアレリ・シモンズ社(Quacquarelli Symonds)」が毎年9月に公表している世界の大学のランキング。

以 上

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

過去に配信したプレスリリース