Jinergy 450W HJTモジュールがIntersolar Europe展示会で注目を集める

晋能清潔能源科技有限公司(Jinergy)

2019/5/15 16:11

Jinergy 450W HJTモジュールがIntersolar Europe展示会で注目を集める

AsiaNet 78678(0823)

【ミュンヘン(ドイツ)2019年5月15日PR Newswire=共同通信JBN】技術主導の太陽光発電(PV)メーカーで中国に本拠を置く晋能清潔能源科技有限公司(Jinneng Clean Energy Technology Ltd.、以下Jinergy)は5月15日、ドイツ・ミュンヘンのメッセ・ミュンヘン(A1.710)で開かれたIntersolar Europe 2019で450WのHJT(ヘテロ接合)モジュールとその他効率的なモジュールを初めて出展した。

エネルギー再構築と変換は共通の関心事であり、太陽光発電(PV)はクリーンで再生可能なエネルギー源として、大きな役割を持っており、PV業界全体がグリッドパリティに向けてLCOE(均等化発電原価)削減に協力し合っている。Jinergyは、テクノロジーの反復利用と継続的なR&D成果投入を受けて、高効率ポリモジュール、PERC単結晶モジュール、超高効率HJTモジュールを含む一連のソリューションを提供する。

Jinergyの高効率ポリモジュールは、大型ウエハーやMBB(マルチブスバー)テクノロジーとともに水素パッシベーション処理と3種のフィルムコーティング処理を採用して、より高度の出力とLID、PID制御を提供、投資家により大きな利益をもたらす。さらに、78%の両面受光性によって、JinergyのPERC二重ガラス両面モジュールは、背面からも5%-25%も多い電力を発電する。発電容量とLCOEは大きく最適化される。

JinergyのHJTモジュールのJNHM72-450は、出力450Wを上回り、展示会の注目を集めた。両面発電、優れた光パフォーマンス、超低温度係数と超低劣化などの機能を備えて、JinergyのHJTモジュールの発電容量は、通常の多結晶モジュールと比較して44%も高くなる。JinergyのHJTセルの平均的な量産効率は、23.79%に達し、新しい試験的セルの効率は24.73%にも達した。

Jinergyは、高効率と信頼できる品質のおかげで、広く評価されている。Jinergyの海外出荷は2018年、全出荷量の40%を占めた。ゼネラルマネジャーのリーヨウ・ヤン博士は「Bloomberg New Energy Finance (BNEF)からティア1のソーラーモジュールメーカーのリストに新たに付け加えられたJinergyは今年、世界的な守備範囲を広げ、海外市場に対する出荷を50%に拡大しようとしている。当社の最先端技術と信頼できる製品は、海外市場を切り開くためのてこ(梃子)となっている。われわれは市場の需要に応えるため、大型ウエハー、MBBと両面モジュールの開発に取り組んでいる」と語った。

▽Jinergyについて

中国の国有エネルギーグループの1つ晋能グループ(Jinneng Group)のグリーンエネルギー部門であるJinergyは、技術反復戦略に従い、3世代の先端技術つまり多結晶、PERC単結晶、HJTを開発した。

2018年末でJinergyは多結晶、PERC単結晶、HJTモジュール合計で2ギガワット(GW)の生産力を有する。Jinergyは2017年に高効率のHJT製品を商品化しており、3年以内にギガワット規模に生産力を拡大する。

https://photos.prnasia.com/prnh/20180528/2144424-1LOGO

ソース:Jinneng Clean Energy Technology Ltd.

Jinergy 450W HJT Module in the Spotlight in Intersolar Europe

PR78678

MUNICH, May 15, 2019/PRNewswire=KYODO JBN/--

On May 15th, Jinneng Clean Energy Technology Ltd.(Jinergy), a China-based

technology-driven PV manufacturer, made its debut at Intersolar Europe

2019(A1.710, Messe Munchen, Munich), with 450W HJT module and other high

efficiency modules.

Energy restructuring and transformation are common concerns and as a clean and

renewable energy source, PV will have a significant role and the whole PV industry is

working together to bring down LCOE for grid parity. By following technology iteration

and continuous R&D input, Jinergy offers a series of solutions, including high efficiency

poly modules, PERC mono modules and super-high efficiency HJT modules.

Adopting large-size wafer and MBB technology as well as hydrogen passivation

after-treatment and three film coating process, Jinergy's high efficiency poly

module offers higher power output and lower LID and PID, bringing more benefits

for investors. Moreover, with bifaciality of 78%, Jinergy PERC dual-glass bifacial module

generates 5%-25% more power from backside. Power generation and

LCOE are significantly optimized.

With power output over 450W, Jinergy's HJT module, JNHM72-450, became spotlight

of the exhibition. Featuring bifacial power generation, excellent low light performance,

ultra-low temperature coefficient and degradation, overall power generation

of Jinergy HJT module is increased by 44% when compared to regular

polycrystalline modules. Currently, Jinergy HJT cell average mass production

efficiency reached 23.79%, and efficiency of new experimental cells reached 24.73%.

By virtue of high efficiency and reliable quality, Jinergy is widely recognized.

In 2018, overseas shipments of Jinergy accounted for 40% of its total shipments.

"Being newly added to BNEF Tier 1 solar module manufacture list, we are expanding

our global reach and enlarging shipment to overseas market to 50% this year.

Cutting-edge technologies and reliable products are our levers to crack overseas market.

We are working on large-size wafer, MBB and bifacial module in order to meet market

demands," according to Dr. Liyou Yang, general manager of Jinergy.

About Jinergy

Jinergy, green energy sector incorporated under Jinneng Group, one of the

state-owned energy groups in China, follows technology iteration strategy and

has deployed three generations of cutting-edge technology, i.e. polycrystalline,

PERC monocrystalline and HJT.

By the end of 2018, Jinergy has 2GW production capacity in total for

polycrystalline, PERC monocrystalline and HJT modules. In 2017, Jinergy

commercialized high efficiency HJT products, and will expand production

capacity to GW scale within three years.

https://photos.prnasia.com/prnh/20180528/2144424-1LOGO

SOURCE: Jinneng Clean Energy Technology Ltd.

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中