トリナ・ソーラーがN型i-TOPCon両面発電モジュールの量産体制を確立

トリナ・ソーラー

2019/6/13 17:44

トリナ・ソーラーがN型i-TOPCon両面発電モジュールの量産体制を確立

AsiaNet 79141

【常州(中国)2019年6月13日PR Newswire】太陽光発電およびスマートエネルギーのトータルソリューションを提供する世界有数の総合ソリューション・プロバイダーであるTrina Solar(以下「トリナ・ソーラー」)は、このほど、N型i-TOPCon両面発電モジュールの量産体制を確立したと発表した。144ハーフカット i-TOPCon太陽電池セルを備えるモジュールの表面の最大出力は、425Wp(ワット・ピーク)であり、最大変換効率は20.7%に達する。

この新しいi-TOPCon PVモジュールは、80%の両面発電性能、マルチバスバー(MBB)、両面ガラス、スクエア型単結晶、両面、ハーフカット技術をN型両面i-TOPCon電池セルに統合している。この高効率モジュールは低温度係数、低光誘起劣化(LID)の機能を備えており、実出力を大きく改善する。同製品はまた、裏面から5-30%の追加となる出力を供給し、30年リニア保証付きである。

フランホーファー太陽エネルギー研究所(Fraunhofer ISE)が開発した小面積、片面TOPConセルの変換効率25.8%の世界記録は、研究機関や業界のパッシベーションセルの研究・開発を促進させる結果となった。トリナ・ソーラーの研究所であるState Key Laboratory of Photovoltaic Science and Technology(SKL PVST)は2015年、大面積両面TOPCon電池セルの研究を開始したが、それは量産を目指すもので、i-TOPCon電池セルと命名された。トリナ・ソーラーは2019年、i-TOPCon電池セルで23%超の表面の変換効率(中央値)を達成した。

i-TOPCon電池セルは、表面がボロン(ホウ素)エミッター、裏面がパッシベーティングコンタクトを用いている。SKL PVSTによって開発された後、常州のトリナ・ソーラー工場で全面的な量産態勢に入った。トリナ・ソーラーは2019年5月、同社のSKI PVSTがN型単結晶シリコン(c-Si)i-TOPConセルで変換効率24.58%の世界新記録を樹立したと発表した。この成果は、ドイツのISFH CalTeCによってバスバーを含む全領域(244cm2)の測定値として認定された。

画像リンク:https://www.trinasolar.com/sites/default/files/TSM-NEG15MC.20%28II%29.jpg

キャプション:トリナ・ソーラーの新製品 i-TOPConセル技術採用の高性能モジュール TSM-NEG15MC.20(II)

■トリナ・ソーラーについて

1997年に設立されたトリナ・ソーラーは、太陽光発電製品の研究開発、製造、販売、および、太陽光発電所の開発、O&M、スマートマイクログリッドとマルチエネルギー補完システムの開発と販売、および、エネルギークラウドプラットフォームの運用という太陽光発電およびスマートエネルギーのトータルソリューションを提供するグローバル企業です。

2018年にはエネルギーのIoT(モノのエネルギーインターネット)ブランドを立ち上げ、世界のトップ企業や研究機関と共同でトリナエネルギーIoT産業開発同盟と新エネルギーIoT産業イノベーションセンターを発足しました。

当社は、スマートエネルギーのグローバルリーダーになるべく全力を注いでいます。

詳細については、http://www.trinasolar.com/jp をご覧ください。

(日本語リリース:クライアント提供)

Trina Solar launches N-type i-TOPCon double-glass bifacial modules

PR79141

CHANGZHOU, China, June 13, 2019/PRNewswire=KYODO JBN/--

Trina Solar, the world leading global PV and smart energy total solution provider,

recently announced that it has begun mass production of N-type i-TOPCon double-glass

bifacial modules. The best front side power output of a module with 144 half-cut

i-TOPCon cells reaches 425 Wp, and the best module efficiency reaches 20.7%.

The new i-TOPCon double glass PV modules integrate these N-type bifacial

i-TOPCon cells with over 80% bifaciality, multi-busbar (MBB) design, full square

monocrystalline cells, dual-side and half-cut technologies. The highly efficient modules

feature a lower temperature coefficient and low light induced degradation (LID),

greatly improving the actual power output. They also provide an extra 5% to 30% power

generation from their back side, and feature a 30-year linear power warranty.

The world record efficiency of 25.8% on small-area, single side TOPCon cells

developed by Fraunhofer ISE has driven research and development of passivated

contact solar cells by institutes and industry. In 2015, the State Key

Laboratory of Photovoltaic Science and Technology (SKL PVST) of Trina Solar

started the research on a large-area bifacial TOPCon cell that is aimed for

industrial mass production, naming it i-TOPCon cell. In 2019, Trina Solar

achieved a front side median efficiency over 23% on i-TOPCon cells.

The i-TOPCon cell has a front boron emitter and a rear full-area passivating

contact. After its development by the SKL PVST, it was transferred into full-scale

mass production in a workshop at Trina Solar’s Changzhou factory. In May 2019,

Trina Solar announced that its SKL PVST has set a new world record of 24.58%

for such n-type mono-crystalline silicon (c-Si) i-TOPCon solar cells.

This result was independently confirmed by the ISFH CalTeC in Germany with a

full-area measurement (244 cm2) including busbars.

Image Link:

https://www.trinasolar.com/sites/default/files/TSM-NEG15MC.20%28II%29.jpg

Caption: Trina Solar’s new high performance TSM-NEG15MC.20(II) module

incorporates i-TOPCon cell technology.

About Trina Solar

Founded in 1997, Trina Solar is the world leading global PV and smart energy

total solution provider. The company engages in PV product research and

development, manufacture and sales; PV project development, operation and

maintenance; smart micro-grid and multi-energy complementary system development

and sales, as well as energy cloud-platform operation. In 2018, Trina Solar

launched its Energy Internet of Things (IoT) brand and initiated the Trina

Energy IoT Industrial Development Alliance and New Energy IoT Industrial

Innovation Center with worldwide leading enterprises and research institutes.

The company is committed to becoming the leader of the global smart energy

industry. For more information, please visit www.trinasolar.com.

Source: Trina Solar Co., Ltd

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中