AlpVisionが初のオンライン生物学的ニュートラルネットワーク(BNN)サーバーを提供 人工知能研究社向けサブスクリプションサービス

AlpVision SA

2019/6/14 10:17

AlpVisionが初のオンライン生物学的ニュートラルネットワーク(BNN)サーバーを提供

人工知能研究社向けサブスクリプションサービス

AsiaNet 79177

ヴヴェイ(スイス)、2019年6月12日/PRニュースワイヤー/ -- 情報通信技術の草分け的企業であり信号処理の先進的応用における世界的リーダーであるAlpVision SAは、生物学的ニュートラルネットワーク(BNN)に基づいた新しいクラウドコンピューティングサービス、bioserver.netをリリースする計画をロンドンで開催されている人工知能(AI)サミットで発表しました。

神経細胞培養ウェットウェア、CMOS MEAハードウェア、信号処理ソフトウェア、およびインターネットのフロントエンドテクノロジーを統合することで、bioserver.netは、シリコンベースの人工ニュートラルネットワークとは対照的に、生活の低消費電力型コンピューティングユニットのリアルニュートラルネットワークに人工知能研究者が遠隔アクセスすることを可能にします。AlpVisionの共同設立者でありCEOのフレッドD・ジョルダン博士は次の様に述べています。「BNN培養は製薬業界の臨床薬理学で長年利用されており、そこでは薬剤を開発するために、専用の細胞培養プロトコールを用いてニュートラルネットワークを成長させ数か月、場合によっては数年間それを維持しています。最近では、高密度CMOS MEAインターフェイスの開発により、数千もの電極を通した空間にも様々なキロヘルツでのサンプル信号を通した時間的にも、高解像で生きたBNNに直接接続することで、ハイスループットな刺激および読み出し信号が可能になっています。これは、ウェットウェアコンポーネントを統合する生物学的処理システムを操作する前例のない機会となります。BNNはシリコンベースよりもはるかに低消費電力コストで固有のニューロン処理能力をもたらすことが出来ると想像しています。脳は高度で複雑な認識作業を行うために約20ワットしか消費していないことを忘れてはいけません」

ウェットラボ施設を構築し維持する必要なく、人工知能研究者がBNN培養に遠隔アクセスして観察できるようにするだけでなく、bioserver.netフロントエンドAPIは、遠隔デスクトップアプリケーションと同様に、リアルタイムでBNNをコントロールしているバックエンドのコンピューターにも各種の遠隔プログラミングオプションを提供します。AlpVisionの共同設立者であり社長のマーチン・カッター博士は次の様に述べています。「人工知能研究者は研究を行うにあたり、より高度な信号処理能力でBNNのコンピューター機能や学習機能を活用する必要があります。bioserver.netプログラミングツールにより、ハイスループットなMEA信号(最大毎分数ギガバイト)は、個々のマスターアプリケーションのニーズに合わせて局部的に事前計算、後処理、フィルター処理しておくことも可能です。さらに、BNN層にわたるエンド・ツー・エンドのシステム構築で深層学習アルゴリズムを操作することも可能です」

月額課金サービスとなるbioserver.netは2019年度中に開始予定で、当初は5万から10万のネットワークにアクセスできます。

写真 - https://mma.prnewswire.com/media/901183/AlpVision_SA.jpg

ロゴ - https://mma.prnewswire.com/media/901182/AlpVision_Logo.jpg

問い合わせ先:

Bioserver.net

AlpVision SA

Fred Jordan博士

fred.jordan@alpvision.com

+41 21 948 64 64

(日本語リリース:クライアント提供)

AlpVision to Offer the First Online Biological Neural Networks (BNN) Servers Subscription Services for Artificial Intelligence Researchers

PR79177

VEVEY, Switzerland, June 12, 2019 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

AlpVision SA, a pioneering information and communication technology company and

a global leader in advanced signal processing applications, announces at the AI

summit in London the release plan of bioserver.net, a new cloud computing service

based on Biological Neural Networks (BNN).

By integrating neural cell culture wetware, CMOS MEAs hardware, signal

processing software and internet frontend technologies, bioserver.net will

offer artificial intelligence researchers a remote access to living, low-energy

consumption computing units of real neural networks as opposed to the

silicon-based artificial neural networks. "BNN cultures have long been used by

the pharmaceutical industry in clinical pharmacology during drug development

using dedicated cell culture protocols to grow neural networks and maintain

them for several months, possibly several years. The recent development of

high-density CMOS MEAs interfacing now enables high throughput of both

stimulation and read-out signals in direct connection to the living BNNs at

increased resolution, both spatial through thousands of electrodes and temporal

through signal sampling at several kHz. "This represents an unprecedented

opportunity to engineer biological processing systems integrating wetware

components. We envision that BNNs can bring a inherent neuron processing

capability at a much lower power consumption cost than their silicon equivalents.

Keep in mind the brain only consumes about 20W to perform its high level complex

cognitive tasks," said Fred D. Jordan, PhD, AlpVision's co-founder and Chief Executive Officer.

In addition to facilitating remote access to monitoring BNN cultures for AI

researchers without the need to build and maintain a wetlab facility, the

bioserver.net frontend API will also offer various remote programming options

for the backend computers in charge with controlling the BNNs in real time,

similar to a remote desktop application. "In order to conduct their research,

AI experts need to exploit the computing and learning capabilities of the BNNs

with more advanced signal processing. Thanks to the bioserver.net programming

tools, the high throughput MEA signals (of up to several gigabytes per minute)

may thus be locally pre-computed, post-processed and filtered according to the

individual needs of the master application. It is even possible to operate deep

learning algorithms in the end-to-end system architecture over the BNN layer,"

said Martin Kutter, PhD, AlpVision co-founder and President.

The bioserver.net services will be available by end 2019 for a monthly

subscription, with access to networks of 50000 to 100000 neurons as a start.

Photo - https://mma.prnewswire.com/media/901183/AlpVision_SA.jpg

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/901182/AlpVision_Logo.jpg

CONTACT:  

Bioserver.net

AlpVision SA

Dr. Fred Jordan

fred.jordan@alpvision.com

+41 21 948 64 64

Source:  AlpVision SA

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中