Scality RING8がインテリジェントなデータストレージとオーケストレーションでサイロを解消し、大規模なハイブリッドクラウド環境での機敏性を提供

Scality

2019/6/28 09:22

Scality RING8がインテリジェントなデータストレージとオーケストレーションでサイロを解消し、大規模なハイブリッドクラウド環境での機敏性を提供

AsiaNet 79413

XDM機能を備えた新しいRING8が、分散したサイトとクラウドにわたってデータの可視化と制御を実現

サンフランシスコ、2019年6月28日/ PRニュースワイヤー/  -- 米国カリフォルニア州サンフランシスコ – グローバルなデータオーケストレーションとファイル/オブジェクトの分散ストレージに対応した最先端のソフトウェアソリューションを提供するScality(TM)(https://www.scality.com/ )は、大規模なオンプレミスストレージに非構造化データを保存するためのRING8(https://www.scality.com/products/ring8/ )ソフトウェアデファインドソリューションを発表しました。このScality主力製品の最新世代は、マルチクラウドでペタバイト規模の「コア&エッジ」環境で、データの保存とオーケストレーションの問題を抱える企業に対し、業務の機敏性、回復力、効率性を提供します。RING8では、RINGにクラウドデータオーケストレーション機能を統合する新しいeXtended Data Management(XDM)ツールが追加され、RINGの厳しいセキュリティ、マルチテナント、クラウドネイティブのアプリサポートも強化されました。これは、企業やサービスプロバイダーにおける最終的なビジネス継続性の確保、生産性の向上および競争優位性の獲得を目的とするものです。

ロゴ - https://mma.prnewswire.com/media/519854/Scality_Logo.jpg

今月、設立10周年を迎えるScalityは、データに関する課題を理解し、それらの解決に役立つソリューションを開発および導入する専門知識と成熟性を備えています。Scalityの設立者兼最高経営責任者(CEO)であるJerome Lecatは、次のように述べています。「10年がこれほど早く過ぎるとは思っていませんでした。Scalityを設立したのは、グローバル2000企業、クラウドプロバイダー、政府が顧客や市民に優れたサービスを提供するには、クラウド技術を利用する必要があると考えたからです。その10年前の考えが、今や現実になりました。当社は今も、コスト効果と信頼性に優れたソリューションで企業や政府のデータ増大に対処し、当社ソフトウェアのユーザーは世界で何百万人にものぼります。お客様は価値の高いデータを驚くような形で、そして多様な形で活用していらっしゃいます。空港やスポーツ会場でパーソナライズしたサービスを提供することもあれば、医療データ、たとえば患者データを当面の治療に利用したり、遺伝子や医薬品のデータを研究して将来に役立てることもあります。ほかにも、ニュースやエンターテイメントメディアの処理と配信を最適化するなど、多くの用途があります。当社はデータの価値を理解し、複雑なデータオーケストレーションに対応する最先端のソリューションを提供します。企業がサイロを解消すると同時に、オンプレミスに各種のプライベートクラウドを導入して活用し、さらにはパブリッククラウド、地域のクラウド、専用クラウドにおけるサービスを利用するには、そのようなオーケストレーションが必要だからです。当社は、お客様のニーズの変化に応え、お客様の成功に貢献するよう、RING8の継続的な改良と新機能の追加に力を注ぎます。」

RING8は、エッジコンピューティングに起因するハイブリッドクラウドデータの増加がもたらす複雑性の解決を目的として開発されました。コア業務に使用する企業向けクラウドやパブリッククラウドの増加、そしてエッジで生成するデータの増加は、データ管理の課題をますます複雑化させます。このような課題に対処するには、複数の場所やクラウドにわたって大量のデータの保存、ガバナンス、オーケストレーションに対応する実証されたソリューションが必要です。

Scalityの次世代のソフトウェアデファインドストレージであるRING8は、現在の分散データ環境で価値の高いデータを管理するために不可欠な拡張機能を提供します。

・セキュリティの強化:新しいロールベースアクセス制御(RBAC)、KMIP 1.2 APIにおける鍵管理システム(KMS)のサポート、SAML/Active Directory統合

・サービスプロバイダー向けマルチテナント機能の強化:STaaSのS3ベースのクオータやAWS IAMバケットポリシー(旧ユーザー/グループポリシー)など

・クラウドネイティブおよびレガシーアプリケーションのサポート:AWS S3バケットライフサイクル移行API(XDM)&バケット通知API、OpenStack Swift API(Queens互換)、NFS v4のサポートなど

・独自のRING8 eXtended Data Management(XDM):複数のRING(エッジ/コア構成など)でデータ管理機能を統合し、パブリック/プライベートクラウドのデータ管理とガバナンスの機能をハイブリッド/マルチクラウドインフラに導入することにより、複数のRINGとパブリッククラウドにわたるグローバルなメタデータネームスペースと検索、ライフサイクル階層化と1対多レプリケーションを使用したRINGおよびクラウド間のデータ移動など詳細な製品情報は、こちらをクリックしてご覧ください。(https://www.scality.com/products/ring8/

エンドースメント:

IDCのプラットフォーム&テクノロジーズグループ、インフラシステム担当リサーチディレクターであるAmita Potnis氏は、次のように述べています。「ガバナンス、ストレージ最適化、サイロ解消は、データ中心かつデータ主導型の現在の環境にとって極めて重要です。RING8は、コアからエッジまでの包括的なハイブリッドクラウドデータ管理機能により、Scalityの価値提案をレベルアップするものです。」

HPEのビッグデータ&セカンダリストレージ担当VP & GMであるPatrick Osborne氏は、次のように述べています。「Scality RINGを採用したHPEスケーラブルオブジェクトストレージは、着々と進歩し、お客様のデータストレージとオーケストレーションの現在と将来のニーズに対応しています。重要なのはデータの膨大な価値に対応することです。たとえば、回復力と常時オンのアクセスによってデータとそれに依存するビジネスを保護し、管理することは、今まで以上に重要であり、ハイブリッドクラウド戦略もそれを裏付けています。現在のハイブリッドクラウド環境において、RING8は、企業が非構造化データを有効に管理するための機能を提供し、企業にとっての非構造化データの価値を最大限に高めています。」

Scalityについて

2009年に設立されたScalityは、業界賞を受賞したRINGとZenkoの技術で、クラウド規模のデータストレージ/管理の課題を解決し、データから最大限の価値を引き出すお手伝いをしています。設立から10年を経た現在、Scality RINGとZenko(TM)は、5億人を超えるユーザーの皆様によって、何百ペタバイトものデータ(データオブジェクト1兆以上)の保存と管理にご利用いただいています。

Gartner(R)とIDC(R)の両社からファイルとオブジェクトの分散ストレージ技術におけるリーダーと認められたScalityは、ハイブリッドおよびマルチクラウド型データ管理の現実に対応するソリューションを提供しています。RINGは、市販のx86サーバーを利用して非構造化データ(ファイルやオブジェクト)を保存する無限のストレージプールを実現します。また、オープンソースと法人向けエディションの両方で提供するZenkoマルチクラウドコントローラは、オーケストレーション、管理、検索の機能により、あらゆる場所にあるデータへの窓となります。ツイッターでは@scalityと@zenkoをフォローしてください。ウェブサイトのアドレスはwww.scality.comです。

本文中に記載されている会社名、システム名、製品名は、各社の商標あるいは商標登録です。

問い合わせ先の情報を追加

安藤智彦

スキャリティ・ジャパン株式会社

03-4405-5400

sales.japan@scality.com

(日本語リリース:クライアント提供)

Scality RING8 Breaks Silos, Enabling Agility in Large-Scale Hybrid Cloud Environments with Intelligent Data Storage and Orchestration

PR79413

SAN FRANCISCO, June 28, 2019 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

-- New RING8 with XDM brings unique data visibility and control across

distributed sites and clouds

Scality(TM) (

https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2509982-1&h=1457969122&u=http%3A%2F%2Fwww.scality.com%2F&a=Scality

), leader in software solutions for global data orchestration and distributed

file and object storage, today announced RING8 (

https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2509982-1&h=3677472670&u=https%3A%2F%2Fwww.scality.com%2Fring8%2F&a=RING8

) software-defined solution for large-scale on-premises storage of unstructured

data. The latest generation of Scality's flagship product brings business

agility, resiliency and efficiency to organizations facing data storage and

orchestration challenges at petabyte-scale and beyond, across multiple clouds,

and core-and-edge environments. In addition to the brand new eXtended Data

Management (XDM) tool, integrating cloud data orchestration into the RING, key

features of RING8 also include enhancements to RING's stringent security,

multi-tenancy and cloud-native application support designed for enterprises and

service providers looking to ultimately ensure business continuity, boost

productivity and gain competitive advantage.

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/519854/Scality_Logo.jpg

Celebrating our tenth anniversary this month, Scality has the expertise and

maturity to understand data challenges and to develop and deploy solutions that

work to resolve them. "I would have never thought that ten years could go so

fast! We created Scality, convinced that Global 2000 enterprises, Cloud

Providers and Governments would need access to cloud technologies to deliver

best in class service to their customers and citizens. That was ten years ago,

and it is now a reality. We continue to help them scale data with

cost-effective, highly-reliable solutions, and our software serves hundreds of

millions of people around the world. Our customers are doing amazing--and

diverse--things with high-value data: providing personalized services in

airports and sports arenas; leveraging healthcare data, whether patient data

for treatment today, or genomics and pharmaceutical data research for the

future; optimizing news and entertainment media processing and distribution,

and much more," said Jérôme Lecat, Scality's founder and CEO. "We understand

the value of that data, and bring cutting-edge solutions for the complex data

orchestration that has to take place as organizations break silos at the same

time that they are deploying and leveraging a mix of their own on-premises

private clouds and use services in public clouds, as well as in key regional

and specialized clouds. We believe in continuous improvement, and the new

features in RING8 respond to evolving customer needs--the kind that affect

their success."

RING8 was developed to solve the complexities that come with today's growing

hybrid cloud data trends driven by edge computing. The increase in enterprise

and public clouds for core workloads, and the proliferation of data generation

and use at the edge drive ever more complex data management challenges. These

challenges demand proven solutions to store, govern and orchestrate massive

volumes of data across geographies and clouds.

Scality's next-generation software-defined storage, RING8, brings key

enhancements that are critical to managing valuable data in today's distributed

data world:

   -- Enhanced security with new role-based access control (RBAC), support for

      Key Management Systems (KMS) over KMIP 1.2 API, and SAML/Active Directory

      integration

   -- Enhanced multi-tenancy for service providers including S3 based quotas

      for STaaS and AWS IAM Bucket Policies (previously User/Group policies)

   -- Support for cloud-native and legacy applications including AWS S3 bucket

      lifecycle transition API (XDM) & bucket notification API, OpenStack Swift

      API (Queens compatible) and support for NFS v4

   -- The unique RING8 eXtended Data Management (XDM) integrates data

      management across multiple RINGs (as in edge/core configurations) and

      brings public and private cloud data management and governance

      capabilities for hybrid- and multi-cloud infrastructures, providing a

      global metadata namespace and search across RING and public clouds, data

      mobility across RING and clouds with lifecycle tiering and 1-M

      replication, and more.

For more detailed product information, click here (

https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2509982-1&h=401957602&u=https%3A%2F%2Fwww.scality.com%2Fproducts%2Fring8%2F&a=click+here

).

Supporting Quotes:

"Governance, storage optimization and silo-breaking are critical for today's

data-centric, data-driven world," offered Amita Potnis, Research Director,

Infrastructure Systems, Platforms and Technologies Group at IDC. "RING8 takes

Scality's value proposition to the next level with its holistic core-to-edge

and hybrid cloud data management play."

"The HPE Scalable Object Storage with Scality RING offering just keeps getting

better, and addresses our customers current and emerging data storage and

orchestration needs. It's all about accommodating the immense value of data,"

said Patrick Osborne, HPE's VP & GM, Big Data and Secondary Storage.

"Protecting and managing data and the business that relies on it with

resiliency and always-on access, for example, are more important now than ever,

and hybrid cloud strategies reinforce that. In today's hybrid cloud reality,

RING8 brings the features that enable enterprises to manage unstructured data

better, resulting in the ability to optimize its value to the organization."

About Scality

Since 2009, Scality has been enabling people to derive maximum value from data

by solving their cloud-scale data storage and management challenges with our

award-winning RING and Zenko technologies. A decade later, more than 500

million users rely on Scality RING and Zenko(TM) to store and manage hundreds

of petabytes of data – more than one trillion data objects.

A recognized leader in distributed file and object storage by both Gartner(R)

and IDC(R), Scality offers solutions for today's reality of hybrid and

multi-cloud data management. RING turns commodity x86 servers into an unlimited

storage pool for unstructured data, whether file or object; and the Zenko

multi-cloud controller, available in open source and enterprise editions,

provides a window into data, no matter where it lives, with orchestration,

management and search functionality. Follow us on Twitter @scality and @zenko.

Visit us at www.scality.com.

All trademarks and registered trademarks previously cited are hereby recognized

and acknowledged.

CONTACT:

Kristen Wiltse

A3 Communications

+1-978-927-1747

Kristen.wiltse@a3communicationspr.com

SOURCE: Scality

  

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中