Virtuozzoが次世代のハイパーコンバージドインフラストラクチャー・ソリューションのアップデートを発表

Virtuozzo

2019/7/12 09:07

Virtuozzoが次世代のハイパーコンバージドインフラストラクチャー・ソリューションのアップデートを発表

AsiaNet 79603 (1275)

【シアトル2019年7月11日PR Newswire=共同通信JBN】

*このプラットフォームによって、クライアントは顧客が最も重視する追加機能搭載のコスト効率のよいパブリックないしはプライベートクラウドソリューションを提供することができる

ハイパーコンバージドインフラストラクチャー(HCI)および仮想化ソリューションの世界的なプロバイダーであるVirtuozzoは、同社の次世代HCI製品Virtuozzo Infrastructure Platform(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2520467-1&h=1257159571&u=https%3A%2F%2Fwww.virtuozzo.com%2Fproducts%2Fvirtuozzo-infrastructure-platform.html&a=Virtuozzo+Infrastructure+Platform )の最新アップデートを発表した。今回のアップデートは、向上したアジリティーと性能を備えるクラウドソリューションをデータセンターで低コストで開始する能力をサービスプロバイダーおよびエンタープライズに提供する新しい機能を取り入れている。

Logo -

https://mma.prnewswire.com/media/944908/Virtuozzo_Logo_Horizontal_RGB_72__002.jpg

Virtuozzo Infrastructure Platformは、完全なソフトウエアベースのソリューションの中でレジリエントなコンピューティング、ネットワーキング、ストレージ、マネジメントを一体化している。このアップデートによって、顧客はインフラストラクチャーの安定性を向上させ、運用コストを大幅に削減することが可能になる。アップデートは、仮想化プライベートクラウド、ハイブリッドクラウド、マネージドプライベートクラウド、ストレージ・アズ・ア・サービスなど多数の使用事例を独自にサポートする。世界のVirtuozzo Infrastructure Platformパートナーには、United Hoster(ドイツ)、OCS(ロシア)、使えるねっと(日本)、Cloudmatika(インドネシア)、Treemind (アフリカ)、TLine(南米)が含まれる。

Virtuozzoのアレックス・ファイン最高経営責任者(CEO)は「Virtuozzo Infrastructure Platform最新バージョンは、サービスプロバイダーがセルフサービス機能性およびマルチテナントサポートを顧客に提供することを可能にし、これによって双方は迅速なtime-to-valueを実現する。これは、エンタープライズ顧客からの高性能VMへの高まる要望にも応える」と語った。

南米で事業展開するフルサービス仮想化およびクラウドソリューションプロバイダーのTlineはその好例である。Tlineのカルロス・ピノCEOは「Virtuozzo Infrastructure Platformによって、われわれは当社の顧客に彼ら自身のリソースを管理する自由とともにロバスト、セキュア、スケーラブルなクラウド体験を提供できるようになったため、Virtuozzo Infrastructure Platformを選択した。これは、当社の成長にとって重要なサブスクリプションベースのビジネスモデルもサポートする」と語った。

▽追加された新機能は以下の通り。

*ノード障害時のワークロードの自動復元を搭載したVMの高汎用性

*ユーザーがパブリックネットワークでVMを公開することを可能にするフローティングIPおよび仮想ルーターのサポート

*ユーザーがプロジェクトでvCPU/RAMリソースをリリースできるVMシェルビングのサポート

*LinuxとWindowsのバーチャル・マシン・ボリュームのApplication-consistentスナップショット

*Microsoft Windows Server 2019と Red Hat Enterprise Linux 8のゲストOSサポート

*ユーザーがコンピュートリソースにセキュアにアクセスすることを保証するVM向けのSSHキー管理

サービスプロバイダーおよびエンタープライズがVirtuozzo Infrastructure Platformのメリットを最大限活用する方法の詳細はウェブサイトwww.virtuozzo.com/vip を参照。

30日間の無料トライアルを試すには、ウェブサイトhttps://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2520467-1&h=2081469908&u=https%3A%2F%2Fgo.pardot.com%2Fl%2F148051%2F2018-10-04%2F3wzwhd&a=here からVirtuozzoにコンタクトを。

より詳しい情報をメールで受け取るには、Virtuozzoのブログページhttps://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2520467-1&h=3080412980&u=https%3A%2F%2Fwww.virtuozzo.com%2Fconnect%2Fblog.html&a=blog+page で登録を。

▽問い合わせ先

Tom Baumgartner

tom.baumgartner@virtuozzo.com

ソース:Virtuozzo

Virtuozzo Announces Updates to Next-Generation Hyperconverged Infrastructure Solution

PR79603

SEATTLE, July 11, 2019 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

-- Platform enables customers to cost-efficiently offer public or private cloud

solutions with added features that customers value most.

Virtuozzo, a global provider of hyperconverged infrastructure (HCI) and

virtualization solutions, has announced the latest update for its

next-generation HCI product, Virtuozzo Infrastructure Platform (

https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2520467-1&h=1257159571&u=https%3A%2F%2Fwww.virtuozzo.com%2Fproducts%2Fvirtuozzo-infrastructure-platform.html&a=Virtuozzo+Infrastructure+Platform

). The update introduces new features that give service providers and

enterprises the ability to launch cloud solutions with increased agility and

performance in their data centers with low cost of ownership.

Logo -

https://mma.prnewswire.com/media/944908/Virtuozzo_Logo_Horizontal_RGB_72__002.jpg

Virtuozzo Infrastructure Platform combines resilient compute, networking,

storage and management in an entirely software-based solution. This update

enables customers to improve the stability of their infrastructure and

drastically lower their operating costs.  It uniquely supports numerous use

cases, such as virtual private cloud, hybrid cloud, managed private cloud, and

storage-as-a service. Virtuozzo Infrastructure Platform partners around the

world include United Hoster (Germany), OCS (Russia), Tsukaeru (Japan),

Cloudmatika (Indonesia), Treemind (Africa), and TLine (Latin America).

"This latest version of Virtuozzo Infrastructure Platform allows service

providers to deliver self-service functionality and multi-tenant support to

their customers, which enables fast time-to-value for both parties," says

Virtuozzo Chief Executive Officer, Alex Fine. "It also addresses the increasing

demand for high VM performance from enterprise customers."

Tline, a full-service virtualization and cloud solutions provider with

operations in Latin America, is a great example. Carlos Pino, Tline Chief

Executive Officer says, "We chose Virtuozzo Infrastructure Platform because it

allows us to give our clients a robust, secure, and scalable cloud experience

with the freedom to manage their own resources," while adding, "and it also

supports a subscription-based business model that is important to our growth."

Additional new features include:

    -- High availability of VMs with automatic restoration of workloads in

       case of node failure.

    -- Floating IPs and Virtual Router support to enable users to expose VMs

       on public networks.

    -- VM shelving support that allows users to release vCPU/RAM resources

       in their projects

    -- Application-consistent snapshots of Linux and Windows virtual machine

       volumes.

    -- Guest OS support for Microsoft Windows Server 2019 and Red Hat

       Enterprise Linux 8

    -- SSH keys management for VMs to ensure users can access to compute

       resources securely

To learn more about how service providers and enterprises can take advantage of

the benefits of Virtuozzo Infrastructure Platform, visit www.virtuozzo.com/vip.

To try it for free for 30 days, please contact Virtuozzo here (

https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2520467-1&h=2081469908&u=https%3A%2F%2Fgo.pardot.com%2Fl%2F148051%2F2018-10-04%2F3wzwhd&a=here

).

For more information in your inbox, please sign up on Virtuozzo's blog page (

https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2520467-1&h=3080412980&u=https%3A%2F%2Fwww.virtuozzo.com%2Fconnect%2Fblog.html&a=blog+page

).

Contact: Tom Baumgartner, tom.baumgartner@virtuozzo.com

SOURCE Virtuozzo

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中