ライ・ダイ・ハンと性暴力被害者のための記念彫刻、ロンドン中心街に建立

ジャスティス・フォー・ライ・ダイ・ハン(JLDH)

2019/7/30 14:37

ライ・ダイ・ハンと性暴力被害者のための記念彫刻、ロンドン中心街に建立

ロンドン中心街の「母子像」彫刻、ジャスティス・フォー・ライ・ダイ・ハン(Lai Dai Han)により一般公開へ

AsiaNet 79859

【ロンドン、2019年7月30日、PRNewswire】ベトナム戦争で過酷な性虐待を受けた女性たちや、世界中で紛争下において性暴力の被害者となった人々を記念する彫刻が、本日ウェストミンスターにあるセント・ジェームス・スクエアに設置されました。この「母子像」は先月、2018年のノーベル賞受賞者であるナーディーア・ムラード氏(Nadia Murad)によって公開されました。ウェストミンスターで開かれたこの記念式では、著名な政治家や市民活動グループが集まり、国際社会としてどのように性暴力と戦っていくことができるのか議論しました。

この彫刻は銅製で、約700kgの重さがあります。ベトナムに自生する「絞め殺しの木」の根が母と子を締め付けている様子を表しており、全ての性暴力被害者への希望の光となることを願って設置されました。「母子像」は、ベトナム戦争時韓国軍によって広く行われていた性暴力の被害について、国連主導の独立調査の実施を訴えるグループであるジャスティス・フォー・ライ・ダイ・ハン (Justice for Lai Dai Han 、JLDH)によって建立されました。

1964年から1973年までの間に、約32万人の韓国軍兵士が、米軍の応援のためにベトナムに送られました。ベトナム戦争中、何万人ものベトナム人女性たちが性暴力の被害を受けたとされています。彼女らの多くは、当時たった12~13歳でした。JLDHは、彼女たち(うち800名は現在も存命)と、戦時中のレイプの結果生まれた何千人もの韓国とベトナムのハーフの子どもたち(「ライ・ダイ・ハン」)を代表して活動を行っています。

ジャスティス・フォー・ライ・ダイ・ハンの国際大使であり元イギリス外務大臣のジャック・ストロー氏(Jack Straw)は、以下のようにコメントしています。

「みなさんにぜひセント・ジェームス・スクエアに来て、紛争下で性暴力被害者となり生き残られた方々を記念するこの彫刻をご覧いただきたいと思います。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)によって、韓国軍がベトナムの女性たちをレイプしたことに関する独立調査がなされるべきです。この彫刻が、性暴力の恐ろしさを鮮明に思い起こさせ、韓国政府に自国軍が犯した罪を認め、国連の調査を支持する姿勢へと変えさせる役割を果たしてくれることを願っています。」

ジャスティス・フォー・ライ・ダイ・ハンの設立者であり、自身も韓国軍の性暴力被害によって生を受けたトラン・ヴァン・タイ氏(Tran Van Ty)は、以下のようにコメントしています。

「今日と言う日は、ライ・ダイ・ハンと、韓国兵士により蹂躙された我々の母たちにとって歴史的な日です。韓国政府が我々の存在を認めようとしないため、ライ・ダイ・ハンのメンバー50名と私は、韓国軍兵士のDNAデータベースと照合してもらうためにDNAサンプルを提供すると申し出ました。本日の彫刻公開はライ・ダイ・ハンにとって記念すべき出来事ではありますが、我々は韓国政府からの承認と正義を勝ち取るために戦い続けます。」

この「母子像」は、イギリスの芸術家であるレベッカ・ホーキンス氏(Rebecca Hawkins)によってデザイン・製作されました。彼女は、

「この彫刻が、JLDHというとても大切な運動についてより多くの人々に知ってもらう一助となり、被害者の女性や子どもたちがその苦しみへの終止符を打つことができる、そして周りからその存在を認められるようになることを願っています。困難と苦境の中にありながら、彼らは自分達のことを勇気を持って語り、自身や仲間のために正義を勝ち取ろうと運動を始めたのです。この彫刻は、逆境に負けない彼らの内面の逞しさを称賛するものです。」とコメントしています。

ウェストミンスターで6月に開かれた彫刻の公開式では、ライ・ダイ・ハンを代表する数名とともに、ヤズィーディー教徒の人権活動家であり、戦争や武力闘争の道具としての性暴力使用の禁止に向けた活動が認められて2018年にノーベル賞を受賞した、イラク人のナーディーア・ムラード氏も登壇しました。ベトナム関連全党議会グループ議長であり国会議員であるウェイン・デビット氏(Wayne David)、戦争下での性暴力行使を防止する全党議会グループの共同議長である、ウィンターボルンのバロネス・ニコルソン氏(Baroness Nicholson)といった著名なイギリス国会議員たちも、JLDH を支持して参加しました。

ライ・ダイ・ハンについて

「ライ・ダイ・ハン」とはベトナム戦争で韓国軍兵士に性的暴行を受けたとされるベトナム人女性の何万人もの子どもたちのことです。1964年から1973年の間に、約32万人の韓国軍兵士がベトナムに展開し、米国と共に戦いました。

ジャスティス・フォー・ライ・ダイ・ハンはこのような被害者とその子どもたちに発言力を与え、韓国が大規模なレイプと性的暴力の申し立てを認め、調査するためのキャンペーンを行います。

ジャスティス・フォー・ライ・ダイ・ハンは政策立案者、作家、アーティストと協力し、ライ・ダイ・ハンとその家族のための募金活動とともに、この不正義が最終的に認識されるよう取り組んでいます。

われわれの取り組みは、世間の認識を高め、政治的指導者やコミュニティーの指導者が性的暴力の被害者と関わり合い、彼らの苦しみを直接理解し、ライ・ダイ・ハンの現状を永遠に思い出させるものとしてパブリックアートを創造しようと務めています。

www.laidaihanjustice.org

写真: https://mma.prnewswire.com/media/952644/Lai_Dai_Han_Sculpture.jpg  

写真: https://mma.prnewswire.com/media/952645/Lai_Dai_Han.jpg

(日本語リリース:クライアント提供)

Sculpture to Honour Lai Dai Han and Victims of Sexual Violence Installed in Central London

PR79859

LONDON, July 30, 2019 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

- "Mother and Child" sculpture commissioned by Justice for Lai Dai Han

available to view in central London

A sculpture which honours victims of sexual violence in conflict around the world,

including the women who were terribly abused during the Vietnam War, was installed

today in St James's Square, Westminster. "Mother and Child" was officially unveiled

last month by Nadia Murad, 2018 Nobel Peace Prize winner, at an event in Westminster

which convened senior politicians and civil society groups to discuss how the international

community can combat sexual violence.  

The sculpture, made of bronze and weighing approximately 700kg, depicts

a mother and her child trapped by the roots of a Strangler Fig tree, a plant

native to Vietnam, and serves as a beacon of hope to all victims of sexual violence.

"Mother and Child" was commissioned by Justice for Lai Dai Han (JLDH), a group

campaigning for an independent UN-led investigation into allegations of widespread

sexual violence by South Korean soldiers during the Vietnam War.

Between 1964 and 1973, some 320,000 South Korean soldiers were deployed to Vietnam

to fight alongside the United States. Tens of thousands of women were allegedly raped

by South Korean soldiers during the Vietnam War. Many of the women were as young

as 12 or 13 at the time. JLDH represents these women, of whom 800 are still alive today,

and their children known as the "Lai Dai Han," the thousands of dual heritage Korean-Vietnamese

individuals born as a result of wartime rape.

Jack Straw, international ambassador for Justice for Lai Dai Han and former UK

foreign secretary, said:

"I urge everyone to visit the sculpture in St. James's Square, which honours

all who are survivors of sexual violence in conflict. We need an independent

investigation by the UNHCR into the rape of Vietnamese women by South Korean

soldiers. We hope that the sculpture will serve as a poignant reminder of the

horror of sexual violence and encourage the Government of South Korea to acknowledge

the crimes committed by its troops and support an independent UN investigation."

Tran Van Ty, founder Justice for Lai Dai Han and born as result of Korean

sexual violence said:

"Today is a historic day for the Lai Dai Han and our mothers who have been through

so much at the hands of South Korean soldiers. Since the Government of South Korea

refuses to even acknowledge our existence, 50 members of the Lai Dai Han community

and I have offered to provide DNA samples to be compared with a database of South Korean

soldiers. While today's statue is a historic day for the Lai Dai Han, we will continue to fight

for recognition and justice."

The "Mother and Child" sculpture was designed and created by British artist

Rebecca Hawkins. She said:

"I hope that this statue helps raise awareness for this important campaign and gives the women

and children the closure and recognition they need. Despite suffering and hardship,

they have bravely stood up to tell their story and campaign for justice for themselves and

their peers. This sculpture is a celebration of their strength of spirit in the face of such adversity."

At the sculpture unveiling event in Westminster in June, several members of the Lai Dai Han

community were joined on stage by Nadia Murad, an Iraqi Yazidi human rights activist

who won the Nobel Peace Prize in 2018 for her efforts to end the use of sexual violence

as a weapon of war and armed conflict. JLDH also welcomed distinguished UK Parliamentary

supporters, including Chair of the All Party Parliamentary Group on Vietnam, Wayne David MP,

and Co-Chair of the All-Party Parliamentary Group for Preventing Sexual Violence in Conflict,

Baroness Nicholson of Winterbourne.

ABOUT THE LAI DAI HAN

The "Lai Dai Han" are the tens of thousands of children of Vietnamese women

that allege they were raped by South Korean soldiers during the Vietnam War.

Between 1964 and 1973, some 320,000 South Korean soldiers were deployed to

Vietnam to fight alongside the United States.

Justice for Lai Dai Han gives a voice to the victims and their children and

campaigns for South Korea to recognise and investigate the allegations of

widespread rape and sexual violence.

Justice for Lai Dai Han works with policy makers, writers and artists to ensure

this injustice is finally recognised, alongside fundraising efforts on behalf

of the Lai Dai Han and their families.

Our work seeks to raise public awareness, to allow political and community

leaders to connect with the victims of sexual violence to understand their

suffering firsthand, and to create public art as a permanent reminder of the

plight of the Lai Dai Han.

www.laidaihanjustice.org

Photo - https://mma.prnewswire.com/media/952644/Lai_Dai_Han_Sculpture.jpg    

Photo - https://mma.prnewswire.com/media/952645/Lai_Dai_Han.jpg

Source: Justice for Lai Dai Han (JLDH)

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中