ファーウェイはWEC 2019でInnovation Is Redefining Energyをテーマに各種ソリューションを発表

ファーウェイ(Huawei)

2019/9/11 17:18

ファーウェイはWEC 2019でInnovation Is Redefining Energyをテーマに各種ソリューションを発表

AsiaNet 80456 (1701)

【アブダビ(アラブ首長国連邦)2019年9月10日PR Newswire=共同通信JBN】ファーウェイ(Huawei、華為技術)はWorld Energy Congress 2019で、「Innovation Is Redefining Energy(イノベーションはエネルギーを再定義する)」をテーマに掲げて一連の5GおよびAIベースの革新的なエネルギーソリューションを発表した。ファーウェイは70以上のエネルギー担当閣僚、500のエネルギー関連企業の最高経営責任者(CEO)、多数のパートナーと協力し、150カ国以上から来訪した参加者とともに革新的ICTによる持続可能なエネルギー開発を推進するというビジョンを拡大した。ファーウェイは、5G、AI、クラウド、その他の革新的なテクノロジー、同社によるエネルギー産業の再形成の方法、デジタル世界の中核を築きデジタル化からインテリジェンスへのエネルギー産業の変革を推進する同社の方法などに関する思慮に富んだ洞察を共有した。

ファーウェイ・エンタープライズ・ビジネスグループ(Huawei Enterprise BG)エネルギー事業本部のゼネラルマネージャーであるジ・シャン氏は「人間文明の発展はエネルギー進化と密接に関連している。100年前、電力の大規模利用が第2次産業革命の端緒を開いた。2G、3G、4Gなどの通信技術は第3次産業革命を導き、人々を結び付けた。現在、5G、AI、クラウド、その他多数の革新的な情報通信技術(ICT)は第4次産業革命を引き起こしている。5Gは、高速、低レイテンシー、大容量を特徴とし、ユビキタスなコネクティビティーを可能にする。AIは、高いコンピューティング能力、低電力消費、オールシナリオ・アプリケーションを特徴とし、パーベイシブ・インテリジェンスを可能にする。クラウドは、仮想化、超大規模、高スケーラビリティーをサポートし、広範囲な共有を可能にする。これらが一緒になって、あらゆる産業のデジタル変革を加速し、未来のデジタル世界の基盤を築く。ファーウェイはパートナーおよび顧客と協力し、インテリジェント・エネルギーの実現に貢献する」と語った。

▽5G共有基地局ソリューション

5G基地局は高周波帯域を使用しサービスエリアが狭いため、基地局密度が高くなる。このため、「複数の基地局設置のスペースが制限される」ことが5Gネットワークの迅速な展開を遅らせる制約になっている。ファーウェイはこの問題に適切に対処するため、サブステーションに5G基地局を構築するための新しいソリューションを提供する。このソリューションは、エネルギー供給業者、タワー設設置業者、キャリアがインフラストラクチャー・リソースを共有することで恩恵を受けられるようにする。エネルギー供給業者はサブステーション向けの物理的な基地局を提供し、キャリアはこれを利用して5G基地局を展開することができる。キャリアはエネルギー供給業者のサブステーション・キャビネットと電力供給装置をリースし、5G基地局向けの無停電電源装置(UPS)を確保する。タワー設置業者はファーウェイ独自の5Gアンテナ・テクノロジーを使用して、タワーリソースを完全に活用、統合し、モノポール式タワーに複数のタイプのアンテナをマウントできる。

▽5G採掘ソリューション

ファーウェイとYuexin Intelligent Machineryは、5Gテクノロジーを使ったアプリケーション開発で協力した。5GネットワークのUltra-Reliable Low-Latency Communication(URLLC)機能を使用することによって、ファーウェイは中国最大のモリブデン鉱山に5Gネットワークを採用することに成功し、マイニングトラックの自動運転と掘削機の遠隔操作を可能にした。中国・洛陽の鉱山現場にある掘削機は、深センのファーウェイ展示場から5Gネットワークを通じて遠隔操作できる。両地点は2000キロ以上離れている。5GネットワークのEnhanced Mobile Broadband(eMBB)機能を使用して、鉱山企業は固定および移動カメラが撮影した多数の現場ビデオのAIベース分析を実行し、詳細かつ効率的な採鉱を促進することができる。

▽インテリジェントなAI送電線検査ソリューション

ファーウェイとZhiyang Innovationはインテリジェントな送電ソリューションを共同開発した。このソリューションはフロントエンド推論、クラウドベース・トレーニング、クラウドエッジ・シナジーを統合している。ソリューションはファーウェイのAscend AIプロセッサーを使用し、インテリジェントな送電監視システムを構築している。Ascend AIプロセッサーを搭載したHuawei Atlas 200 AIアクセラレーションモジュールは、ポールおよびタワー監視ユニットに組み込まれる。このユニットは設置後、ポールおよびタワーのインテリジェント分析を実行することができる。このモジュールはクラウドと連動し、検知アルゴリズムをリアルタイムで更新し、手動による支援なしで機械的な侵入、異物、鳥の巣などの潜在的な危険性を監視センターに送信する。送電線監視の効率性は従来の方法に比べ5倍向上し、セキュアで安定した送電線運用が可能になる。

▽インテリジェントな配電変圧器とエッジコンピューティング

ファーウェイ、China Electric Power Research Institute、State Grid Shandong Electric Power、State Grid Jiangsu Electric Power、NARI Group、XJ Groupは、新しいタイプのスマート配電変圧器を共同発表した。この新しいスマート配電変圧器は、「ソフトウエア定義ターミナル」の設計コンセプトを採用し、オープンエッジコンピューティング・アーキテクチャーを使用している。アップグレードおよび追加機能はアプリを通じて柔軟に適用され、リソースの設定を向上させるとともに、配電ネットワークの仕様変更への応答を向上させる。この製品は、デバイス間の革新的なプラグアンドプレーおよび相互接続を可能にする。この製品は、さまざまな種類の収集データに基づき、総合的な局所分析、インテリジェントな意思決定を実行し、停電分析、配電デバイス状況管理、電動車両充電コントロール、高品質な顧客サービスなどのサービス要件を効果的にサポートする。

ソース:Huawei

Innovation is Redefining Energy: Huawei Launches Solutions at WEC 2019

PR80456

ABU DHABI, United Arab Emirates, Sept. 10, 2019 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

Huawei launches a series of 5G and AI-based innovative energy solutions at

World Energy Congress 2019, under the theme 'Innovation Is Redefining Energy'.

Huawei collaborated with over 70 energy ministers, 500 energy CEOs, and

numerous partners, with these attendees coming from over 150 countries to

expand the vision driving sustainable energy development by innovative ICT.

Huawei shared thoughtful insight into 5G, AI, cloud, and other innovative

technologies, how it is reshaping the energy industry, and how it built the

core of a digital world to accelerate the transformation of the energy industry

from digitalization to intelligence.

Ji Xiang, General Manager of the Energy Business Dept, Huawei Enterprise BG, said:

"The development of human civilization is closely linked with energy evolution.

A hundred years ago, the large-scale usage of electric power marked the beginning of

the second industrial revolution. Communications technologies, such as 2G, 3G, and 4G,

ushered in the third industrial revolution and connected people together. Now, 5G, AI,

cloud, and many other innovation information and communications technologies (ICTs)

are bringing in the fourth industrial revolution. 5G features the high speed, low latency,

and large capacity, allowing ubiquitous connectivity. AI highlights the high computing power,

low power consumption, and all-scenario application, enabling pervasive intelligence.

Cloud supports virtualization, ultra-large scale, and high scalability, permitting extensive sharing.

Together, they fuel digital transformation of all industries and build the foundation for the future

digital world. Huawei is dedicated to cooperating with partners and customers to make

intelligent energy a reality."

5G Sharing Base Station Solution

5G base stations use high frequency bands and have small coverage, leading to

high base station density. Therefore, 'limited space for multiple sites' has

become a restriction that hinders fast deployment of 5G networks. Huawei

provides a new solution for building 5G base stations on substations, which

appropriately addresses this issue. The solution enables energy suppliers,

tower providers, and carriers to benefit by sharing infrastructure resources.

Energy suppliers provide physical bases for substations, which carriers can use

to deploy 5G base stations. Carriers lease substation cabinets and power supply

from energy providers to ensure uninterruptible power supply (UPS) for 5G base

stations. Using Huawei's unique 5G antenna technology, tower providers can

fully utilize and integrate their tower resources by mounting multiple types of

antennas onto one mono-pole tower.

5G Mining Solution

Huawei and Yuexin Intelligent Machinery collaborated to develop applications

with 5G technology. By using the Ultra-Reliable Low-Latency Communication

(URLLC) feature of 5G networks, Huawei successfully applied 5G networks to the

largest molybdenum mine in China and enabled autonomous driving of mining

trucks and remote control of excavators. On-site excavators in another mine in

Luoyang, China, can be remotely controlled from Huawei's exhibition hall in

Shenzhen via the 5G network. The two locations are over 2,000 kilometers apart.

Using the Enhanced Mobile Broadband (eMBB) feature of 5G networks, mining

companies can conduct AI-based analytics for a large number of on-site videos

captured by fixed and mobile cameras to facilitate precise and efficient mining.

5G technology will help reduce many manual operations in the mining industry

and enable unmanned smart mining in the future.

Intelligent AI Power Line Inspection Solution

Huawei and Zhiyang Innovation jointly developed an intelligent power transmission solution.

The solution integrates front-end reasoning, cloud-based training, and cloud-edge synergy.

It uses Huawei's Ascend AI processors to build an intelligent power transmission monitoring

system. Huawei Atlas 200 AI acceleration modules with embedded Ascend AI processors are

integrated into pole and tower monitoring units. After installation, the units can perform

intelligent analysis for the poles and towers. The modules work with the cloud to update

detection algorithms in real time and automatically monitor and transmit potential hazards

such as mechanical intrusion, foreign objects, and bird nests to the monitoring center with

no manual assistance. In this way, the efficiency of power line inspection is improved more than

five times that of the traditional method, and secure and stable power line operation is ensured.

Intelligent Distribution Transformer + Edge Computing

Huawei, China Electric Power Research Institute, State Grid Shandong Electric Power,

State Grid Jiangsu Electric Power, NARI Group, and XJ Group jointly launched

a new type of smart distribution transformer. The new smart distribution transformer

adopts the 'software-defined terminal' design concept and uses an open edge computing

architecture. Upgrade and additional features can be applied flexibly through apps,

enhancing the configuration of resources and improving response to requirement changes

by the power distribution network. The product implements innovative plug-and-play

and interconnection between devices. It conducts local comprehensive analysis and intelligent

decision-making on various types of collected data and effectively supports service

requirements such as power failure analysis, power distribution device status management,

electric vehicle charging control, and high-quality customer service.

SOURCE: Huawei

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中