VeChainがGDST海産食品ハッカソンの主要な共同スポンサーに

VeChain

2019/10/16 15:07

VeChainがGDST海産食品ハッカソンの主要な共同スポンサーに

AsiaNet 81055 (1977)

【上海2019年10月15日PR Newswire=共同通信JBN】海産食品のトレーサビリティーに関し、産業主導型でテクノロジーにとらわれない世界的枠組みの必要性は2013年、世界経済フォーラムのGlobal Agenda Council on Oceans(海洋に関するグローバル・アジェンダ・カウンシル)で初めて公に認識された。その指摘によると、漁獲の20%ないしそれ以上は「非合法、無報告あるいは無秩序な」漁獲行為によるもので、基本的な漁業管理を逸脱している。増大する市場ニーズも海産食品サプライチェーンの透明性改善についての企業の関心を後押ししている。増加するこのような要件を満たすため、商習慣に基準を設けて規制を一致させ、海産食品セクターで相互運用できるトレーサビリティーを促進することが必要である。

Photo - https://mma.prnewswire.com/media/1010126/GDST_Seafood_Trackathons.jpg

GDST(Global Dialogue on Seafood Traceability)は2019年10月21日、22日にドイツのケルンで、10月26日、27日にバリ島で、第2回、第3回Seafood Traceability Hackathon(海産食品トレーサビリティー・ハッカソン)を開催する予定である。GS1 Germany、米国際開発局の海洋・漁業パートナーシップ(USAID)Oceans & Fisheries Partnership(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2609760-1&h=3955025353&u=https%3A%2F%2Fwww.usaid.gov%2F&a=USAID+Oceans+and+Fisheries+Partnership )といった多数の主要機関と業界の企業からの支援を受け、このハッカソンには現実のビジネスとフラットフォームが大規模に集結し、産業が直面している現実の問題解決に役立つ貴重なアプリケーションの開発を強化するものになる。GDSTの使命は海産食品のトレーサビリティーの慣行に関する内部協力を強化する、多様なテクノロジーとソリューションを支援できるビジネス間の国際的枠組みを確立することである。このイニシアチブは世界自然保護基金(WWF)(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2609760-1&h=3910959659&u=https%3A%2F%2Fwww.worldwildlife.org%2F&a=WWF )とIFTのGlobal Food Traceability Center(世界食品トレーサビリティーセンター)(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2609760-1&h=3344327397&u=https%3A%2F%2Fwww.ift.org%2Fglobal-food-traceability-center&a=IFT%27s+Global+Food+Traceability+Center )が共同開催する。

世界をリードするパブリックブロックチェーン・プラットフォームのVeChainはこの理念を支持し、両ハッカソンにおける唯一のブロックチェーンスポンサーである。GDSTはハッカソン参加者の4つの主要カテゴリーの1つとしてブロックチェーン・インテグレーションを設定した。これはトレーサビリティー産業におけるブロックチェーンによる正当性と貢献を証明するものである。

VeChainはサプライチェーン全部門の海洋食品産業関係者の広範な領域で採用できる、ブロックチェーンを原動力とするトレーサビリティーソリューションについて、同社の専門知識をハッカソン参加者と共有する。ハッカソンの勝利者には、革新的なブロックチェーンアプリケーションを開発する彼らの取り組みをサポートする目的で、最大1万ユーロの賞金が現金で提供されるなど、各種の賞が贈られる。上位入賞者は追加ボーナスとして、VeChainエコシステムの大規模ネットワークとつながれるVeChainのアクセラレーターに加わり、賞金プログラムに参加する限定チャンスを得ることができる。

60以上の生産者、加工業者、リテーラーが全世界から集まって、海洋食品のトレーサビリティーについて徹底的に討論する。VeChainの欧州プロジェクトマネジャーで技術エキスパートのアルナー・バウアー氏はVeChain ToolChain API、あるいはVeChainThor Blockchainに基づく効果的アプリケーションの開発方法を紹介する。ブロックチェーン技術の採用に関するDNV GLの広範な経験と専門知識により、参加者はビジネスに力を与えるブロックチェーン・ベースのアプリケーションの構築と活用が難しいことではないと理解するだろう。

VeChainはこの数年にわたり、自らをブロックチェーンエコシステムにおけるイネブラーと認識してきた。企業と個人がブロックチェーン技術を容易に取り入れることができる強力な製品のVeChain ToolChainのリリースにより、ブロックチェーン技術の統合という技術的なハードルは、ビジネスと企業にとってもはや障壁ではない。ハッカソン参加者は、ブロックチェーン技術の習熟度に関わらず、ブロックチェーン技術をスムーズに活用できるアプリケーションの開発が可能になるだろう。

食品と飲料、LNG、ファストファッション、ラグジュアリー産業を変革する取り組みとは別に、VeChainはより多くの分野へと着実に手を広げ、効率的なトレーサビリティーの取り組みに専念する、より多くのユーザーを取り込むだろう。VeChainは、より多くのビルダーがハッカソンに引き付けられ、VeChainエコシステムで現実世界のアプリケーションを開発し、さらに価値のあるトランザクションを創出することを望んでいる。GDSTハッカソンをお見逃しなく。海洋食品トレーサビリティーのリーダーと仲間になり、VeChainThor Blockchainが現実経済の促進でどのように利用できるのかをあなた自身で見つけよう。

Seafood Traceability Hackathonへの登録はtraceability-dialogue.orgで。

▽GDSTについて

Global Dialogue on Seafood Traceability(Dialogueともいわれる)は国際的なビジネス間のプラットフォームで、相互に運用可能な海洋食品のトレーサビリティー慣行のための統一的枠組みを前進させる目的で設立された。Dialogueにはサプライチェーン内の異なる部門にわたる広範な領域の海洋食品関係者ならびに多様な地域の関連する市民社会の専門家が集結する。

▽VeChainについて

2015年創立のVeChainは、包括的なガバナンス構造、堅ろうな経済モデル、IoTインテグレーションを提供することによって、ブロックチェーン技術を現実世界に結び付けることを目指している。VeChainは、パブリックブロックチェーン技術を使用した現実世界アプリケーションのパイオニアであり、シンガポール、ルクセンブルク、東京、上海、パリ、香港、サンフランシスコにおいて国際事業展開している。

同社は、戦略的パートナーであるPwCとDNV GLと共に、Walmart China、BMW、BYD Auto、ハイアール、Bright Food、D.I.G.、DBシェンカー、PICCを含むさまざまな業界の多数の大手企業と協力関係を築いている。

VeChainについてのより詳しい情報はvechain.com を参照。

ニュースに関する問い合わせは press@vechain.comに電子メールを。

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/738221/VeChain_Logo.jpg

ソース:VeChain

VeChain Is Leading Co-sponsor of GDST Seafood Trackathons

PR81055

SHANGHAI, Oct. 15, 2019 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

The need for an industry-driven, technology-agnostic global framework for seafood traceability

was first publicly recognized by the World Economic Forum's Global Agenda Council on Oceans

in 2013. It points out that 20% or more of fish catch results from "illegal, unreported or

unregulated" fishing, and thus escapes basic fisheries management. The growing market

demands also add to enterprises' interests in improving transparency within seafood supply

chains. To meet the increasing requirements, it's necessary to standardise business practices

and harmonise regulations to promote interoperable traceability within the seafood sector.

Photo - https://mma.prnewswire.com/media/1010126/GDST_Seafood_Trackathons.jpg

The GDST is set to hold its second and third Seafood Traceability Hackathons in Cologne,

Germany from 21-22 October and in Bali from 26-27 October, 2019.

Supported by multiple leading organizations and enterprises in the industry,

such as GS1 Germany and USAID Oceans and Fisheries Partnership

(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2609760-1&h=3955025353&u=https%3A%2F%2Fwww.usaid.gov%2F&a=USAID+Oceans+and+Fisheries+Partnership ),

the hackathons serve as a grand gathering of real businesses and a platform

that boosts the development of valuable applications that can be used to solve

real problems facing the industry. GDST's mission is to establish an

international business-to-business framework capable of supporting a variety of

technologies and solutions to bolster inter-cooperation on seafood traceability practices.

The initiative is co-convened by WWF (https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2609760-1&h=3910959659&u=https%3A%2F%2Fwww.worldwildlife.org%2F&a=WWF )

and IFT's Global Food Traceability Center (https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2609760-1&h=3344327397&u=https%3A%2F%2Fwww.ift.org%2Fglobal-food-traceability-center&a=IFT%27s+Global+Food+Traceability+Center. ).

VeChain, the world's leading public blockchain platform, will support this cause

and is the sole blockchain sponsor of both hackathons. The GDST has placed

Blockchain Integration as one of the four major categories for contestants,

which is a testament to the legitimacy and value-added contribution by blockchain

in the traceability industry.

VeChain will share with the Hackathon contestants its expertise in

blockchain-powered traceability solutions that can be applied by a broad

spectrum of seafood industry stakeholders from all parts of the supply chain.

The winners of the Hackathons will be awarded prizes that includes prize value

up to 10,000 EUR cash equivalent to support their efforts in developing

innovative blockchain applications. As an added bonus, top participants will

have an exclusive chance to be included in the VeChain's accelerator and bounty

programs connecting them with the large network of the VeChain Ecosystem.

More than 60 producers, processors, and retailers from across the world will be

brought together to have in-depth discussions on seafood traceability.

VeChain's Europe Project Manager and technology expert, Arnaud Bauer, will

introduce how to develop effective applications based on the VeChain ToolChain

APIs or the VeChainThor Blockchain. With DNV GL's extensive experience and

expertise in blockchain technology adoption, participants will find it easier

to build and leverage blockchain-based applications to empower their businesses.

Over the past years, VeChain sees itself as an enabler in the blockchain

ecosystem. With the release of the VeChain ToolChain, a powerful product that

allows enterprises and individuals to adopt blockchain technology effortlessly,

the technical hurdles to integrate blockchain technology is no longer an

obstacle for businesses and enterprises. Participants in the hackathon,

regardless of their proficiency in blockchain technology, will be able to

develop applications that leverage blockchain technology smoothly.

Apart from efforts to transform the Food & Beverage, LNG, Fast Fashion and

Luxury industry, VeChain has been steadily branching out into more sectors, and

will involve more users who are devoted to efficient traceability efforts.

VeChain hopes to attract more builders with the hackathons to develop real

world applications in the VeChain ecosystem and create more valuable transactions.

Don't miss out on the GDST hackathons, come and join the leaders of seafood

traceability industry and find out yourselves how VeChainThor Blockchain can be

used to facilitate the real economy.

To register to participate in the Seafood Traceability Hackathon:

traceability-dialogue.org

About GDST

The Global Dialogue on Seafood Traceability (also referred to as the Dialogue)

is an international, business-to-business platform established to advance a unified

framework for interoperable seafood traceability practices. The Dialogue brings

together a broad spectrum of seafood industry stakeholders from across different

parts of the supply chain, as well as relevant civil society experts from diverse regions.

About VeChain

Launched in 2015, VeChain aims to connect blockchain technology to the real

world by providing a comprehensive governance structure, a robust economic

model, and IoT integration. VeChain is the pioneer of real-world applications

using public blockchain technology, with international operations in Singapore,

Luxembourg, Tokyo, Shanghai, Paris, Hong Kong, and San Francisco. Together with

our strategic partners PwC and DNV GL, we have established cooperative relations

with many leading enterprises in different industries, including Walmart China, BMW,

BYD Auto, Haier, Bright Food, D.I.G, DB Schenker, PICC, etc.

For more information about VeChain, please visit vechain.com.

For news inquiries, please email to press@vechain.com.

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/738221/VeChain_Logo.jpg

SOURCE VeChain

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中