マカフィーと三井物産セキュアディレクション、EDR事業領域において協業開始

2019年11月7日

マカフィー株式会社

マカフィーと三井物産セキュアディレクション EDR事業領域において協業開始

マカフィー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田中 辰夫、

以下 マカフィー)と三井物産セキュアディレクション株式会社

(本社:東京都中央区、代表取締役社長:神吉 敏雄、以下 MBSD)は、

EDR(Endpoint Detection and Response)事業領域において

協業を開始することをお知らせします。

 

サイバー攻撃はますます巧妙化し、最近では、ファイルレスマルウェアなどの

新たな攻撃手法が台頭しています。既存のセキュリティ対策製品によって

未然に防御することは非常に困難になりつつあり、

サイバー攻撃の侵入を前提としてその後の迅速な対応によって

被害を最小限化する手法が注目されております。

それを実現するソリューションとしてEDRへの期待が高まりを見せています。

しかしながら、EDRを的確に運用するためには、EDRから上がってくる

アラートへの判断や脅威の侵入に対しての調査等において、

運用者へセキュリティの経験や知見が求められるため、

運用のアウトソーシングのニーズが増加しております。

MBSDは長年のSOC運用によって培われた独自のセキュリティの知見と

ノウハウを保有し様々なセキュリティ運用のアウトソーシングに対応しております。

マカフィーが提供するソリューションに注力しておりIPS

「McAfee Network Security Platform」(以下、McAfee NSP)および

サンドボックス「McAfee Advanced Threat Defense」(以下、McAfee ATD)に

対するセキュリティ監視サービスをいち早く提供開始しました。

今回もマカフィーが新たに提供する「McAfee MVISION EDR」

(以下、MVISION EDR)をセキュリティ監視サービスの対象として

メニューに加え、サービス拡充して参ります。

MBSDは、MVISION EDRの単体としての運用アウトソーシングの

ニーズに応えるのみならず、すでに提供中の「McAfee NSP」や

「McAfee ATD」といったゲートウェイレイヤと、「MVISION EDR」の

エンドポイントレイヤの監視サービスを組み合わせて利用することで

ユーザ環境に対する相関分析も可能となり、マカフィー製品で統一した

一貫性のあるセキュリティ監視を実現できます。

今後もマカフィーとMBSDは緊密に連携し、お客様が安全・安心して

ビジネスを展開できる環境の提供に注力していきます。

【サービス提供イメージ】

NSP:McAfee Network Security Platform

ATD:McAfee Advanced Threat Defense

EDR:McAfee MVISION EDR

■「McAfee MVISION EDR」について

エンドポイントの振る舞いを継続的に監視するとともに、

複数のソースから収集した膨大なデータから有益なコンテキスト情報を

抽出することで、不審な動作を検出し、高度な脅威を未然に防ぎます。

大量に発生するアラートは、ガイド付きの調査機能により、自動的に

質問に回答することで、アナリストの分析作業の負荷を低減します。

また、エビデンスの収集や分析は自動的に行われるため、

より迅速に脅威の調査を進めることができます。

詳細は https://www.mcafee.com/enterprise/ja-jp/products/mvision-edr.html をご覧ください。

【三井物産セキュアディレクション株式会社について】

三井物産セキュアディレクションは、2001年に21世紀の

新しいITリスクマネジメント・ニーズに対応するため設立され、以来、

Webサイト改ざんインシデント対応・情報漏えい調査、脆弱性診断、

不正アクセス監視、セキュリティ教育、情報セキュリティコンサルティングなど

情報セキュリティサービスを専門としてきた、お客様を

「安心・安全」へと導く サイバーリスクマネジメントカンパニーです。

詳細は https://www.mbsd.jp をご覧ください。

【マカフィー株式会社について】

マカフィーはデバイスからクラウドまでを保護する

サイバーセキュリティ企業です。業界、製品、組織、そして個人の

垣根を超えて共に力を合わせることで実現するより安全な世界を目指し、

マカフィーは企業、そして個人向けのセキュリティ ソリューションを提供しています。

詳細は https://www.mcafee.com/jp/ をご覧ください。

※本リリースに記載されている会社名、製品名、

 サービス名は、各社、各団体の商標もしくは登録商標です。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中