【電通デジタル】電通デジタル、ZEPPELIN社と業務提携

電通デジタル

2019/11/26 10:00

2019年11月26日

株式会社電通デジタル

電通デジタル、ZEPPELIN社と業務提携

―ARプラットフォーム「ARaddin」を活用した

マーケティングソリューションの提供と共同研究を開始―

株式会社電通デジタル(本社:東京都港区、代表取締役社長:鈴木 禎久、以下、電通デジタル)は、株式会社ZEPPELIN(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:鳥越 康平、以下、ZEPPELIN社)が提供するAR(拡張現実)プラットフォーム「ARaddin(アラジン)」を活用したマーケティングソリューションの提供と共同研究に向けた業務提携契約を締結しました。

ARプラットフォーム「ARaddin」は、地図や衛星写真、画像などから、ビルや建物内の3Dマップを生成したうえで、AIが場所を判別し商品をARでリッチかつダイナミックに表現可能なサービスです。店頭販促領域では、店頭において顧客のニーズに合ったコンテンツを「その場だけの体験」として提供することにより、顧客エンゲージメントの向上が期待できます。

店頭販促領域において電通デジタルはこれまでも、店頭での来店や購買の計測および促進につながる各種ソリューションの開発を行ってきました。そしてこのたび、AI・ARを中心とした先端テクノロジー開発の実績を有するZEPPELIN社との提携を通じて、「ARaddin」を活用した新たなマーケティングソリューションの開発を共同で行います。これにより、オンラインとオフラインを融合したシームレスな新たな顧客体験の創出と、「売り場の拡張」を目指します。

<本ソリューションによる主な施策イメージ>

1. オンオフ横断のシームレスな顧客体験創出:

・店頭では展開しきれないカラーやサイズ、オンライン上のレビューを店頭にてAR上で展開します。店頭で見比べ、そのままオンライン決済も可能です。

2. AR技術を用いたリッチなプロモーション表現:

・商材や建物をアイコン化し、AR上でブランドストーリーを表現。

・商業施設内でのAR利用により、店内誘導やプロモーションに活用

<ARaddinの特徴>

1. VPS(Visual Positioning Service)を活用し、ビル等のランドマーク上にARを出現:

VPSとは、3Dマップと、スマートフォン・スマートグラス(眼鏡型デバイス)に搭載されたカメラ越しの画像を照合し、向きや方位を含む高精度な位置情報を特定する技術です。従来のARでは特定のマーカーを設置し、認識させることでARを出現させていましたが、「ARaddin」ではビルの場所や形を補足することで、ARを出現させることが可能です。これにより、よりシームレスでダイナミックな顧客体験を提供できます。

2. スピーディーかつフレキシブルな体験提供が可能:

世界中のビル等のランドマークを3Dマップ化し、蓄積・プラットフォーム化しています(※順次拡大予定)。ARサービスのSDK(ソフトウェア開発キット)制作も行っているため個別案件毎の新規開発は必要なく、スピーディーかつフレキシブルに顧客への体験提供が可能です。

<株式会社ZEPPELINについて>

「最先端のテクノロジーとデザインを全ての人へ」をミッションとし、AI・ARを中心とした先端テクノロジーとデザインを組み合わせた事業創出を行うデザインテックファームです。

会社名:株式会社ZEPPELIN

本社所在地:東京都渋谷区神宮前6-34-14原宿表参道ビル2階

代表者:代表取締役社長 鳥越康平

設立:2005年10月18日

事業内容:AR・AIを使ったテクノロジー提供/新サービス創造/UIUX/Branding/組織デザイン

URL:https://www.zeppelin.co.jp

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中