Xinhua Silk Road:SERES SF5モデルが2019 Guangzhou Int'l Auto Exhibitionでデビュー

Xinhua Silk Road Information Service

2019/11/29 14:47

Xinhua Silk Road:SERES SF5モデルが2019 Guangzhou Int'l Auto Exhibitionでデビュー

AsiaNet 81923 (2409)

【北京2019年11月28日PR Newswire=共同通信JBN】中国のEV新興企業SERESは、11月22日に開幕した第17回Guangzhou International Automobile Exhibition(広州国際自動車展示会)にスポーツカーの性能を備えた最新の電動SUVであるSF5の2モデルを公開した。

同社は同展示会で、SF5の完全電動バージョンと電動航続距離延長バージョンを公開し、両モデルとも同社開発の高効率な航続距離延長ジェネレーター、シャーシ、バッテリーパックを搭載している。

SF5完全電動バージョンは、90kWhバッテリーパックで駆動され、行動半径は500キロ以上に及ぶ。35kWhバッテリーパックを搭載する航続距離延長バージョンは、150キロの完全電動可能な航続距離を実現し、レンジエクステンダーが稼働すると充電および燃料補給が可能となり、ドライバーは長距離の航続を心配する必要がなくなる。

このほか、SERES SF5はスポーツカーと同等の性能を誇っている。同社開発の電動ドライブシステムで駆動されるSF5は最大出力510kw、最大トルク1040 Nmを達成し、航続距離延長バージョンは0-100km/hを4.8秒以内で達成する。両バージョンは前輪駆動と全輪駆動のモデルがある。

SERESによると、SF5は中国西部の四川、チベット、新疆の極端な気象条件下で約1万キロのドライビング体験を完了し、その技術的信頼性と製品品質を実証した。

2018年末から、同社は、ニュージーランドと、牙克石市、黒河市、トルファン市、三亜市などの中国都市で、500万キロにおよぶ運転試験を行ってきた。

SERESのシュウ・チェンチャオ執行副ゼネラルマネージャーは、自社開発のコアテクノロジーおよび製品改良によって、SERESは持続可能な開発を実現して、中国をリードする完全電動テクノロジーとインテリジェントな航続距離延長テクノロジーを保有し、これが同社の中核を成す競争力になっていると語った。

シュウ氏は外国ブランドとの競争に直面する新エネルギー車両企業について、重慶市を本拠とするこの中国EV企業は今後も、コアテクノロジーを開発基盤とし、顧客を製品製造の中心に据えていくと語った。

オリジナルリンクはhttps://en.imsilkroad.com/p/309648.html である。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20191128/2656493-1

(キャプション:第17回Guangzhou International Automobile ExhibitionのSERESの展示スタンド)

ソース:Xinhua Silk Road Information Service

写真添付リンク:

http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=352353

Xinhua Silk Road: SERES SF5 models make debut at 2019 Guangzhou Int'l Auto Exhibition

PR81923

BEIJING, Nov. 28, 2019 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

Chinese EV startup SERES brought two models of its new electric SUV with sports

car performance -- SF5 to the 17th Guangzhou International Automobile

Exhibition opened on November 22.

The company unveiled a pure-electric version and an electric range extended

version of the SF5 at the expo, together with its self-developed

highly-efficient extended range generator, chassis and battery pack.

The SF5 pure electric version is powered by 90kWh battery pack with an action

radius of more than 500km. The range extender version equipped with a 35kWh

battery pack allows a pure electric driven usable range of 150km and after the

range extender works, allows both charging and refueling, freeing drivers of

worries over continued trips.

Apart from these, SERES SF5 boasts sports car-like high performance. As powered

by its self-developed electric drive system, the SF5 can achieve a maximum

power of 510kw and a maximum torque of 1040 Nm, with the range extended version

needing less than 4.8 seconds for 0-100km/h acceleration. Both versions have

front-wheel drive and four-wheel drive models.

According to SERES, the SF5 has just completed a 10,000km-odd driving

experience under extreme weather conditions in west China's Sichuan, Tibet and

Xinjiang, proving its technical reliability and product quality.

Since the end of 2018, the company has carried out five million km of driving

tests in New Zealand and Chinese cities with extreme climate such as Yakeshi,

Heihe, Turpan and Sanya.

Via self-developed core technology and product upgrading, SERES realizes

sustainable development and boasts China-leading pure electric drive

technologies and intelligent range extending technologies, which mark its core

competitiveness, said Xu Jianqiao, executive vice general manager of SERES.

In the future, the Chongqing-based Chinese EV firm will continue to take core

technologies as the basis of development and customers as the focus of product

crafting, Xu noted when talking about new energy vehicle enterprises which face

competition from foreign brands.

See the original link: https://en.imsilkroad.com/p/309648.html

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20191128/2656493-1

(Caption: SERES exhibition stand at the 17th Guangzhou International Automobile

Exhibition)

SOURCE: Xinhua Silk Road Information Service

Image Attachments Links:

http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=352353

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中