若手料理人世界一を決定する国際料理コンクール 『サンペレグリノ ヤングシェフ 2020』地区大会のハイライトと地区代表12名の紹介

サンペレグリノ

2019/12/17 11:13

若手料理人世界一を決定する国際料理コンクール 『サンペレグリノ ヤングシェフ 2020』地区大会のハイライトと地区代表12名の紹介

AsiaNet 82202

ミラノ(イタリア)2019年12月17日/PRニュースワイヤー

今年でブランド創立 120 周年を迎え、世界中の美食家に愛されている、イタリア生まれのファインダイニングウォーター 「サンペレグリノ」は、30 歳以下の若手料理人の世界一を決める国際料理コンクール『サンペレグリノ ヤングシェフ 2020』決勝大会に進出する12名の地区大会優勝者を発表しました。次世代の才能ある料理人を後押しして美食の未来を育てることを目指し、2015年にこの取り組みはスタートしました。世界各国から寄せられた18歳から30歳までの条件を満たす応募者から選考された134人の候補者は12カ所で行われた地区大会で競い、地区代表のタイトルを獲得した12名の才能ある若き料理人は、2020年5月に開催される最終決勝に臨みます。

マルチメディアのニュースリリースは: https://www.multivu.com/players/uk/8662151-s-pellegrino-young-chef-2020/   

優勝者はこちらのサイト(英文)をご覧ください。https://www.sanpellegrinoyoungchef.com/en/finalists

マルチメディアのニュースリリースは:

https://www.multivu.com/players/uk/8662151-s-pellegrino-young-chef-2020/

ガストロノミーが持つ力を信じて、世の中に変革をもたらすような一皿を創造する若手料理人の世界一を決定するこの取り組みを通し、サンペレグリノ社は美食文化が社会に与える影響を確信しています。たとえばドイツでは中央ヨーロッパ地区大会優勝者のレヴェンテ・ コッパーニ氏が、自然を尊重し環境保護の働きかけをシグネチャー・ディッシュで表現しました。同様にモスクワではユーラシア地区大会優勝者のヴィタリー・サヴェリエフ氏が、シェフは料理を越えて影響を与えられると信じているとコメントしました。

誰もが熱望するファイナルの順位の他、競技の期間中ヤングシェフたちに付き添ったメンター(指導者)全員が投票して選ぶアクアパンナ賞(Acqua Panna Award for Connection in Gastronomy)と、世界中の美食愛好家のためのオンラインコミュニティー“ファインダイニングラヴァ―ズによる”オンライン投票で決定するファイン・ダイニング・ラバーズ賞(Fine Dining Lovers Food for Thought Award)も紹介されました。

そして、3つ目の賞は今年から始まったサンペレグリノ賞(S.Pellegrino Award for Social Responsibility)で、食品の持続可能性に関する意見で国際的に認められているフード・メイド・グッド(Food Made Good)が審査を勤めます。この栄冠は、持続可能な慣行の結果である食品がベストであるとの原則を表現した料理に与えられ、持続可能性への斬新な手法を用いた出場者を選ぶサンペレグリノ賞の審査団は、気候変動、生物の多様性、食品廃棄物、資源の利用、栄養、協力、権利擁護、革新に関してそれぞれの料理の影響に配慮し、決定されます。

全シェフの4分の1が地元の食材使用を強調する中、原産地は注目の持続可能性の話題でした。次に多く言及されたのが食品廃棄物で、食品廃棄を極力減らすというシェフの意識を強調するものでした。

取り組みの多様性に関連したプラスの成果(A positive accomplishment related to the diversity of the initiative)が、2019年地区大会のハイライトを締めくくります。今回の大会の始めにサンペレグリノはこのイニシアチブの男女平等強化を誓いました。美食は困難な環境であり、多様性に欠けることもあると認識しているからです。このため、各地区ファイナルには少なくとも3人の女性シェフが参加し、審査団は初めて全大会を通して男女同数となりました。さらには地域の半数で女性審査員数が男性の数を上回りました。

2020年グローバル審査団シェフの顔ぶれと待望の2020年に開催される最終決勝戦の詳細に関しては、今後の発表をお待ちください。

写真 - https://mma.prnewswire.com/media/1055574/S_Pellegrino.jpg

ロゴ - https://mma.prnewswire.com/media/899183/SPellegrino_Young_Chef_2020_Logo.jpg

(日本語リリース:クライアント提供)

The Countdown to the S.Pellegrino Young Chef 2020 Grand Finale Has Started: 12 Finalists Are Announced, as Well as Some Highlights on the Regional Competitions

PR82202

MILAN, Dec. 17, 2019 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

S.Pellegrino has announced the finalists of its global culinary talent search,

S.Pellegrino Young Chef 2020. Launched in 2015, the initiative aims at nurturing

the future of Gastronomy by promoting the next generation of culinary talent.

To view the Multimedia News Release, please click:

https://www.multivu.com/players/uk/8662151-s-pellegrino-young-chef-2020/

This year, 134 contestants from across the globe - aged between 18 and 30 -

took part in 12 Regional Finals, and this was narrowed down to just 12,

who will compete in the final in May 2020. Click here to discover the winners

https://www.sanpellegrinoyoungchef.com/en/finalists

S.Pellegrino believes that those at the cutting edge of gastronomy are pioneering

its use as a device for social impact and change, and this was demonstrated by

the young chefs throughout the competition. For example, in Germany, winner of

the Central European competition, Levente Koppany created a signature dish which

told a compelling story of respecting nature and acting to preserve the environment.

Similarly, in Moscow, Euro-Asia winner Vitalii Savelev commented that he believes

a chef can have an impact that goes beyond the cooking of a dish.  

As well as the coveted positions in the finals, also presented were the Acqua

Panna Award for Connection in Gastronomy, voted for by all the mentors that

accompanied the young participants during the competition, and the Fine Dining

Lovers Food for Thought Award, which is voted for by the online community of

Fine Dining Lovers all over the world.

Finally, a third award was introduced this year: the S.Pellegrino Award for

Social Responsibility, voted for by Food Made Good, an internationally

recognized voice on Sustainability in food. This accolade has been assigned to

the dishes that represent the principle that food is best when it is the result

of sustainable practises. Rewarding those with novel approaches to

sustainability, the judges for the Social Responsibility award looked at the

impact of each dish in terms of climate change, biodiversity, food waste,

resource use, nutrition, collaboration, advocacy and innovation

Provenance was a hot sustainability topic with a quarter of all chefs highlighting

the importance of sourcing local ingredients. The second most mentioned issue

was food waste, emphasising chefs' awareness of minimising food waste.

A positive accomplishment related to the diversity of the initiative completes

the highlights on the 2019 Regional Competitions. At the beginning of this

edition, S.Pellegrino took a commitment about increasing gender balance of its

initiative, as it recognizes that Gastronomy can be a challenging environment,

sometimes lacking diversity. For this reason, at least three female chefs were

present in each Regional Final, and the judging panels saw for the first time

an equal split of 50% male and 50% female jurors across the full initiative.

Moreover, in over half of the regions, the number of female jurors was higher than male.  

Further announcements are to come concerning the luminary chefs who will be part of

the 2020 Global Jury, as well as more details on the highly anticipated 2020 Grand Finale.

Photo - https://mma.prnewswire.com/media/1055574/S_Pellegrino.jpg

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/899183/SPellegrino_Young_Chef_2020_Logo.jpg

SOURCE: S.Pellegrino    

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中