【デバイスひな壇】あらゆる機材を常にスタンバイ。デスクに後付けできるスライド収納式卓上ラックが発売。

ゲーミングデスクの卓上を基地化して、複数の機材をすっきり&操作しやすい位置に配備。

ビーズ株式会社

2020/1/28 12:30

弊社ゲーミング家具ブランド「Bauhutte(R)(バウヒュッテ)」は2020年1月に、デスクに後付けできるスライダー付き卓上ラック「デバイスベース BDS-1200」を発売しました。

 

 

 デバイスを複数使いするゲーマーにとって、「設置場所の確保」は重要な問題です。全てのデバイスを操作しやすい位置にセットするには、デスクの上に広いスペースが必要となります。とはいえ、狭い部屋に大きなデスクを導入することはなかなか難しく、現実的ではありません。そこで開発したのが、今あるデスクに後付けして、デバイスをたっぷり収納&設置できる卓上ラックです。キーボード・マウスはもちろん、据え置き型ゲーム機やアンプなど、複数のデバイスを常時スタンバイ状態で配備しておくことができます。

 

 

 

 

< スライド棚で操作も広々快適 >

 下段には、デバイスをサッと引き出してアクセスできるスライド棚を採用。不要なときは格納しておけるので、デスク上がすっきり片付きます。デスク天板、スライド棚、ラック天板と3段分の面積を作業スペースとして使用することができるため、デバイスの操作を広々と行うことが可能です。

 

 

< その他製品特長 >

 

●棚の高さ調整

最上段の天板は、スライド棚に設置するデバイスの高さにあわせて、取り付け位置を4段階で調整可能。

 

●デスクを傷つけずに固定

デスク天板を挟み込んで固定する、クランプ方式を採用。デスクにネジ穴をあける必要なし。

 

●その他オプションとの併用

モニターアームキーボードスライダーケーブルオーガナイザーなど、その他のデスク周り製品と併用可能。自由に組み合わせて、自分好みのデスクを構築できる。

 

 

< デバイスマニアズ >

 デバイスを美しくディスプレイして思う存分愛でられる、コレクター垂涎の“魅せるデスク”構築方法を紹介しています。

【レイアウト詳細】https://www.bauhutte.jp/layout/device-manias/

 

 

< 製品概要 >

【製品名】デバイスベース

【型番・カラー】BDS-1200-BK(ブラック)

【寸法】幅1215×奥行き340(340~560)×高さ295mm、約13.1kg

【耐荷重】上棚:20kg未満、スライド天板:7kg未満

【価格】オープン価格(税別参考 18,750円)

【URL】https://www.bauhutte.jp/product/bds1200/

 

「Bauhutte(R)(バウヒュッテ)」は、ビーズ株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表:大上響)の自社ブランドです。

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

デバイスベース BDS-1200

機能まとめ

下段にはスライド棚を採用

不要時は格納しておけるので邪魔にならない

必要な時にサッと引き出してデバイスにアクセスできる

スライド棚の使用イメージ

スライド棚の下には、キーボードが設置できる高さを確保

上段の天板は4段階で取り付け位置を調整できる

収納物の高さにあわせてお好みで設定可能

デスクを傷つけることのないクランプ固定式

モニターアームなどとも併用できる

120cm幅のデスクに対応

耐荷重

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

レイアウト:デバイスマニアズ

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

    過去に配信したプレスリリース