漢字と遊ぶ ゆるスポーツ「漢検ボール」を共同開発

2020年2月26日

公益財団法人 日本漢字能力検定協会

公益財団法人 日本漢字能力検定協会 × 一般社団法人 世界ゆるスポーツ協会

漢字と遊ぶ ゆるスポーツ「漢検ボール」を共同開発

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

● 漢検公式サイト特設ページにて、漢検準1級を有する人気声優「雨宮 天」さんの音声による練習用動画を配信

● 書道アーティスト「原 愛梨」さんが描く「漢検ボール」PR動画を配信

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

 公益財団法人 日本漢字能力検定協会(本部:京都市東山区/代表理事:髙坂節三)は、一般社団法人 世界ゆるスポーツ協会(本社:東京都中央区/代表:澤田智洋)と、漢字とボールを使った、漢字学習スポーツ「漢検ボール」を共同開発いたしました。

 「漢検ボール」は、記憶の定着にも効果が期待できる「音読」に注目し、ボールを使って楽しみながら漢字学習ができるチームスポーツです。誰でも無理なく取り組める“ゆるスポーツ”を通して、漢字の普及と漢字学習の効果向上を図ります。

「漢検ボール」ロゴマーク

                                   「漢検ボール」ロゴマーク

 「漢検ボール」の特設ページ(2020年2月26日10:00~公開https://www.kanken.or.jp/kanken/kankenball/)では、ルールの解説や、漢検準1級を有する人気声優「雨宮 天」さんの音声による練習用動画などを公開。また、書道アーティスト「原 愛梨」さんが描く「漢検ボール」のPR動画を配信するなど、認知拡大を図ってまいります。

 今後は、全国の中学校、高等学校に呼び掛け、体験会などを実施してまいります。また、2020年5月16日に開催予定の「ゆるスポーツランド2020」(世界ゆるスポーツ協会主催)でも、「漢検ボール」を体験いただく予定です。

■「漢検ボール」のルール

フィールドプレイヤー6人 VS 6人で戦います(フィールドプレイヤー以外に審判1人必要)。

出題される漢字を読みながらボールを前線へと運び、ゴールを目指します。

1. チームメンバーは、漢字プレイヤー5人+パネラー1人の計6人です

2. パネラーは「漢字パネル」(基本A3サイズ)を持ちます

【 漢字パネル 】(イメージ)

漢字パネル(イメージ)

3. ボールを持っているプレイヤーは味方の「漢字パネル」の漢字を読みながら前進します

  ※ 漢字の読み仮名の数だけ前進できます(例えば出題が「開拓」なら、「カイタク」と4歩進めます)

4. 一つの漢字を読み終えたら味方にボールをパスします

  ※ ラグビーのようにボールを持っているプレイヤーよりも後ろにしかパスできません

5. パスが次のプレイヤーに渡るタイミングで、パネラーはパネルをめくります

6. パスをつなぎながら、ゴールラインを越えたら、1点獲得となります

7. 漢字の読み方が分からない場合は、後方の味方にパスをすることができます

8. ただし、3秒以上ボールを保有すると「未漢字」というファウルで相手ボールになります

9. プレイするメンバーに応じて「漢字レベル(級)」を選んでプレイできます

「漢検ボール」ルール

【 漢字レベル 】

漢字レベル

※ 出題している語は、当協会発行書籍より抜粋したものです。

※ 級の表記は目安となります。

※ 級のバリエーションは今後増える場合があります。

■漢検準1級を有する人気声優「雨宮 天」さんの音声による練習用動画などを配信

「漢検ボール」の特設ページ(https://www.kanken.or.jp/kanken/kankenball/)にて、前述の級に応じた練習問題を配信しています。練習問題はダウンロードして、A3で出力すれば、実際に「漢検ボール」をプレイする際にも使用していただけます。また、音声付き練習動画として、漢検準1級を有する人気声優「雨宮 天」さんの音声による練習用動画も配信し、競技に備えてスマートフォンなどで気軽に学習することもできます。

雨宮天さん

雨宮 天(あまみや そら)

東京都出身。漢検準1級。

2011年に開催された声優オーディションに合格し、声優業をスタート。声優として数多くのアニメや映画、ゲームで活躍しながら、女性声優3名によるユニット「TrySail」のメンバーとしても活動、その優しく強い歌声にも注目が集まる。2015年に「第9回声優アワード新人女優賞」を受賞。主な主演作品「七つの大罪」エリザベス役、「理系が恋に落ちたので証明してみた。」氷室菖蒲役など多数。

■書道アーティスト「原 愛梨」さんが描く「漢検ボール」PR動画を配信

「漢検ボール」発表にあたり、書道アーティスト「原 愛梨」さんの書を使ったPR動画を2種類制作いたしました。漢字で構成された「ボール」や「プレイヤー」が「漢検ボール」をプレイする動画を、2020年2月26日10:00からインターネットで配信いたします。 また、当動画のナレーションは、特設ページの練習用動画の音声でご協力いただいた「雨宮 天」さんが担当しています。

原愛梨さん

原 愛梨(はら あいり)

2歳から書道を始め、最年少で文部科学大臣賞を受賞。

多様な観点での文字を使った書道アートでスポーツの作品をメインにTwitterに投稿したところ、各界のスポーツ選手から大きな反響を呼んだ。親しみやすい性格と、天真爛漫なキャラクターを武器に、メディアやイベントなど、ジャンルを問わず幅広い分野で活躍する今注目の若手書道アーティスト。

●「相思相愛 篇」は、中高生が日常生活で使う漢字を採用して描く

動画で描かれるワードは、「ネット流行語100 2019」で特別賞に選出された「鬼滅の刃」や、中高生が日常生活で使う「映え」「推し」の漢字などから選定して構成いたしました。プレイヤーのイメージは「漢字と両想いになりたい」というメッセージから「相思相愛」を採用。

「疾風迅雷 篇」は、ボールに「漢検」、プレイヤーのイメージに「疾風迅雷」という漢字を採用しています。

● 相思相愛 篇 (https://youtu.be/Jzw4BFHgxnk

相思相愛1

                     

相思相愛2                     

相手の気持ちが読めても         

相思相愛3                    

漢字が読めても             

相思相愛4

勝敗は誰にも読めない

相思相愛5 

漢字と両想いになりたい全ての人へ

相思相愛6 

漢検ボール

● 疾風迅雷 篇 (https://youtu.be/scdJ0uo4_88

疾風迅雷1 

  

疾風迅雷2 

走るのが苦手でも  

疾風迅雷3 

球技が苦手でも        

疾風迅雷4 

漢字が好きなら誰でもヒーロー

疾風迅雷5 

漢字と両想いになりたい全ての人へ

疾風迅雷6 

漢検ボール

東京2020応援プログラム

「漢検ボール」は、公益財団法人 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が推進する「東京2020応援プログラム(スポーツ・健康)」に認証されました。

https://participation.tokyo2020.jp/jp/

beyond2020

「漢検ボール」は、内閣官房東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部事務局運営の「beyond2020プログラム」として認定を受けています。

https://www.kantei.go.jp/jp/singi/tokyo2020_suishin_honbu/beyond2020/

■一般社団法人 世界ゆるスポーツ協会について

公式HP: https://yurusports.com

世界ゆるスポーツ協会は“スポーツ弱者を、世界からなくす。”ことをコンセプトに、2015年4月10日に発足。だれでも楽しめる新しいスポーツジャンルを創りだすことを追求し、2019年12月1日現在、40種類以上の競技を公開し、幅広く親しんでいただく活動を行っています。

運営にあたりプロデューサー、ディレクターを中心に、スポーツアンバサダーおよび、多数のスポーツクリエーターが参加しています。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

「漢検ボール」ロゴマーク

漢字パネル(イメージ)

「漢検ボール」ルール

漢字レベル

雨宮天さん

原愛梨さん

相思相愛1

相思相愛2

相思相愛3

相思相愛4

相思相愛5

相思相愛6

疾風迅雷1

疾風迅雷2

疾風迅雷3

疾風迅雷4

疾風迅雷5

疾風迅雷6

東京2020応援プログラム

beyond2020

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • 名称 公益財団法人 日本漢字能力検定協会
  • 所在地 京都府
  • 業種 教育サービス
  • URL http://www.kanken.or.jp/
  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中