飛沫感染防止対策 「フェイスシールド(メガネタイプ)」を販売開始!

マスクを嫌がるお子様向けに“こども用”を新たに追加

表示灯

2020/10/8 14:00

2020年10月8日

表示灯株式会社

新型コロナウイルス感染拡大防止に対する取り組みとして、表示灯株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長 上田正剛※以下、当社)は、飛沫感染を防止するための、“メガネタイプのフェイスシールド”を10月8日より販売致します。

 


 

【子供向けにフレームとシールドのサイズを最適化】

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、あらゆるシーンにおいて「新しい生活様式」への対応が求められています。特に人と人とが対面するような場面では、相手からの咳やくしゃみなどによる飛沫が、口や目から入るのを防ぐだけでなく、自分の唾液が相手に対して飛んでしまうことを抑える必要もあります。今回、当社が販売するフェイスシールドは、クリアな視界を確保しつつ、軽量設計なので長時間の装着も可能です。また当社では、初めてお子様向け用にフレームとシールドのサイズを最適化いたしました。マスクを嫌がるお子様にも、学校や塾、各種習い事などのシーンでご活用いただけます。

               

 

【製品の特徴】

マスクや従来の頭部に固定するタイプのフェイスシールドは頭痛や集中力の欠如などを引き起こす可能性が懸念されておりました。当社のフェイスシールドは、わずか30gの超軽量設計で長時間装着していても邪魔になることがなく、クリアな視界を確保しつつ飛沫感染を防止することが可能です。バンドタイプとは異なり肌に密着しないので、通気性にも優れています。顔全体を覆うことでマスクだけでは防ぐことのできなかった目の粘膜まで保護できます。

 

【新商品「こども用フェイスシールド」】

従来のメガネタイプのフェイスシールドは大人用サイズしかありませんでした。お子様が着用するにはサイズが合わず、使用が難しかったのですが、フレームとフィルムのサイズを子供用に最適化することで学習時はもちろん、遊びながらでも邪魔になりにくくクリアな視界を保てます。もちろんメガネの上からも装着でき、マスクを嫌がるお子様の飛沫感染防止に役立ちます。

 

UVカット仕様】

フェイスシールドを屋外でご使用いただくために、UVカット仕様のフェイスシールドもございます。シールド部にUVカット加工を施し、紫外線を99%カットすることで肌へのダメージを防ぐことができます。

 

【取り付けは簡単4ステップ】

 


①まずはシールドに付いている保護フィルムを剥がします。

②フレーム側面のストッパーを取付穴から抜きます。

③シールドとフレームの取付穴の位置をあわせて、

④ストッパーをシールドに差し込み固定。反対側も同様に固定し完成!

 

 

当社は、今回発売するフェイスシールドのほかにも、各種飛沫感染防止対策商品の販売を通して、昨今の新型コロナウイルス感染症拡大への対策のみならず、『社会に貢献できるサービスの提供』を目指してまいります。

 

「フェイスシールド(メガネタイプ)」商品概要

発売開始日: 2020年10月8日

商品価格:フェイスシールド(メガネタイプ)大人用 

             1セット/10個入 2,000円(税抜)

             1セット/200個入 36,000円(税抜)

     フェイスシールド(メガネタイプ)子供用 

             1セット/10個入 2,000円(税抜)

             1セット/200個入 36,000円(税抜)

     フェイスシールド(メガネタイプ)UVカット仕様

             1セット/10個入 3,000円(税抜)

             1セット/200個入 54,000円(税抜) 

     取替え用シールド  大人用・子供用

             1セット/100枚入り  各7,000円(税抜)

 

商品情報サイトURL     https://www.hyojito.co.jp/?p=6751

WEB申し込みサイトURL    https://www.hyojito.co.jp/ansin-guard/

                ※Web注文は10/13(火)からの受付を予定しております。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

faceshild8

faceshild4

faceshild_top

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中