流山市と大和ハウス工業が「災害時等における一時避難施設としての使用に関する協定書」を締結

大和ハウス工業

2020/11/11 18:34

2020年11月11日

流山市

大和ハウス工業株式会社

流山市と大和ハウス工業が「災害時等における一時避難施設としての使用に関する協定書」を締結

 流山市(市長:井崎義治)と大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:芳井敬一、以下「大和ハウス工業」)は、本日(2020年11月11日)、「災害時等における一時避難施設としての使用に関する協定書」を締結しました。

1.協定の目的

 流山市では、これまで地震、局地的な豪雨や台風による洪水、土砂崩れ等の様々な災害への備えとして、他の行政機関や事業者などと災害時応援協定の締結を行っています。

 そしてこのたび、流山市と大和ハウス工業は地震等の災害発生時に、マルチテナント型物流施設(※)「DPL流山Ⅰ」の土地および建物の一部を一時的に避難場所として使用するため、「災害時等における一時避難施設としての使用に関する協定書」を締結することとなりました。

※複数の企業テナント様が入居できる物流施設。

【内容】

 (1) 「DPL流山Ⅰ」内共用部分(カフェテリア・トイレ等)の一時避難場所としての提供

 (2) 「DPL流山Ⅰ」の敷地における駐車場施設としての提供

 (3) 本協定による支援として行うことが相当と認めたもの

2.締結日

 2020年11月11日(水)

 ※同日、流山市役所において、締結式を開催しました。

【物流施設「DPL流山Ⅰ」の概要】

施設名:「DPL流山Ⅰ」

所在地:千葉県流山市西深井1374-1他

常磐自動車道「流山IC」から約2.7km

敷地面積:66,579.28㎡(20,140.23坪)

延床面積:151,368.60㎡(45,789.00坪)

賃貸面積:144,003.31㎡(43,561.00坪)

構造:PC造一部S造(プレキャスト・プレストコンクリート造一部鉄骨造)、免震構造、地上4階建て

建築主:株式会社流山共同開発

総合計画:大和ハウス工業株式会社

設計:株式会社フクダ・アンド・パートナーズ

施工:髙松・青木あすなろ特定建設工事共同企業体

着工:2016年7月

竣工:2018年3月

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中