Xinhua Silk Road:中国のWELLE Group、含水生ごみ処理で新たな発展を予想

Xinhua Silk Road

2021/4/28 16:54

 

中国・上海で4月20-22日に開催されたIE EXPO CHINA 2021でのWELLE Groupのブース

 

 

AsiaNet 89230 (0908)

 

【北京2021年4月27日PR Newswire=共同通信JBN】中国での廃棄物の分類をめぐっていっそうの取り組みが重ねられる中、中国の含水廃棄物(含水生ごみ)処理分野のリーディング企業の1つであるWELLE Groupは2020年、前年比17.29%も収益を伸ばし、現金資金量が3億6300万元を超える突出した販売実績を達成した。

 

2000人超の従業員を抱えるGEM上場企業の1つであるWELLE Groupは、埋立地浸出水の処理、含水生ごみ処理、バイオガスとバイオ天然ガス、工業エネルギー管理とVOC処理事業などに取り組んできた。

 

先週の22日に閉幕したIE EXPO CHINA 2021でWELLE GroupのLi Yao副社長は、同社はこれからも、主要なビジネスである含水生ごみ処理事業を統合し続け、そして経済的利益を増加させるため技術の研究開発を強化する、と述べた。

 

WELLE Groupは全国的な廃棄物の仕分け促進がもたらす大きなチャンスについて明るい見通しを持ち続ける。中国のより多くの都市で廃棄物の仕分け政策が徐々に実施されるにつれ、市場潜在力は広がり続けるだろうと、Li副社長は語った。

 

ますます大規模な投資案件が始まるのに伴って、WELLE Groupは多くの国営企業と、双方の優位性をより有効に統合させるための戦略的協力関係を発展させてきた。ここ2年間で同社はSDIC Ecology とChangzhou Hi-tech Group との間で戦略的協力の枠組み合意に調印してきたことをLi副社長は紹介した。

 

同時にWELLE Groupは含水ごみの資源活用を深める方法や農業とのより良い統合を進める方法について精力的に研究し、それによってプロジェクト経済性を重要な考慮要件の1つとして小さな町や農村部におけるプロジェクトの経済的利益を改善する。

 

加えて、発展に向けた同社の優先事項の1つにはデジタルトランスフォーメーションもある。WELLE Groupは独自のデータセンター、ビッグデータクラウドプラットフォームとインテリジェントシステムを積極的に促進・確立する。

 

法の執行が強化されるにつれ、企業に求められる環境保護の基準はさらに厳しくなってきた。WELLEの埋立地浸出水の処理における豊富な経験は、顧客にとって魅力的な低コストで工業用水処理産業に転用できる。Li副社長は、将来的にその産業分野がWELLEの利益増にとって強力な支えとなる可能性があると付け加えた。

 

オリジナルリンク:https://en.imsilkroad.com/p/321173.html

 

ソース: Xinhua Silk Road

 

添付画像リンク先:

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=390095

写真説明:中国・上海で4月20-22日に開催されたIE EXPO CHINA 2021でのWELLE Groupのブース

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

中国・上海で4月20-22日に開催されたIE EXPO CHINA 2021でのWELLE Groupのブース

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中