Michter’sがバーボンバレル競売落札額の記録樹立後初の10年物バーボン発売

Michter’s Distillery

2021/5/5 10:50

AsiaNet 89347 (0976)

 

【ルイビル(米ケンタッキー州)2021年5月4日PR Newswire=共同通信JBN】ルイビルを本拠とするMichter's Distillery(ミクターズ蒸留所)は2021年の10年物バーボン出荷をこの5月に開始する。Michter's 10 Year Kentucky Straight Bourbon(ミクターズ10年物ケンタッキー・ストレートバーボン)のプライベートバレルセレクション・ボトリングは2020年7月、ロンドンの競売で16万6000ポンド(20万9462米ドル)の高額落札記録を樹立した。Michter'sのJoseph J. Magliocco社長は「出来のよいバーボン、ライ、アメリカンウイスキーの評価が世界中で高まるのは素晴らしい」と語った。

 

Photo - https://mma.prnewswire.com/media/1502304/Michter_s_10_Year_Bourbon.jpg

Logo -

https://mma.prnewswire.com/media/4586/michter_s_distillery__llc_logo_4734_21071_.jpg

 

Michter's 10 Year Kentucky Straight Bourbonはアルコール度数94.4で、米国内希望小売価格は150ドル。Michter'sのDan McKeeマスターディスティラー(蒸留責任者)の言葉では「この発売品は実にコクのある特別なバーボン」である。

 

同商品はMichter'sのヒートサイクル倉庫で保管されてきた。Michter'sのAndrea Wilsonマスターオブマチュレーション(熟成責任者)は「ヒートサイクルすると、ウイスキーとたる木材の相互作用が高まり、たるの特性をより多く引き出し、熟成しすぎないで真に芳醇な優れたウイスキーを作れる」と語った。

 

Michter'sは評価の高い限定生産のウイスキーを製造、スモールバッチ(少ロット多種生産)バーボン、シングルバレル・バーボン、シングルバレル・ライ、スモールバッチ・アメリカンウイスキーで有名である。Michter'sは2021年1月、Drinks InternationalのAnnual Brands Reportで3年連続の「Top Trending American Whiskey」第1位ブランドに選ばれた。Michter'sの事業はルイビルのシブリー地区にある主蒸留所のほか、ケンタッキー州の他の2カ所でも行われている。スプリングフィールドの145エーカーの所有地では穀物を自社栽培し、ルイビル中心部の歴史的なフォートネルソン・ビルディングに第2蒸留所がある。ルイビル・スラッガー向かいのウエストメーンストリート、フレイジャー博物館と同じブロックの一等地にあるMichter'sフォートネルソン蒸留所は、ペンシルベニア蒸留所の伝説的なポットスティル方式を採用している。営業中はウイスキーのテイスティングを含む教育ツアーがあり、The Bar at Fort Nelson(フォートネルソンのバー)ではスピリッツとカクテルの歴史家David Wondrich氏が監修したクラシックなカクテルが供される。

 

詳細はwww.michters.com を参照。

または、Instagram(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3150431-1&h=382458088&u=https%3A%2F%2Fwww.instagram.com%2Fmichterswhiskey%2F&a=Instagram )、Facebook(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3150431-1&h=3341528889&u=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2Fmichterswhiskey&a=Facebook )、およびTwitter(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3150431-1&h=2961186974&u=https%3A%2F%2Ftwitter.com%2Fmichterswhiskey&a=Twitter )で当社のフォローを。

 

▽問い合わせ先

Joseph J. Magliocco

+1 502-774-2300 x580

jmagliocco@michters.com

 

ソース:Michter's Distillery

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中