CardiacSenseの医療用時計は、宇宙にいる間、イスラエル宇宙飛行士の生命維持に関する重要なサインと一般的な病状をリモート監視するために選ばれました

CardiacSense

2021/5/31 15:30

AsiaNet 89765

 

イスラエル、カイザリア、2021年5月27日 /PRNewswire/ -- Medtechの会社であるCardiacSenseとイスラエル航空宇宙医学研究所が、CardiacSenseの医療用時計を宇宙へ送るために選ばれました。 臨床的に検証された医療レベルの時計は、大きな心臓モニターを埋め込む必要がなく、継続的で長期的な医療レベルの快適な患者モニタリングを可能にします。 CardiacSenseは、国際宇宙ステーションへのミッション中に、医療用時計がEytan Stibbeの重要なサインと一般的な健康状態を監視することを発表しました。

 

Stibbeの打ち上げは、Ramon FoundationによるRakiaプロジェクトの一環として、Israel Aerospace Medicine Instituteと共同で2022年2月に予定されています。 Rakiaプロジェクトは、スペースXによる宇宙への最初の民間ミッションの一つです。 ミッションに伴う技術的な科学発展の1つであるCardiacSenseの医療用時計は、ミッション全体を通じてStibbeの重要なサインと一般的な健康状態を監視します。 CardiacSenseの医療用時計は、すでにCEマークとイスラエル保健省の規制当局の承認を受けており、次の四半期中に商用利用できるようになる予定です。

 

「これは、CardiacSenseのユニークで革新的なテクノロジーによって可能になった初めてのプロジェクトであり、医療用時計とその機能に対するプロジェクトマネージャーの信頼を反映しています」とCardiacSenseの共同創設者兼CEOであるEldad Shemesh氏は述べています。「私たちはこのユニークで特別なプロジェクトに参加し、宇宙でイスラエルの歴史を書きつつ、Eytan Stibbeに同行できることを誇りに思います。 これは、私たちの人間的および技術的能力の限界を拡大し、遠隔医療を再定義するための航海であり、CardiacSenseにとって、空でさえ限界ではないという証拠として役立ちます。」

 

Israel Aerospace MedicineInstituteCMIOであるEranSchenker博士は、次のように述べています。 「宇宙では、多くの心理的変化が起こり、人体に影響を及ぼします。 CardiacSenseの医療用時計を使用して重要なサインを監視することで、宇宙飛行士が宇宙で経験する生物学的プロセスを理解するのに大いに役立つ多くの指標を簡単に、そして継続的に観察できるようになりました。」

 

CardiacSenseについて

 

CardiacSenseは、重要なサイン、不整脈、慢性疾患の悪化の医学的診断と監視に必要な感度と特異性を備えた、CE承認のクラス最高の手首装着センサー技術を開発したMedtech企業です。この医療腕時計は、特許で保護された独自のセンサーとソフトウェア、アルゴリズムを統合して、CEおよびFDAが義務付けた精度で中心部の温度、呼吸数、血圧、酸素飽和度、心拍数などのパラメータを連続的に測定し、高価で複雑、そして大きくて高価なデバイスに代わるものとなります。これにより、患者の遠隔モニタリングと遠隔医療に対する世界的な需要の高まりに対応できます。CardiacSenseは2009年に設立され、本社はイスラエルのCaesareaにあります。

 

 www.cardiacsense.com

 

詳細情報:
Eyal Copitt, CCO
eyal@cardiacsense.com

写真 - https://mma.prnewswire.com/media/1519963/CardiacSense.jpg



(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中