歴史が証明するミャンマーと中国の友好関係

Myanmar Chan You Film

2021/8/4 16:02

 

中国にあるミャンマーが寄贈したパゴダ

 

AsiaNet 90998 (1790)

 

【ネピドー(ミャンマー)2021年8月3日PR Newswire=共同通信JBN】U Naing Wynnのナレーションにより、われわれはMyanmar Chan You Filmが制作したビデオでこの時代の歴史を知ることができる。

 

山と川で結ばれたミャンマーと中国は、長年にわたる「pauk-phaw(ビルマ語で兄弟・親族)」の友好関係を共有する隣国同士である。71年前に外交関係を樹立して以来、両国の関係は風雨の試練に耐え、一段と強固なものになってきた。

 

ミャンマーと中国の絆は古代に始まった。9世紀初頭の中国の唐王朝の全盛期に、ミャンマーのピュー王朝のダンサーとミュージシャンのグループが中国の首都洛陽を訪れた。

 

政治、経済、社会的交流、文化、教育、人材交流の分野で、緊密な協力と重要な関係の発展が見られた。

 

経済面では、中国は陶磁器、織物、茶をミャンマーに輸出してきた。同様に、ミャンマーの多くの仏像や他の特別な産物を中国の寺院で見ることができる。

 

ミャンマーと中国はいずれも多民族国家である。両国の民族文化は、食習慣と生活習慣で類似点を持つ。双方の国境地域に住む人々は、何千年もの間、昔から続いている友好関係を享受している。

 

二国間の宗教交流は比較的活発である。中国の仏陀の歯の遺物はミャンマーに4回招待された。二国間の友好は比較的深い。白馬寺(White Horse Temple)には2014年に建てられたシュエダゴン・パゴダ(Shwetagon Pagoda)に似たパゴダ(塔)がある。両国の学者や僧侶も相互訪問している。

 

約70年前の1950年に、両国は外交関係を樹立し、ミャンマーと中国の関係は新たな段階に達した。ミャンマーは、中国の建国を認めた最初の非共産主義国である。両国の指導者間には、ハイレベルの相互訪問を行う伝統がある。

 

文化的、個人的な交流も活発である。ミレニアム(西暦2000年)前後には、多くのミャンマー人が中国語を学ぶ一方、ミャンマーにおける海外からの留学生の数も増加している。ミャンマーと中国はまた、スポーツと文化の交流でも多くの記録を持っている。 1975年、ミャンマーのセパタクローチームは北京を訪問し、ミャンマーの国技スポーツであるセパタクロー(sepak takraw)を観客に実演してみせた。それ以来、中国の人々はセパタクローを知り、プレーするようになった。

 

中国は中国・ミャンマー関係を極めて重視しており、「pauk-phaw」の友好を積極的に支持している。

 

詳細は次のビデオを参照:https://en.prnasia.com/story/archive/3462824_AE62824_0?utm_source=cleartime-customer&utm_medium=email

 

ソース:Myanmar Chan You Film

 

画像リンク

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=397787

写真説明:中国にあるミャンマーが寄贈したパゴダ

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

中国にあるミャンマーが寄贈したパゴダ

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中