TCL Mini LEDテレビがAMD FreeSync(TM)Premiumテクノロジーでゲーム体験を再構築

TCL Electronics

2021/11/1 11:31

 

TCL Electronics

 

AsiaNet 92700 (2671)

 

【香港2021年10月29日PR Newswire=共同通信JBN】

*新しいTCL Mini LED 4K TV(テレビ)C825はよりスムーズ、より没入型のゲームプレーを実現

 

世界のテレビ産業の主要プレーヤーの1つであり、大手家電企業であるTCL Electronics(1070.HK)は29日、ゲーマーがティアリング(引き裂かれたような映像の乱れ)なし、低フリッカー(ちらつき)、低レイテンシー(遅延)で上質のビジュアルゲーム体験を楽しめるようにするため、TCL Mini LED 4KテレビC825にAMD FreeSync(TM)Premiumテクノロジーを組み込んでいる、と発表した。

 

TCL ElectronicsのShaoyong Zhang最高経営責任者(CEO)は「われわれは、ゲーマーをいら立たせる問題-ゲームやビデオ再生の間の入力レイテンシー、スクリーンティアリング、スタッタリング(映像が一瞬止まったようになる現象)-を識別することによって、顧客に最高のゲーム体験をもたらすことを目指し、その結果、解決策を見つけた。継続的なイノベーションを通じ、われわれは究極の没入型体験-新しいTCL Mini LED 4KテレビC825を開発した。このテレビは信じられないほどスムーズなゲームプレーを実現するもので、AMD FreeSync(TM)Premium認証を受けている」と語った。

 

AMD FreeSync(TM)Premiumは、高品質、高リフレッシュレートのゲーム体験を求める本格的なゲーマーをターゲットにしている。この認証は、ゲーマーが適切な製品を簡単に識別、選択することを可能にし、TCL Mini LED 4KテレビC825が滑らかな、アーティファクトのない画像性能を提供することを再確認するものである。

 

C825は劇的なハイライトとより豊かでより実物そっくりのHDR性能のために、信じられないほどの輝度を実現する高性能のMini LEDディスプレーを備える一方、Quantum Dot(量子ドット)テクノロジーは10億を超える色と色調で構成される100%のカラーボリュームを保証する。Variable Refresh Rate(可変リフレッシュレート)、Auto Low Latency Mode(自動低レイテンシーモード)、eARC(拡張オーディオリターンチャンネル)が組み合わさったC825は今、ゲームのための優れたオーディオビジュアル体験を実現し、テレビ番組や映画をさらにエンターテイニングにしている。

 

ゲームコミュニティーの長年のサポーターであるTCLは、Call of Duty: Vanguard(コール オブ デューティ ヴァンガード)のOfficial TV Partner(公式テレビパートナー)である。最新のディスプレーテクノロジーと受賞歴のあるテレビを擁するTCLは、可能な限り最高のベンチマークで比類のない没入型体験を保証するためにゲームディスプレーを推進している。今、AMD FreeSync(TM)Premium認証により、ゲーマーはTCL Mini LED 4KテレビC825を選択し、高品質のゲーム体験を期待することができる。

 

*製品の外観と機能は国/地域によって異なる。

 

▽TCL Electronicsについて

TCL Electronics(1070.HK)は急成長中の家電企業であり、世界のテレビ産業の主要プレーヤーである。1981年創業の同社は現在、世界の160を超える市場で事業展開している。OMDIAによると、TCLは2020年にTCLブランドのLCD TV(液晶テレビ)市場シェアで世界第2位だった。TCLは、テレビ、オーディオ、スマート家電などの家電製品の研究、開発、製造を専門としている。

 

ソース:TCL Electronics

 

画像添付リンク:

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=405827

(画像説明:TCL Electronics)

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

TCL Electronics

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中