「日本橋しずおか食堂」開催

~東海道歴史街道観光推進プロモーションの一環として実施します~ 11月8日(月)~12月7日(火)

静岡市

2021/11/8 10:00

2021年11月5日

静岡市

 静岡市は、東海道歴史街道の起点である東京・日本橋において、静岡県中部5市2町(静岡市、島田市、焼津市、藤枝市、牧之原市、吉田町、川根本町)とともに、日本橋としずおかの交流と誘客促進、ひいては「東海道ブランド」の確立を図る目的で様々な事業を行う東海道歴史街道観光推進プロモーションを、11月・12月の2か月間、開催いたします。

 つきましては、本事業の一環で、東京・日本橋の名店とコラボレーションし、10月下旬に漁が解禁となったばかりの桜えびや、マグロ、わさびなど旬の食材を使用したメニューを提供する「日本橋 しずおか食堂」を、11月8日(月)~12月7日(火)の30日間、日本橋の老舗18店舗にて実施いたします。概要は以下の通りです。

 

~「日本橋しずおか食堂」の魅力~

(1)とれたて桜えびやマグロ、徳川家康公ゆかりのわさびなど、産地直送のしずおか食材を使用!

 10月下旬に秋漁が解禁になったばかりの桜えびをはじめ、徳川家康公ゆかりの静岡市産わさび、折戸なす、あさはた蓮根、興津鯛、漁港から直送されるしらす、カツオ、マグロにうなぎなど、しずおか自慢の素材を使った創作メニューが楽しめます。

(2)東京・日本橋の老舗18店舗が参加!多彩なジャンルの名店が勢ぞろい

 日本橋を代表する「榮太樓總本鋪」や、「にんべん」、「神茂」、「弁松」などの老舗に加え、江戸前鮨や鰻の名店、「料理の鉄人」総合優勝の日本料理店、ミシュランガイド一つ星のフレンチの名店やイタリアンの名店など多彩なジャンルの飲食店が参加します。

(3)老舗の料理人が腕をふるう、期間限定の創作メニュー

 日本橋の老舗18店舗の技を活かして考案された創作メニューを、11月8日(月)~12月7日(火)まで期間限定で提供いたします。

 

「日本橋しずおか食堂」概要

 東海道の起点である東京・日本橋において、しずおか中部5市2町(静岡市、島田市、焼津市、藤枝市、牧之原市、吉田町、川根本町)の街道文化や歴史的特産品などによるプロモーションを実施し、日本橋としずおかの交流と誘客促進、ひいては「東海道ブランド」の確立を図るイベントです。

 徳川家康ゆかりの静岡市産わさび、折戸なす、あさはた蓮根に興津鯛。漁港直送の桜えびやしらす、鰹、マグロにうなぎなど。静岡自慢の素材を使い、日本橋の老舗18店舗による特別メニューを提供します。

◆期 間 :2021年11月8日(月)~12月7日(火)

◆参加店舗:榮太樓総本鋪、割烹嶋村、DA GOTO、日本橋 鰻 伊勢定、日本橋 神茂、日本橋 蛇の市本店、日本橋 舟寿し、日本橋弁松総本店、日本橋ゆかり、にんべん(日本橋だし場、日本橋だし場はなれ)、文明堂カフェ、平ちゃん、吉野鮨本店、La Paix、利久庵、レストラン桂、WA亭 池うえ(江戸東京・静岡関連コーナー:タロー書房)

◆主 催 :しずおか中部連携中枢都市圏(静岡市、島田市、焼津市、藤枝市、牧之原市、吉田町、川根本町)、NPO全国街道交流会議

◆後 援 :中央区、名橋「日本橋」保存会、日本橋料理飲食業組合、日本橋北詰商店会

◆協 力 :「日本橋」街道交流プロジェクト

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

    過去に配信したプレスリリース