【調査】個人差が大きい生理痛やPMSによる症状 生理痛やPMSの症状が理解されず、辛い思いをした人は約6割

「生理」よりも「PMS」の理解は低く35% 「生理の話題はタブーではない」と61%の男女が回答。

ツムラ

2022/3/3 16:00

2022年3月3日

株式会社ツムラ

 

 

10代〜40代の男女15,000人に、生理とPMSに関する本音と理解度を調査

個人差が大きい生理痛やPMSによる症状

生理痛やPMSの症状が理解されず、辛い思いをした人は約6割

「生理」よりも「PMS」の理解は低く35%

「生理の話題はタブーではない」と61%の男女が回答。意識変化の兆しも

 

 

 3月8日「国際女性デー」を前に株式会社ツムラは、調査①:15歳〜49歳の生理の経験がある6,000人を対象にした生理・PMS(月経前症候群)への本音調査、調査②:15歳〜49歳の男女15,000人を対象にした生理・PMSへの理解度を調査しました。その結果、生理痛やPMSでの症状は、さまざまかつ個人差が大きいことから、自分の症状が客観的に把握できていない人が多いことがわかりました。調査結果について、霞が関ビル診療所の丸山 綾先生にコメントを頂きました。

 

 

調査① 生理痛やPMSによる症状が辛くても約5割は周りに伝えない 約6割が辛い思いを経験

・生理痛やPMSの症状で辛くても「周りの人に伝えない」 49.8%。

理由は「表現しにくい」「わかってもらえない」「我慢するものだから」。【図2-1、図2-2】

・生理痛やPMSについて周囲の人に理解してもらえず、約6割が「辛い思いをした」61.9%。【図4-1】

 

 

調査① 個人差の大きい生理痛やPMS 自分自身の症状でも約7割は客観的に把握できず

・生理前や生理中の症状には「腹痛」「腰痛」「イライラ」「頭痛」「眠気」など、さまざまな症状があり、各症状にはそれぞれ複数の感じ方があった【図6】

・約7割は「自分の症状の程度がわからない」と回答。また「医学的に知りたい」人も63.4%。 【図9】

 

 

調査② 生理やPMSの知識を得るメリット 我慢をしない・させない社会への第一歩に

・約6割は「生理やPMSについて対話する機会がない」62.6%(男性59.4%、女性65.9%)が、一方で「生理やPMSについて話題にすることはタブーではない」61.2%(男性55.9%、女性66.6%)。【図14】

・生理やPMSの知識を得ると、「辛そうな人を気にかけられる」(30.7%)、「辛そうな人に優しく接しようと思う」(26.0%)、「無理に我慢せず自分の体を気遣えるようになる」(22.8%)。【図13】

 

<調査概要>  

■調査名:生理・PMSの本音と理解度調査 

■実施時期:2022年1月27日(木)~ 2月1日(火)

■調査手法:インターネット調査 

■調査対象:調査①全国の15歳〜49歳の生理を経験した人 6,000人 調査②全国の15歳〜49歳の男女15,000人(男性7,615人、女性7,385人)

★構成比(%)は小数第2位以下を四捨五入しているため、合計が100%にならない場合があります。

★本調査では、月経について「生理」と表現しています。

 

 

霞が関ビル診療所 丸山 綾先生に聞く、「隠れ我慢よりハッピーのススメ」

■「わかってもらえないから我慢する」のではなく、「自分でできる選択をしてみる」にシフトして

 今回の調査では月経痛やPMSに対してさまざまな痛みの表現が寄せられ、感じ方は人それぞれで全く違っています。痛みの感じ方は個人差があり、他人と比較することはできません。ですから、痛みをわかってもらえないから我慢する、と考えるよりも、大切なのは「ご自身でできる選択をしてみる」こと。例えば、医療機関を受診するなど、症状を緩和させることを考え行動することも、一つの選択肢だと思います。自分の今の痛み、月経痛やPMSにどう対処するか、ご自身の体について向き合ってみる(考えてみる)ことも大事です。婦人科医には、あなたの痛みを緩和し改善するためのノウハウがあります。

 

 

詳細な調査結果は下記の通りです。

 

約6割が生理痛やPMSの症状による辛さを理解してもらえない経験あり  

 生理痛やPMSで辛くても、49.8%は周りの人に伝えておらず、その理由には 「表現しにくい」「わかってもらえない」「我慢するものだから」等が挙げられました[図2-1、図2-2]。 また約6割が、自身の生理痛やPMSの症状を周囲の人に理解してもらえず、辛い経験をしたこともわかりました[図4-1]。

 

[図2-1]

 

 


[図2-2]

 

 

[図4-1]

 

生理痛やPMSの症状は個人差が大きい   

 生理痛やPMSによる症状の感じ方を聞くと、腹痛でも「ズーンと重い」や「ギューッと絞られている」「ズキズキ」など、感じ方は人それぞれで、生理前や生理中に感じる症状に、その感じ方も含めれば組み合わせは何通りにもなり、生理痛やPMSは個人差が大きいと考えられます[図6]。

 

 

 

[図6]

 

生理痛やPMSについて、実は約7割が自分のことにもかかわらず、「客観的にわからない」と回答

 生理痛やPMSに対する捉え方を聞くと、 「生理に伴う症状の重さが正常なのか異常なのかがわからない」67.5%、「自分の症状の程度が客観的にわからない」67.1%、など客観的に自分の症状を捉えられていないことがわかりました[図9]。

 

 

[図9]

 

 

生理やPMSについて「正しく知る」ことが、我慢をなくす第一歩

 生理やPMSについて知識を得て良かったことを男女15,000人に聞くと、「辛そうな人が身近にいた際、気にかけられる」30.7%、「辛そうな人に優しく接しようと思う」26.0%、などの意見が上位に挙げられました[図13]。生理やPMSに関して正しい知識を得ることは、自分だけでなく、周りの人への気遣いや理解も含めて、より適切な対応につながり、心身の不調への我慢のない社会に向けた第一歩になるとも考えられます。

 

 

[図13]

 

 

生理やPMSに関して、男性も女性もほぼ同じイメージで捉えている

 男女15,000人の約6割の人が生理やPMSについて対話する機会がないと回答。また、生理やPMSについて話題にすることも約6割の人が「タブーではないと思う」 と回答しました。男性でも半数以上が「タブーではないと思う」と答えており、生理やPMSについて触れることがタブーという風潮は薄まってきているようです。生理やPMSに対するイメージを見ると、男女差はさほどなく、社会全体の理解が課題であると考えられます[図14]。

 

 

図14

 

 

こちらはリリースの要約版です。全文をお読みになりたい場合は、ページ下部の「プレスリリース原文(PDF)」をご覧ください

 

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

表紙[生理痛やPMSの感じ方]

[図1]

[図2-1]

[図2-2]

[図3-1]

[図3-2]

[図4-1]

[図4-2]

[図5]

[図6]

[図7]

[図8]

[図9]

[図10]

[図11]

[図12-1]

[図12-2]

[図13]

図14

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中