【ALBERT】SBI証券が推進するマーケティングDXの支援を強化

株式会社ALBERT

2022/3/28 15:00

2022年3月28日

【ALBERT】SBI証券が推進するマーケティングDXの支援を強化

~共同開発したマーケティング最適化AIモデル実装と新たなAIモデルの開発開始により、個人投資家の中長期的な資産形成を支援~

データ分析・AI社会実装を手掛ける株式会社ALBERT(アルベルト、本社:東京都新宿区、代表取締役社長:松本壮志、以下「ALBERT」)は、株式会社SBI証券(本社:東京都港区、代表取締役社長:髙村正人、以下「SBI証券」)と金融サービス高度化に向けたAIモデルの開発に取り組んでおり、2021年12月から、SBI証券におけるマーケティングシステムにALBERTの開発したAIモデルが実装されました。またSBI証券が取り組むネオ証券化(手数料ゼロ化:オンラインでの国内株式取引の手数料や現在投資家が負担している一部費用の無料化を図ること)に向け、さらなるマーケティングDXを推進するため、ALBERTは各種AIモデルの開発、ビッグデータ解析、マーケティング組織の運営支援(データに基づくPDCA)を組み合わせて支援します。

ALBERTとSBIホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:北尾吉孝、以下「SBIHD」)は2021年6月に資本業務提携を開始しており、SBIグループの保有する知見やビッグデータとALBERTの持つ分析技術やAIプロダクトを融合させ、SBI証券のデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進に向けて協業しており、本取組みはその一環になります。

■背景

「老後2,000万円問題」や「人生100年時代」を背景として「貯蓄から資産形成へ」の関心が高まりを見せる中、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う世界的な金融緩和による市況の影響もあり、直近1年間のSBI 証券の新規口座開設者は100万人を超え、うち20代・30代が約6割、株式投資未経験者が約8割を占めるなど、若年層や投資初心者を中心に個人投資家の裾野は着実に広がっています。

若年層をはじめとする個人投資家の中長期的な資産形成を支援するべく、新たに開発したAIモデルを活用して、中長期的な顧客との関係構築に貢献するマーケティングの最適化・デジタルマーケティングの高度化を実現し、一人ひとりの投資意向に合わせた顧客提供価値の最大化を目指します。

■取組概要

・実装されたマーケティング最適化AI

従来、短期的かつ個別のマーケティング施策の効果を分析し評価していたのに対して、顧客との中長期的な関係性を前提に最適化されたマーケティング施策を実現するため、様々なマーケティング施策を定量的に評価し顧客属性ごとに適切な商品提案を可能とするAIモデルを開発、実装しました。これにより、新規顧客の獲得や既存顧客のサービス利用頻度向上のためのマーケティング効果の検証を精緻化し、中長期的にはデータに基づいたパーソナライズマーケティングの実現に貢献します。

・ビッグデータ解析に基づく顧客成長パスの解析

SBI証券の保有する膨大な顧客データや取引データから、顧客の資産形成パターンを分析・クラスタリング*1することにより顧客の成長パスを分析します。顧客が所属するクラスターごとに的確なマーケティング施策を行うことで、顧客にとってより良い資産形成方法等有用な情報を提示します。

・マーケティング組織運営の支援

SBI証券とALBERTの合同プロジェクトチームを組成し、各種マーケティング施策の企画・立案とPDCAを高速で実施します。開発したAIやビッグデータ解析から得られた示唆を実際のマーケティング活動に反映させ、サービスの早期提供や高度化を支援します。

*1…クラスター(cluster)とは、英語で「房」「集団」「群れ」のことで、似たものがたくさん集まっている様子を表します。クラスター分析とは、異なる性質のものが混ざり合った集団から、互いに似た性質を持つものを集め、クラスターを作る方法です。対象となるサンプル(人、行)や変数(項目、列)をいくつかのグループに分ける、簡単にいえば「似たもの集めの手法」です。https://www.albert2005.co.jp/knowledge/data_mining/cluster/cluster_summary

■株式会社SBI証券 執行役員 事業開発部長 喜志 武弘 氏

SBI証券は、お客さまの利益を最優先する「顧客中心主義」を貫き、これまでも、その時代の革新的な技術を積極的に活用してまいりました。SBI証券は、さらなる「顧客中心主義」の徹底を図るため、①AIモデルの開発、ビッグデータ解析に関する確かな技術力、②業界最大規模のデータサイエンティスト数、③金融業界に関する深い知見を有するALBERT様と共に、マーケティング領域にとどまらない、各事業および経営資源へのAIの導入と活用を、積極的かつ迅速に推進してまいります。

■株式会社ALBERT 代表取締役社長 松本 壮志 氏

ALBERTは日本屈指のデータサイエンスカンパニーとして、産業に実装されるAI開発やデータサイエンティスト育成を通して社会に貢献してまいりました。SBI グループが保有するビッグデータ活⽤やAIモデル開発支援により、SBI証券様のマーケティングDX推進を一層加速させるものと確信しております。産業の枠を超えたデータシェアリングを創発する「CATALYST戦略」のもと、今後も一層SBI証券様との連携を強化し、データサイエンスを通じた新たな顧客価値を共創してまいりたいと考えております。

■今後の展望

 ALBERTでは、本取組みを通じてSBI証券のDXを推進すると共に、顧客一人ひとりの投資意向・投資行動に合わせて資産形成をサポートできるようなマーケティング施策の高度化、最適化の実現に向けて支援をしてまいります。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中