STEMと持続可能性を通して世界中の若い女性と難民に力を与える

AFS Intercultural Programs

2022/8/5 14:41

AsiaNet 97345 (1839)

 

【ニューヨーク2022年8月5日PR Newswire=共同通信JBN】STEM(科学・技術・エンジニアリング・数学)教育を進めようとする女性と少女は、伝統的に男性が支配していた分野で、長期にわたり信じられないほどの難題に直面してきた。同時に、最近の出来事は世界中で8930万人の難民、避難民、無国籍者の人口が急増していることを浮き彫りにした(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3611884-1&h=1695419566&u=https%3A%2F%2Fwww.unhcr.org%2Fen-us%2Ffigures-at-a-glance.html&a=89.3+million+refugees%2C+displaced+and+stateless+people+around+the+world )。その約27%は女性と18歳未満の少女である。国際教育、特にバーチャル交流は、疎外されてきたグループの機会を広げる強力な方法となりうるにもかかわらず、そのような問題に対処するために使用されることはめったにない。

 

Photo - https://mma.prnewswire.com/media/1809272/AFS_Logo.jpg

 

▽若い女性たちのSTEMと持続可能性の世界への参入を支援

 

異文化間交流で有名な世界的な非営利団体であるAFS Intercultural Programsは、2011 年からbp の資金提供を受け、STEM分野の若者向けプログラムを運営してきた。この2つの組織は2021年、5000人の若者への奨学金提供を目的とし、多様性と包括性に重点を置き、とりわけ若い女性のサポートに重点を置く野心的な5年間のイニシアチブを開始した。2022年6月に立ち上げられたAFS Global STEM Accelerator(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3611884-1&h=187952064&u=https%3A%2F%2Fafs.org%2Fglobal-stem%2Faccelerators%2F&a=AFS+Global+STEM+Accelerator )プログラムは、世界の180人の若い女性に、持続可能性、STEM(科学、技術、エンジニアリング、数学)における教育、およびポジティブな社会的影響へのアクセス提供を目的とした、全額支給奨学金のバーチャル交流プログラムである。

 

▽難民に教育への平等なアクセスを与える

 

難民危機は、シリア、ベネズエラ、スーダン、ミャンマーからの何百万人もの避難民を含め、世界で 8930万人以上に影響を与えている。2022年2月以降、世界では何百万人ものウクライナ人が家を追われている。

 

難民危機に対する当座の公的対応は、多くの場合、緊急の人道的ニーズを満たすことに重点が置かれている。しかし、教育は難民の若者にとってしばしば否定される基本的人権(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3611884-1&h=4274138085&u=https%3A%2F%2Fwww.unhcr.org%2F1951-refugee-convention.html&a=education+is+a+basic+human+right )である。 これは若い難民女性に特に当てはまる。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3611884-1&h=2449668100&u=https%3A%2F%2Fwww.unhcr.org%2Fen-us%2Feducation.html&a=according+to+the+UNHCR )によると、これは国際的な難民対応の重要な部分でもある。

 

これを念頭に置いてAFSはbpの支援を受けて奨学金の数を増やし、難民の若い女性がAFS Global STEM Accelerator Program(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3611884-1&h=970502562&u=https%3A%2F%2Fafs.org%2Fglobal-stem%2Faccelerators%2F&a=%C2%A0AFS+Global+STEM+Accelerator+Program )に確実に含まれるようにした。広く手を差し伸べることを実行する必要性を認識したAFSは、中東、北アフリカ、サハラ以南アフリカの14地域で活動する国際的非政府開発組織であるSPARKと提携した。SPARKは28年以上にわたり、若者が未来を再構築するための道筋を作り、若者、特に女性や難民に不安定なコミュニティーで勉強し、働き、自分のビジネスを成長させる機会を提供してきた。

 

AFSのDaniel Obstプレジデント兼最高経営責任者(CEO)は「グローバルな市民教育は、誰もが利用できるものでなければならない。bpおよびSPARKと協力して、これらの機会からしばしば除外されているが、実際にはそれを最も必要としている若者がこのプログラムを利用できるようにすることを非常に楽しみにしている」と述べている。

 

▽71カ国から1000人以上が応募

 

AFS Global STEM Accelerators(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3611884-1&h=829266304&u=https%3A%2F%2Fafs.org%2Fglobal-stem%2Faccelerators%2F&a=AFS+Global+STEM+Accelerators )プログラムは、アフガニスタン、ウクライナ、ナイジェリア、およびトルコのシリア難民からの申請者を含め、世界71カ国から1083件の申請を受け取った。応募はコミュニティーでチェンジメーカーとなることに強い関心を持っている世界中の若い女性(15歳から17.5歳)に開かれていた。AFSは、避難民の中で戦争、暴力、自然災害などによる難民と少女に、奨学金の20%を特別に割り当てた。

 

61カ国の若い女性に授与される180の奨学金は、プログラムが達成しようとする多様性と包括性を反映している:

 

*受給者の20%は、難民または避難民コミュニティーの出身者

*受給者の82%は有色人種

*受給者の 51%は低所得世帯の出身

*10%は家族の中で初めて高校卒業者となる予定

 

AFSとbpは、テクノロジーとインターネット接続へのアクセスが世界的に不公平であることを認識しており、これらのニーズをサポートする用意ができている。

 

bpのKerry Dryburgh執行副社長(人民・文化担当)は「これらの優秀な若い女性たちの強い関心を目の当たりにして興奮している。彼らは変化をもたらそうとする情熱と、これから学ぶスキルによって未来のチェンジメーカー、リーダー、イノベーターになるだろう。彼らの旅路が最高のものになることを願っている」と述べている。

 

奨学金受給者の言葉は、バーチャル交流が教育機会へのアクセスを拡大するための強力なツールであるという主張をさらに裏付けている。

 

アフガニスタン出身のHarira氏は「自分は伝統的なパシュトゥン社会の出身で、私の州では女子は学校に行く権利すらない。私の国のあらゆる場所でジェンダー不平等が明白である。これらすべての困難な問題は、自分自身のアイデンティティーを創出し、周囲とは異なった人間になろうとする力を私に与えてくれる。このプログラムに参加することは、世界を探検し、持続可能な社会の改善に影響力を持つ人物になるという自分の目標を達成するための最初のステップである」と語る。

 

▽これらの若い女性たちの次のステップ

 

AFS Global STEM Accelerators(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3611884-1&h=829266304&u=https%3A%2F%2Fafs.org%2Fglobal-stem%2Faccelerators%2F&a=AFS+Global+STEM+Accelerators )プログラムは、持続可能性に重点を置きながら、現実世界の課題に対する潜在的解決策を提供する社会的インパクトのあるキャップストーン・プロジェクトとプレゼンテーションを奨学生が開発して最高潮に達する。参加者は、AFS とペンシルベニア大学が授与するAdvanced Certificate on Global Competence for Social Impact(社会的影響のためのグローバルコンピテンス上級認証)および、ペンシルべニア大学社会的影響戦略センターからキャップストーンプロジェクトに関する公式証明を取得する。学生の学習・キャップストーン開発は、9カ国から12人の有資格ファシリテーター(すべて女性)を代表する多様なファシリテーションチームによって導かれる。

 

プログラムが完了すると、奨学生は卒業生コミュニティーへの加入に招待され、さまざまなメンタリングの機会、スキル開発セッション、パネルディスカッション、およびさらなる開発の機会が提供される。奨学生はまた、国連の持続可能な開発目標に積極的に取り組んでいる若者の世界的な集まりであるAFS Youth Assembly(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3611884-1&h=2837188992&u=https%3A%2F%2Fwww.youthassembly.org%2F&a=Youth+Assembly )への参加を招待される。

 

ソース:AFS Intercultural Programs

 

▽問い合わせ先

Milena Miladinovic

m.miladinovic@afs.org

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中