味の素(株)「ビクトリープロジェクト(R)」が 日本代表および強化選手への栄養サポートを実施

パリ2024オリンピック競技・ブレイキン ~世界選手権にて「ビクトリープロジェクト(R)」メンバーが帯同

味の素株式会社

味の素株式会社(社長:藤江太郎 本社:東京都中央区)は、「ビクトリープロジェクト(R)」の活動の一環として、パリ2024オリンピックに向けて新競技となるブレイキン(ブレイクダンス)への栄養サポートを行っています。

 

ブレイキンは、ニューヨーク・サウスブロンクス発祥のダンススポーツで、近年日本人選手が国際大会で活躍している注目競技です。新競技として追加されたパリ2024オリンピックでも日本代表選手の活躍が期待されています。

なお、「ビクトリープロジェクト(R)」メンバーは、2022年10月21日・22日に韓国・ソウルにて開催される世界選手権へも帯同を予定しております。今回は試合に必要なアミノ酸製品、食品の提供はもちろんのこと、出場選手と綿密なコミュニケーションを取りながら、試合当日の最適な栄養補給方法を構築するポイントを見出す帯同サポートとなります。

 

 

■『JDSF BREAKING SUMMER CAMP』での栄養サポート活動

2022年8月22日(月)~8月26日(金)5日間、ブレイキンの日本代表および強化選手を対象に沖縄県宮古島で開催された合宿『JDSF BREAKING SUMMER CAMP』に味の素(株)「ビクトリープロジェクト(R)」メンバーが視察に伺い、選手の栄養に関する知識のブラッシュアップをサポートする活動を行いました。

 



本合宿におけるサポートの目的は、バトル時の栄養摂取状況を把握し、選手とのコミュニケーションを通じて抱えている課題を肌で感じとり、今後のサポートの方向性を模索することでした。

 

 

栄養に対する気づきの提供

合宿初日の夕食前・後の2回で、栄養講習会を実施。夕食前は「食事」は栄養バランスなど基本的なテクニック、夕食後は「補食」としての「アミノバイタル(R)」の活用など、2回を通じて「アミノ酸のはたらき」を講義しました。

 

【夕食前】

栄養バランスについてや食事を構造的にとらえることを学び、講習会後には、学んだ内容を意識しながらビュッフェ形式の夕食をとりました。

 



【夕食後】

前半は、自分の食事内容を把握する「勝ち飯チェックシート」を使い、摂取している栄養に関する理解を深めました。後半は、運動中の体の状況を知ることや、アミノ酸とエネルギーを効率よく摂取できる「アミノバイタル(R)」の活用方について学びました。

 

 

 

 

実践・体験ブースを設置

講習会の翌日以降は、学んだ内容を実践・体験することができる商品設置スペース「VPブース」を練習場内に展開。選手はメンバーとコミュニケーションを取りながら、アミノ酸のはたらきや、効率的に栄養を摂取するテクニックを学びました。

 

 

選手の中には適宜「アミノバイタル(R)」を摂取したことで、パフォーマンスの変化を感じることができた選手もおり、栄養摂取の大切さを実感いただきました。

 

 

その他にも、朝食・昼食会場には食欲のスイッチを入れる「飲むおだし」や、昼食会場の白米コーナーには「だし茶漬け」用のポットを常設。合宿2日目には、アスリート向けに開発した「エナジーギョーザ」と「コンディショニングギョーザ」を提供し、選手が自身のコンディショニングと向き合うきっかけ作りをしました。

 

 

 

 

 

ブレイキンにおける栄養状況の把握と課題抽出

合宿3日目には、選手の協力の元、その日1日の行動履歴、栄養摂取履歴を記録。今後のサポート方針を模索するための貴重なデータをいただきました。

 

新しいものを取り入れようという姿勢をもった選手が多く、今回学んだ内容を積極的に取り入れている姿がありました。選手からは、「今回学んだことを今後の練習に活かしていきたい」という声が多数上がりました。

 

 

<公益社団法人日本ダンススポーツ連盟ブレイクダンス本部 本部長 石川 勝之氏 コメント>

 

 

今回の夏合宿にて、食事について沢山のことを教えていただきました。意識をして食事をすることで、体調や身体の怠みなどが減っていた様に感じます。レクチャーだけでなく、食前の「飲むおだし」や「アスリートギョーザ」も昼食時にご用意いただきました。アミノバイタルの摂取方法についてもレクチャーしていただき、合宿中では私自身、毎日驚くほど身体が動きました。


常に選手たちがベストパフォーマンスが出せるように、普段から食事について意識づけしていきたいと思いますし、我々も引き続き勉強をしていきたいと思います。

 

 

2022年10月の世界選手権(韓国)に向けて

2022年10月に韓国で行われる世界選手権でも、「ビクトリープロジェクト(R)」メンバーが視察と製品提供を行います。

※10月の世界選手権(韓国)にて「ビクトリープロジェクト(R)」メンバーへの取材をご希望の場合は、

  下記の問い合わせ先へご連絡ください。

 

ブレイキンJAPANをサポートする「ビクトリープロジェクト(R)」メンバー

 

 

上野 祐輝(ウエノ ユウキ)(「ビクトリープロジェクト(R)」チーム ディレクター)

1985年、東京生まれ。大学卒業後、2008年に味の素(株)に入社。営業職を経て2016年より「ビクトリープロジェクト (R) 」 に参加。

担当アスリートは、バドミントン・奥原希望選手、バドミントン日本代表選手団、ハンドボール日本代表選手団、ノルディック複合・渡部暁斗選手など。ブレイキン日本代表及び強化選手のサポートは今回のパートナー契約(2022年7月)よりスタートしている。

 

 

<本件に関するメディアからのお問い合わせ先>

味の素「ビクトリープロジェクト(R) 」PR 事務局(株式会社共同ピーアール内)

担当:清水・伊藤・奥平

TEL:03-6260-4859 MAIL: victoryproject-pr@kyodo-pr.co.jp

 

<オンラインプレスルーム>

https://www.pr-today.net/a00459

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

画像17

  • エリア
    東京都 沖縄県
  • キーワード
    ブレイキン、味の素、ダンス、ビクトリープロジェクト、アスリート、パリ2024オリンピック、ブレイクダンス

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

    過去に配信したプレスリリース