孫基禎生誕100周年記念シンポジウムを開催

明治大学

2012/5/29 18:30

2012年は、ベルリン五輪金メダリスト孫基禎さん生誕100年の年にあたる。明治大学卒業生でもある孫さん生誕100年を記念し、6月9日に明治大学でシンポジウムを開催する。芥川賞作家の柳美里さんや本学OBで元プロ野球選手の広沢克実さんらも参加。孫さんの思想と人生を振り返り返りながら、スポーツの今後を考える。

2012年5月29日

明治大学

孫基禎生誕100周年記念シンポジウムを開催
~芥川賞作家・柳美里さんや元プロ野球選手・広沢克実さん(明大OB)らが参加~
6月9日、明治大学駿河台キャンパスにて

2012年は、ベルリン五輪で金メダルを獲得した孫基禎さん生誕100年の年にあたります。明治大学卒業生でもある孫さんの生誕100周年を記念し、6月9日にシンポジウムを開催いたします。

孫基禎さんは韓国のマラソン選手で、朝鮮半島が日本の統治下にあった1936年のベルリン五輪に、日本選手として出場。2時間29分19秒2のタイムで金メダルを獲得しました。その後、韓国陸上競技連盟会長などを歴任し、韓国スポーツ界の発展に貢献。ソウル五輪(1988年)では聖火ランナーを務めました。明治大学では、その功績を顕彰するため、1995年、孫さんに特別功労賞を贈呈しています。

今回のシンポジウムには、芥川賞作家の柳美里さんや本学OBで元プロ野球選手の広沢克実さんらが参加。孫基禎さんの思想と人生を振り返りかえりながら、スポーツの今後の在り方を考えます。


■日時:6月9日(土)午後2時~5時
■場所:明治大学駿河台キャンパス リバティタワー1階 リバティホール(東京都千代田区神田駿河台1-1)
■主催:孫基禎生誕100周年記念シンポジウム実行委員会
■定員:500名
■申し込み:不要
■参加費:500円(資料代)
■当日プログラム:
<記念式典> 司会 森本 陽美  (明治大学法学部兼任講師)
福宮 賢一 明治大学学長挨拶 (午後2時~午後2時5分)
呉  公  太 韓国民団団長挨拶 (午後2時5分~午後2時10分)
「孫基禎さんの人生 ― その思想と行動」 (午後2時10分 ~ 午後2時40分)
 解説 寺島 善一(明治大学商学部教授)
「孫基禎さんの思い出」(午後2時40分 ~ 午後3時40分)
 森川 貞夫 (日本体育大学名誉教授)
 伊藤  修 (元 東京新聞運動部長・前 中日球団社長)
 柳 美 里 (芥川賞作家)
 金 哲 彦 (前日本陸連女子長距離マラソン強化部長)
<休    憩> 午後3時40分 - 午後3時50分
<シンポジウム> 午後3時50分 - 午後4時50分
「現代のスポーツ・オリンピックが、孫基禎さんの思想と行動から学ぶもの」
 司会  森川貞夫(日本体育大学名誉教授)
 シンポジスト    
  谷口源太郎 (スポーツ評論家)
   伊藤  修 (元 東京新聞運動部長、前 中日球団社長) 
  柳 美 里 (芥川賞作家)
  広沢 克実 (ヤクルト・阪神・巨人球団で活躍、NHKテレビ解説者、明治大学文学部卒)
<親族挨拶> 孫 正 寅 (孫基禎子息、明治大学大学院 経営学研究科修了)
<閉会の辞> 長尾  進 (明治大学副学長、国際日本学部教授)

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

プレスリリース添付画像

孫基禎さんから明治大学に寄贈された兜のレプリカ

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中

過去のリリース