英語で日本の法と法制度を学ぶ“Law in Japan Program”を7/21から開催

明治大学

2014/7/11 14:30

 明治大学法学部は7月28日~8月8日、英語で日本の法律と法制度を学ぶ夏期短期集中講座“Law in Japan Program”を開催する。13の国や地域から21人が参加予定。約2週間にわたって、日本の各法分野に関する基礎知識を授業形式で学ぶほか、地方裁判所や法律事務所など“法の現場”を訪ねる。

2014年7月11日

明治大学

英語で日本の法と法制度を学ぶ

夏期短期集中講座“Law in Japan Program”

7/28~8/8開催、13の国や地域から21人が参加

英語で日本の法律と法制度を学ぶ夏期短期集中講座“Law in Japan Program”が7月28日~8月8日、明治大学駿河台キャンパスなどで開かれます。

明大法学部が主催するこの講座は、2009年にスタートし、今回で6回目を数えます。毎年、世界各国から多くの参加者が集まる人気の講座で、今年はフランス・中国・ブラジルなど13の国や地域から学生や社会人21人を迎えます。参加者たちは、約2週間にわたって、日本の憲法や刑事手続、民事裁判など各法分野に関する基礎知識を明大教員陣ら法律の専門家から授業形式で学ぶほか、フィールドトリップとして地方裁判所や法律事務所、衆議院法制局など“法の現場”を訪ね、司法・立法・企業法務など様々な立場から日本の法について理解を深めます。

---

■Law in Japan Program 2014■

日程:2014年7月28日(月)~8月8日(金)

参加者:アメリカ・カナダ・ブラジル・イギリス・イタリア・ドイツ・フランス・インド・インドネシア・シンガポール・台湾・中国・モンゴルから計21人(予定)

内容:

・講座:司法制度、憲法、法曹制度、知的財産法、裁判手続、民事裁判、国際法、情報法、企業ビジネスと法、労働法、家族法などについて明治大学駿河台キャンパスで講義

・フィールドトリップ:法律事務所、企業法務部門、地方裁判所、刑務所、国会・衆議院法制局などを訪問(予定)

---

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

昨年の様子(キャンパス内の模擬法廷で)

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

過去に配信したプレスリリース