◎2012/13 QS世界大学ランキング

QS Quacquarelli Symonds

2012/9/11 13:55

◎2012/13 QS世界大学ランキング

AsiaNet 50599

【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。

    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。

2012/13 QS世界大学ランキング

マサチューセッツ工科大学がケンブリッジ、ハーバード大を押しのけ初のランキング1位に

www.topuniversities.com

700大学の全ランキングを表示する

Highlights:

- 英国: ケンブリッジ大学 (2) ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン (4) オックスフォード大学(5) インペリアル・カレッジ・ロンドン(6) がトップ10入り;

- アジア: 香港大学(23) シンガポール国立大学(25) 東京大学(30) がアジア圏内トップ大学に -  中国が上位50圏内に2大学ランクインしたのに対し、インドは上位200位から外れる結果に。日本は上位50位圏内に東京大学(30) 京都大(35) 大阪大学(50) の3校、上位200圏内に9校、上位700圏内に34校。

- ヨーロッパ: フランスは全ての大学が昨年より順位を落とし、ドイツは昨年に引き続き上位50圏内にはランクインせず。ロシアは今年2校が新たに加わり、上位700圏内が14校に。

- カナダ: マギル大学(18) に続いてトロント大学(19) が初めて上位20圏内にランクイン。

- オーストラリア: オーストラリア国立大学(24) がメルボルン大学(36) との差を広げ24位に。

ケンブリッジ大学は引き続きトップ大学としての力を見せつけたものの、首位の座はマサチューセッツ工科大学(以下、「MIT」とする)に明け渡す形となった。MITが首位になるのは初めて。

研究所の都である米国マサチューセッツ州ケンブリッジ区(英国ではない)は論文被引用数、教員・学生比率、また外国人教員比率の向上によりトップ大学輩出地として駆り立てられました。

その一つであるハーバード大学は2004~2009年にかけてトップに君臨したいたものの本年度は3位に後退、対照的にMITは2007年の10位から順調に順位を伸ばした。

QS 調査部門主任ベン・サウター氏は、『MITは科学技術の世界的なシフトに乗っ取り、特にアジア圏で顕著な最先端の技術焦点の機関による新しい波・未来像に見事に合致することにより飛躍的な伸びとなった』と述べました。

MITに続きインペリアル・カレッジ・ロンドン(6) カリフォルニア工科大学(10) スイス連邦工科大学ローザンヌ校(13) など工科大学上位10校中9校が順位を上げ、韓国のKAIST (旧称:韓国科学技術院)  (63) は上位100圏内で最大の伸びとなりました。香港のHKUST (香港科技大学) (33) とシンガポールの南洋理工大学(47)も引き続き著しい伸び率を記録。両大学とも設立は過去21年以内。

国際化への急速な加速に伴い上位700圏内には過去最大の72カ国が出揃いました。上位100圏内の大学は2011年に比べ平均で留学生率が1割増し、これは大学ランキング史上最大の伸びとなりました。

サウター氏は『過去に例を見ない国際雇用の加速により、優秀な人材確保に向けた国際競争がさらに活発化。上位500圏内の大学だけで120,000人を超える留学生が記録されており、全世界では400万人を超えると予測されている。』と述べました。

2012/13 QS World University Rankings

PR50599

LONDON, Sept. 11, 2012/ PRN=KYODO JBN/ --

    MIT leapfrogs Cambridge and Harvard as world's number one university

    Top 700 www.topuniversities.com

    Highlights:

    - UK: Cambridge (2), UCL (4), Oxford (5) and Imperial (6) make the top ten;

    - Australia: ANU (24) widens gap with Melbourne (36)

    - Canada: Toronto (19) joins McGill (18) in top 20 for first time

    - Asia: HKU (23) leads NUS (25) and Tokyo (30); no Indian university in top

200 while China has two in top 50: Peking (44) and Tsinghua (48) and other five

in top 200

    - Europe: top nine French universities fall; still no German university in

top 50 despite Excellence Initiative; Switzerland: ETH Zurich (13) leads EPFL

(29): seven universities in top 150

    - Latin America: USP (139) leads UNAM (146) and PUC (195); 42 total in top

700

    - Middle East: Top six all improve, led by King Saud (197) and KFUPM (208),

23 in top 700

     (Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20120528/533559 )

    Cambridge is once again home to the world's number one university. Yet this

year the Massachusetts Institute of Technology, not the UK's second-placed

Cambridge University, takes the crown for the first time.

    The Cambridge, Massachusetts-based research powerhouse is propelled to the

top spot by its superior citation rates and student/faculty ratio, alongside an

increase in international faculty.

    Neighboring Harvard University slips to third, having topped the table

every year between 2004 and 2009. In contrast, MIT has risen steadily up the

rankings from 10th in 2007.

    "The rise of MIT coincides with a global shift in emphasis toward science

and technology", says QS head of research Ben Sowter. "MIT perfects a blueprint

that is now being followed by a new wave of cutting-edge tech-focused

institutions, especially in Asia".

    Nine of the top 10 tech-focused universities improve their position, led by

MIT, Imperial College (6), Caltech (10) and ETH Zurich (13). Korea's KAIST (63)

is the biggest riser in the top 100, while Hong Kong's HKUST (33) and

Singapore's Nanyang Technological University (47) continue their rapid ascent.

Both were founded in the last 21 years.  

    A record 72 countries are featured in the top 700, following a rapid

acceleration in international mobility. The top 100 universities average nearly

10% more international students than in 2011, the biggest single-year increase

in the rankings' nine-year history.

    Sowter states: "The unprecedented acceleration in international recruitment

reflects an escalating global battle for talent. 120,000 more international

students were reported by the top 500 universities this year. Total number of

international students now exceeds 4.1 million globally".

    SOURCE: QS Quacquarelli Symonds

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中