◎コニカミノルタを特許権侵害で提訴 e-Image Data

e-Image Data Corporation

2012/9/25 13:55

◎コニカミノルタを特許権侵害で提訴 e-Image Data

AsiaNet 50771

共同JBN 1225 (2012.9.25)

◎コニカミノルタを特許権侵害で提訴 e-Image Data

【ハートフォード (米ウィスコンシン州) 2012年9月25日PRN=共同JBN】e-Image Dataはこのほど、同社のデジタルマイクロフォーム画像装置に対して認可された特許番号8,269,890 B2号の特許権が侵害されたとして、コニカミノルタ社とその再販業者2社を相手取ってウィスコンシン西部地区連邦地裁に提訴したと発表した。

 (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20111129/CG13756

特許は、世界一流の図書館や民間企業で使われているマイクロフォームスキャナーであるScanPro2000に搭載されているハードウエアを保護している。特許によって保護されているScanPro2000の特許技術は以下の通り:

 *市場において他社製品に比べて顕著にコンパクトな設計

 *あらゆるタイプのマイクロフィルムに対応できる倍率を1枚のレンズで実現

 *光学画像の完全回転

 *光学的倍率の全領域における無段階焦点

e-Image Dataのジェームズ・ウェストビー社長は「わが社は、継続的な技術革新で顧客をデジタルスキャナー技術の最先端に位置づけていることを誇りにしている。自分たちの知的財産を守ることで、当社の顧客に市場で最もダイナミックな製品を提供するために前進し続けることがわれわれの責任だと考えている」と述べた。

今年に入ってから市場に投入されたコニカミノルタのSL1000は、e-Image Dataの特許を侵害する技術を利用していると同社は考えている。当該の技術はScanProの全生産ラインで使用されており、その中にはマイクロフィルム作業における最新製品であるScanPro3000も含まれている。業界で初めて21メガピクセルの画像読み取りを実現し、これまでにない鮮明さとはっきりさを提供するものだ。

ScanPro製品は特許出願中の技術も利用しており、一つの単語が選択されると2次ソースにリンクし、マイクロフィルム上でハイライトされた領域をテキストとしてクリップボードにコピー、他のプログラムでも使用可能にする。またマイクロフィルムの画像を単語検索が可能なPDFに変換することもできるうえ、ユーザーが選んだ単語を見つけ出しマイクロフィルム画像としてハイライト表示する機能もある。「これらの機能は人々がマイクロフィルムを利用するやりかたを根元から変えた」とウェストビー社長は述べた。

e-Image Dataはマイクログラフィック装置の設計、製造、販売で業界をリードしてきた。ScanPro製品ラインは世界の一流図書館や民間の諸機関が選択の対象としている装置である。

ソース:e-Image Data Corporation

▽問い合わせ先:

James Westoby, President, e-Image Data Corporation

+1-262-673-3476

jwestoby@e-imagedata.com

e-Image Data Announces Lawsuit Against Konica Minolta For Patent Infringement

PR50771

HARTFORD, Wis., Sept. 25, 2012 /PRN=KYODO JBN/ --

    e-Image Data has filed a lawsuit against Konica Minolta and two of its

resellers in U.S. District Court for the Western District of Wisconsin for the

infringement on patent number 8,269,890 B2, issued for the company's digital

microform imaging apparatus.

    (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20111129/CG13756 )

    The patent protects the hardware for the ScanPro2000, a microform scanner

used in the world's most prestigious libraries and private companies. The

ScanPro 2000's patented technology allows it to:

    -- Have a significantly more compact design than other units on the market

    -- Use a single lens that includes all the magnifications required for all

       microfilm types

    -- Have full optical image rotation

    -- Provide continuous focus throughout the entire optical

       magnification range.

    "e-Image Data takes pride in our constant innovation and commitment to

keeping our customers at the cutting edge of digital scanner technology," said

James Westoby, president of e-Image Data. "We consider it our responsibility to

protect our intellectual property so that we can continue to move forward in

providing our customers with the most dynamic product on the market."

    Konica Minolta's SL 1000, released earlier this year, features technology

that e-Image Data believes infringes on its patent. The technology is used in

the entire ScanPro line of products, including the ScanPro 3000, the company's

newest innovation for working with microfilm, which brings a 21-megapixel

scanned image to the industry for the first time, providing sharpness and

clarity not previously available.

    The ScanPro products use patent-pending technology to link to secondary

sources when a word is selected, copy highlighted microfilm areas as text to

the clipboard for pasting to other programs, convert microfilm images into

word-searchable PDFs and to find and highlight user-selected words right on the

microfilm image. "These features have forever changed the way people work with

microfilm," says Westoby.

    e-Image Data is the industry leader in the design, manufacture, and

distribution of micrographic equipment. The ScanPro line of products is the

equipment of choice in the world's most prestigious libraries and private

institutions.

    SOURCE: e-Image Data Corporation

    CONTACT:

    James Westoby, President, e-Image Data Corporation

    +1-262-673-3476

    jwestoby@e-imagedata.com

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中