◎マイクロソフトがハードウエア9社を追加 Windows Phoneのパートナー

マイクロソフト

2014/2/24 17:20

◎マイクロソフトがハードウエア9社を追加 Windows Phoneのパートナー

AsiaNet 55933

共同JBN 0214(2014.2.24)

【バルセロナ(スペイン)2014年2月24日PRN=共同JBN】新たなハードウエア・パートナーと世界展開を加速するツール-。

マイクロソフト(Micorsoft Corp.)は23日、新たなWindows Phoneハードウエア・パートナー9社(http://www.microsoft.com/en-us/news/presskits/windowsphone/)と、顧客向けのデバイス・ポートフォリオを拡大し主要市場での成長を加速する新売価格導入につながるツールへの直接アクセスを発表した。マイクロソフトはWindows Phoneのプラットフォームを開発するため従来のパートナー、ノキア、サムスン、HTC、ファーウェイに加え、Foxconn、Gionee、Lava (Xolo)、レノボ、LG、Longcheer、JSR、Karbonn、ZTEとも協力することになった。

(Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20000822/MSFTLOGO

マイクロソフトはこの最新ニュースによりいまや、中国、インド、台湾の大手ブランドとともに、世界10大スマートフォンメーカーのうち7社と提携、アドレス可能な世界市場の56%以上を占める(IDC Worldwide Mobile Phone Tracker, 2013)。顧客はアイコニック製品から廉価版まで、さらに幅広い各種デバイスが市場に出回ることを期待できる。

マイクロソフトのOEM部門を担当するニック・パーカー副社長は「Windows Phoneのエコシステムを拡充する新パートナーを追加できてうれしい。彼らはWindows Phoneの小売価格各層と地理的分布の成長継続に大きく貢献する」と語った。

Windows Phoneは急成長しているスマートフォンの基本ソフト(OS)で、IDCによると、2013年に最大(90.9%)、市場全体の2倍以上の伸びを記録した。

マイクロソフトはまた、Windows Phoneのパートナーが地域、あるいは顧客層特有のニーズに応えられるデバイスを製造できるように、ハードウエアのサポートを充実すると明らかにした。マイクロソフトはQualcomm Technologies Inc.のQualcomm Snapdragon(TM)200、400プロセッサーのサポートを追加する。LTE (TDD/FDD)、HSPA+、EVDO、TD-SCMAなど主な携帯電話テクノロジーのサポートも選択できる。Windows Phoneは特にアジア市場で必須とされるsoft key、dual SIMもサポートする。新対応により、提携先メーカーはWindows Phoneデバイス、大型スクリーンのファブレットなど品ぞろえを多様化するため、容易に従来の設計投資を利用できる。

マイクロソフトはこの日、開発コストを最小化する一方でデバイス製品化を加速するよう設計されたWindows Hardware Partner Portal(http://oem.windowsphone.com)をリリースした。ダイナミックで大量生産のスマートフォン部門の競合、勝利を目指すメーカーにとって、スピードと経済性はとりわけ重要である。Windows Hardware Partner Portalはいま、Windows Phoneプラットフォームを習得、プラットフォーム上の開発プロセスを開始するすべてのスマートフォンデバイスメーカーに開かれている。Windows Phoneデバイスメーカーはまた、Office Mobile、Skype、Xbox、Bing、増えつつあるアプリカタログ、さらに、Windows Phoneを独自にあつらえるLive Tiles、People Hubなどマイクロソフトが市場に提供した有益なサービスを利用できる。

スマートフォンデバイスメーカーがWindows Phoneを含むポートフォリオを素早く簡単に拡大できるようにマイクロソフト とQualcomm Technologiesが協力、さまざまなQualcomm Reference Designs for Snapdragon 200、400プロセッサーを扱うOEMとODMがマイクロソフトのツール、コンテンツ、アダプテーションキットに直接アクセスできるようにする。マイクロソフト とQualcomm TechnologiesはQualcomm Reference Designプログラムを通じて、Windows Phonesの設計、製造を支援するビルディングブロックを提供、マイクロソフトのハードウエア・パートナーはアプリとサービスに基づいて自社製品の差別化に集中することが可能になる。デバイスメーカーは、Windows Phoneプラットフォームが提供する一貫性のある高品質な体験を保ちながらWindows Phoneデバイスをカスタマイズする多数の方法の中から選択できる。デバイスメーカーはWindows Phoneデバイスをカスタマイズするため、Windows Phoneプラットフォームが提供する一貫して高品質の体験を保つ一方、数百の方法から選択することができるようになった。

パーカー副社長は「われわれはパートナーのWindows Phone開発をより簡単、迅速かつ手ごろなものにしつつある」と強調した。

定評あるQualcomm Reference Designプログラムは、Qualcomm Technologiesの優れた技術革新、差別化されたハード/ソフトウエア、エンジニアリング費用を節約する容易なカスタマイズ・オプション、ハードウエアプロバイダーのエコシステムへのアクセス、地域・大手オペレーターの要件に応えるテストおよび受納準備を提供する。

Windows Phoneエコシステムを拡充することによって、モバイルオペレーター、小売りパートナーは、自社ブランド名でホワイトラベルのWindows Phoneデバイスを新たに売り出すことが可能となる。モバイルオペレーターはまた、自社のWindows Phoneデバイス用に顧客満足度、定着率、収益源を高める特注アプリ、サービスをつくるオプションを増やすことができる。

1975年に設立されたマイクロソフト(Nasdaq「MSFT」)は、ソフトウエア、サービスおよびソリューションにおける世界的なリーダーであり、人々や企業が最大の可能性を引き出すためのサポートを行っている。

このプレスリリースに含まれる情報は発売前のソフトウエア製品に関するもので、市販されるまでに大幅修正されるかもしれない。従って、この情報は市販開始時のソフトウエア製品を正確に説明、反映するものではなくなる可能性がある。このプレスリリースは情報目的に限定されており、マイクロソフトはプレスリリースおよびそれに含まれる情報に関し、保証や意見表明、黙示するものではない。

ソース:Microsoft Corp.

▽編集者注意

マイクロソフトの詳しい情報、ニュース、展望はMicrosoft News Center(http://www.microsoft.com/news)を参照。ウェブサイト、電話番号、肩書は公表時点で正しいものだが、変わる可能性がある。さらにアシスタンスが必要な場合、ジャーナリスト、アナリストはマイクロソフトの Rapid Response Teamかhttp://www.microsoft.com/news/contactpr.mspx記載の該当連絡先を参照。

Microsoft Adds Nine Bew Windows Phone hardware partners

PR55933

BARCELONA, Spain, Feb. 24, 2014 /PRN=KYODO JBN/ --

    -- New hardware partners and tools will accelerate global scale.

    Microsoft Corp. on Sunday announced nine new hardware partners for Windows

Phone (http://www.microsoft.com/en-us/news/presskits/windowsphone/) and direct

access to tools that will broaden the portfolio of devices for consumers and

introduce new price points to accelerate growth in key markets. In addition to

existing partners ― Nokia, Samsung, HTC and Huawei ― Microsoft has announced it

is now working with Foxconn, Gionee, Lava (Xolo), Lenovo, LG, Longcheer, JSR,

Karbonn and ZTE to develop on the Windows Phone platform.

    (Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20000822/MSFTLOGO)

    With this latest news, Microsoft is now working with seven of the top 10

smartphone manufacturers in the world in addition to leading brands in China,

India and Taiwan, representing more than 56 percent of the addressable market

globally (IDC Worldwide Mobile Phone Tracker, 2013). Customers can expect to

see an even broader array of devices, from iconic to lower-cost options, coming

to market.

    "We are pleased to add these new partners to our expanding Windows Phone

ecosystem. They will be key contributors to continued growth across price

points and geographies for Windows Phone," said Nick Parker, corporate vice

president of the OEM Division at Microsoft.

    Windows Phone is the fastest-growing smartphone operating system, according

to IDC, and posted the largest increase for 2013 (90.9 percent), more than

doubling the growth of the overall market during the year.

    Microsoft also unveiled expanded hardware support that provides more

flexibility so Windows Phone partners can build devices to meet the unique

needs of their region or customer segments. Microsoft is adding support for

Qualcomm Snapdragon(TM) 200 and 400 processors by Qualcomm Technologies Inc.

with options that support various major cellular technologies, including LTE

(TDD/FDD), HSPA+, EVDO and TD-SCMA. Windows Phone will also support soft keys

and dual SIM, critical requirements particularly in Asian markets. These

changes allow for manufacturing partners to easily leverage existing design

investments to diversify their portfolio to include Windows Phone devices,

including larger screen phablets.

    On Sunday, Microsoft launched the Windows Hardware Partner Portal

(http://oem.windowsphone.com/), which is designed to speed up device

commercialization while minimizing development costs. Speed and economies are

especially important for manufacturers needing to compete and win in the

dynamic high-volume smartphone segment. The Windows Hardware Partner Portal is

now open to all smartphone device manufacturers to learn about and begin the

process to develop on the Windows Phone platform. Windows Phone device

manufacturers will also be able to leverage the great services Microsoft has to

offer in that market, which could include Office Mobile, Skype, Xbox and Bing;

a growing app catalog; and features like Live Tiles and People Hub, which make

Windows Phone so uniquely personal.

    To further help enable smartphone device manufacturers to quickly and

easily broaden their portfolio to include Windows Phone devices, Microsoft and

Qualcomm Technologies are collaborating to give OEMs and ODMs that are working

with the various Qualcomm Reference Designs for Snapdragon 200 and 400

processors direct access to Microsoft tools, content and adaptation kits to

build devices on the Windows Phone platform. With Microsoft and Qualcomm

Technologies, through its Qualcomm Reference Design program, delivering the

building blocks to help design and build Windows Phones, Microsoft hardware

partners will be able to focus on differentiating their offering based on apps

and services. Device manufacturers will now be able to choose from hundreds of

ways to customize their Windows Phone devices while keeping the consistently

high-quality experience that the Windows Phone platform provides.

    "We are making it easier, faster and more affordable for partners to

develop a Windows Phone," Parker said.

    The well-established Qualcomm Reference Design program offers Qualcomm

Technologies' leading technical innovation, differentiated hardware and

software, easy customization options that save engineering costs, access to an

ecosystem of hardware providers, and testing and acceptance readiness for

regional and leading operator requirements.

    The expanded Windows Phone ecosystem will also provide mobile operators and

retail partners with additional opportunities to offer white-label Windows

Phone devices under their own brands. Mobile operators will also have more

options to build custom apps and services for their Windows Phone devices that

increase customer satisfaction, retention rates and revenue streams.

    Founded in 1975, Microsoft (Nasdaq "MSFT") is the worldwide leader in

software, services and solutions that help people and businesses realize their

full potential.

    The information contained in this press release relates to a pre-release

software product that may be substantially modified before its first commercial

release. Accordingly, the information may not accurately describe or reflect

the software product when first commercially released. The press release is

provided for informational purposes only, and Microsoft makes no warranties,

express or implied, with respect to the press release or the information

contained in it.

    SOURCE: Microsoft Corp.

    Note to editors: For more information, news and perspectives from

Microsoft, please visit the Microsoft News Center at

http://www.microsoft.com/news. Web links, telephone numbers and titles were

correct at time of publication, but may have changed. For additional

assistance, journalists and analysts may contact Microsoft's Rapid Response

Team or other appropriate contacts listed at

http://www.microsoft.com/news/contactpr.mspx.

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中