◎Uptime InstituteとTIAがそれぞれの規格体系を明確に切り分けることで合意

Uptime Institute

2014/3/19 10:12

◎Uptime InstituteとTIAがそれぞれの規格体系を明確に切り分けることで合意

AsiaNet 56179

共同JBN 0306  (2014.3.18)

【ニューヨーク、アーリントン(米バージニア州)2014年3月18日PRN=共同JBN】Uptime Institute(http://www.uptimeinstitute.com/)とTelecommunications Industry Association(http://www.tiaonline.org/)(TIA)は18日、データセンターが世界中で計画され、建設され、運用される際にデータセンター設計にとって明確かつ簡潔な語彙(ごい)を確定することによって、データと通信業界の将来に成功をもたらす措置を発表した。Uptime InstituteとTIAの両社は、それぞれのデータセンター・インフラストラクチャー規格体系を永続的に区別することが最善であると考え、TIAは今後ANSI/TIA-942/TIA-942A Standardを改訂し「Tier」の単語を削除する。

Uptime Instituteのジュリアン・クドリツキ最高執行責任者(COO)は「TIAおよびTR-42 エンジニアリング委員会がこの件について快く協力してくれたことを感謝する。規格体系の明確な所有権はその有効性、一貫性、アカウンタビリティーにとって不可欠である。それぞれの専門用語のもつれを解きほぐすことによって、TIAとUptime Instituteの両社はそれぞれが適切とみなすことに基づき、規格およびプログラムの開発を独自に推進することが可能となる。われわれは、この措置がこの問題にとっての持続可能で公共のためになる解決法であると確信する」と語った。

TIAのグラント・サイファート社長は「TIAとUptime Instituteはデータセンター設計の効率を向上させるという考えを共有している。TIAのTR-42エンジニアリング委員会は引き続き、当社の消費者および企業が要望するデータセンターを実現する自発的合意基準を構築、向上させていく。Uptime Instituteとこの件をはじめその他の問題で協力することによって、TIAは通信業界が将来の課題に対処することを支援する最善の方策を行動で示した」と語った。

Uptime Instituteは、データセンターがシステム稼働率の企業要件に関してデータセンター・インフラストラクチャーを効果的に評価する手段の1つとして、1990年代中頃にTier Classification System規格を開発した。Uptime InstituteのTier Classification Systemは、サイト・インフラストラクチャーの予想性能に基づいてユニークでカスタマイズされた標準的な施設を比較する一貫した方法を提供する。

TIAのメンバー企業専門家は長年にわたり、高度な通信ネットワーク開発をサポートする必要性に注力してきた。TIAのTR-42委員会は、構造化されたケーブリングに関する専門的技術で業界をリードしており、われわれの構築環境のすべての分野で堅ろうなネットワークの基礎を築いたのはTIAの設計、着想、構想である。

▽Uptime Instituteについて

451 Groupの子会社であるUptime Instituteは独自思考の指導性、認証、教育、専門サービスを世界中のデータセンター業界に提供する。Uptime InstituteはTier Standard for Data Center Design、Construction、Operational Sustainabilityの開発および世界規模の管理でよく知られている。Uptime Instituteは米国、コスタリカ、ブラジル、英国、スペイン、ドバイ、ロシア、台湾、シンガポール、マレーシアにオフィスを構えている。詳細はウェブサイトwww.uptimeinstitute.comを参照。

▽TIAについて

Telecommunications Industry Association(TIA)は、標準規格の開発、規定と擁護、ビジネスチャンス、市場インテリジェンス、イベント・交流などを通じて、世界中の通信ネットワークのメーカーおよびサプライヤーを代表する。TIAはブロードバンド、モバイル無線、情報技術、ネットワーク、ケーブル、衛星、ユニファイドコミュニケーションのためのビジネス環境を向上させる。メンバーの製品およびサービスは、ヘルスケア、教育、セキュリティー、公共の安全、輸送、政府、軍事、環境、エンターテインメントを含むあらゆる業界および市場の通信を向上させている。詳細はウェブサイトtiaonline.orgを参照。

TIAはAmerican National Standards Institute(ANSI)に認定を受け、ANSIのStandards Boost Businessキャンペーンのスポンサーである。詳細はウェブサイトwww.standardsboostbusiness.orgを参照。

ソース:Uptime Institute

Uptime Institute and TIA agree on clear separation between their respective benchmarking systems to avoid industry confusion and drive accountability

PR56179

NEW YORK and ARLINGTON, Virginia, March 18, 2014 /PRN=KYODO JBN/ --

The Uptime Institute [http://www.uptimeinstitute.com/] and the

Telecommunications Industry Association [http://www.tiaonline.org/ ] (TIA)

today announced steps to bring success to the future of the data and

communications industry by establishing a clear and concise lexicon for the

design of data centers as they are planned, constructed and operated

worldwide.  Both the Uptime Institute and TIA believe that it is in the best

interests of the industry to permanently differentiate their respective data

center infrastructure benchmarking systems and going forward, TIA will revise

the ANSI/TIA-942/TIA-942A Standard to remove the word 'Tier.'

"We appreciate the willingness of TIA and the TR-42 Engineering Committee to

work together on this matter," said Julian Kudritzki, Uptime Institute COO.  

"Clear ownership of a benchmarking system is key to its utility, consistency,

and accountability.  By disentangling our respective terminologies, both TIA

and Uptime Institute are better able to pursue the independent development of

standards and programs as each sees fit.  We are confident that this is the

lasting and public solution for the issue."

"TIA and the Uptime Institute share the vision of greater efficiency to data

center designs.  TIA's TR-42 Engineering Committee will continue to establish

and improve voluntary consensus-based standards that enable the data centers

which our consumers and businesses demand," said Grant Seiffert, President of

TIA. "Working with the Uptime Institute on this and other issues demonstrates

the best aspects of what TIA can do to help the communications industry meet

tomorrow's challenges."

The Uptime Institute created the standard Tier Classification System in the

mid-1990s as a means to effectively evaluate data center infrastructure as it

relates to business requirements for system availability.  The Uptime

Institute's Tier Classification System provides a consistent method to compare

typically unique, customized facilities based on expected site infrastructure

performance, or uptime.

TIA member company experts have long focused on the need to support the

deployment of advanced communications networks.  TIA's TR-42 committee leads

the industry in expertise for structured cabling and it is their designs, ideas

and vision which create the foundation for robust networks in all areas of our

built environment.

About Uptime Institute

Uptime Institute, a division of The 451 Group, provides independent thought

leadership, certification, education and professional services for the global

data center industry. Uptime Institute is best known for its creation and

global administration of the Tier Standard for Data Center Design, Construction

and Operational Sustainability. Uptime Institute has office locations in the

U.S., Costa Rica, Brazil, United Kingdom, Spain, Dubai, Russia, Taiwan,

Singapore, and Malaysia. Visit www.uptimeinstitute.com for more information.

About TIA

The Telecommunications Industry Association (TIA) represents manufacturers and

suppliers of global communications networks through standards development,

policy and advocacy, business opportunities, market intelligence, and events

and networking. TIA enhances the business environment for broadband, mobile

wireless, information technology, networks, cable, satellite and unified

communications. Members' products and services empower communications in every

industry and market, including healthcare, education, security, public safety,

transportation, government, the military, the environment, and entertainment.

Visit tiaonline.org for more details.

TIA is accredited by the American National Standards Institute (ANSI), and is a

proud sponsor of ANSI's Standards Boost Business campaign. Visit

www.standardsboostbusiness.org for details.

SOURCE:  Uptime Institute

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中