「地方創生」元年に企業進出が後押し!ヨネックス株式会社と長岡市が進出協定を締結

長岡市

2015/2/6 18:32

ヨネックス株式会社が新工場建設のため、長岡市と進出協定を締結しました。

2015年2月6日

長岡市

「地方創生」元年に企業進出が後押し!

ヨネックス株式会社と長岡市が進出協定を締結

 新潟県長岡市越路地域に生産拠点を持つヨネックス株式会社が、西部丘陵東地区に進出することが決定し、本日、長岡市と進出協定を締結しました。西部丘陵東地区(産業ゾーン)への進出企業は、同社が第1号となります。

 世界的スポーツ製品メーカーが長岡市内に新たな拠点を整備することは、地方創生の一番の課題である地域経済の活性化、働く場の確保に大きな効果があります。

 今後、西部丘陵東地区からも、高品質かつ高性能なヨネックスブランドのスポーツ製品が世界に向けて発信されます。

 長岡市は、世界を舞台に活躍するヨネックス株式会社に対して、拠点整備における適地の提供をはじめ、事業活動に協力していきます。

1.ヨネックス株式会社の西部丘陵東地区への進出について

 ・高品質の製品を安定して供給するため、新工場建設に向け進出を決定

 ・生産施設のほか、研究施設を併設することによりスピーディーな開発に繋げる

 ・増産に対応する新工場建設用地を年内に取得し、その後、総面積約14ヘクタール

  (東京ドーム約3個分)の用地を取得

2.今後の土地取得予定 ※合計約14ha

 第1回(H27)約1.5ha 第2回(H28)約2.5ha 第3回(H29)約6.0ha 第4回(H30)約4.0ha

3.協定締結日

 平成27年2月6日(金曜日)

4.西部丘陵東地区(産業ゾーン)の概要

(1)位  置  新潟県長岡市高頭町地内

(2)分譲面積  約19ha(第1期エリア)

(3)用途指定  工業地域

(4)分譲価格  8,500円/㎡

(5)経  過  平成19年3月 株式会社スペースネオトピアから用地を取得

         平成21年7月 「準工業地域」から「工業地域」に用途地域を変更

         平成26年8月 第1期エリアの造成工事開始(平成28年度末完了予定)

         ※造成完了区画から順次分譲予定

(6)特  徴 ・10ヘクタール以上の大ロットにも対応

        ・関越自動車道、北陸自動車道につながる長岡ICまで車で5分

        ・企業の希望に応じて区画や面積を調整し分譲が可能

        ・長岡市企業立地促進補助金(用地取得費25%)ほか優遇制度あり

----------------------------------------

ヨネックス株式会社の概要

 設 立 年:1958年(長岡市塚野山で1946年に創業)

 本社所在地:東京都文京区湯島3-23-13

 代 表 者:代表取締役社長 米山 勉

 資 本 金:47億660万円

 売 上 高:428億5,019万円(2014年3月期連結)

 従業員数:1,431人(2014年9月現在)

 事業内容:スポーツ用品(バドミントン、テニス、ゴルフクラブ用品ほか)の製造販売、

      ゴルフ場の運営

 主な拠点:本社、新潟生産本部(長岡市)、東京工場(埼玉県草加市)、大阪、

      名古屋支店、仙台営業所、福岡営業所、札幌営業所、ヨネックスカントリー

      クラブほか

      (関係会社)アメリカ、イギリス、ドイツ、台湾、中国に現地法人

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

米山勉代表取締役社長(左)と森民夫長岡市長

共同記者会見1

共同記者会見2

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中