診療材料収納システム「Relate(リレイト)」新発売

オカムラ

2015/2/26 14:56

株式会社岡村製作所は、医療機関内の診療材料などを、モジュールを統一したトレーを用いてキャビネットやカート間で自由に流通させて管理する、診療材料収納システム「Relate(リレイト)」を2015年3月に発売します。

2015年2月26日

株式会社 岡村製作所

診療材料収納システム「Relate(リレイト)」新発売

医療機関内の診療材料を、統一したモジュールのトレーで管理・運用する収納システムです。

株式会社岡村製作所(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:中村 雅行)は、医療機関内の診療材料などを、モジュールを統一したトレーを用いてキャビネットやカート間で自由に流通させて管理する、診療材料収納システム「Relate(リレイト)」を2015年3月に発売します。病院内の収納物は、診療材料から大量の機器類、紙の書類まで多岐にわたります。施設や部署なども多く、収納物の管理や運用は煩雑になりがちです。「Relate」は、毎日大量に消費する診療材料を、統一したモジュールのトレーを用いて「キャビネット」「ラック」「作業台」「搬送カート」間で管理・運用することができます。限られたスペースを有効に活用して医療スタッフの業務効率を大幅にアップさせ、医療・看護の最前線にスムーズな流れをもたらします。

―「Relate」の概要―

「Relate」は、医療機関内で流通する診療材料などを「キャビネット」「ラック」「作業台」「搬送カート」間で自由に流通できるように、統一したモジュールのトレーを採用しました。国際標準規格(ISO3394)に対応したトレーによって、収納量、使い勝手、作業効率を高め、煩雑になりがちな収納物を管理しやすくします。デザインを統一したオフィス収納と組み合わせることで書類も管理でき、病院全体の業務効率アップに貢献します。

■トレー

トレーは600㎜×400㎜、300㎜×400㎜の2種類のサイズを採用しました。それぞれ200㎜(深型)・110㎜(中型)・50㎜(浅型)の3タイプを取り揃え、用途に合わせて収納できます。透明度の高いポリカーボネート製で、サイドからも収納物を確認できます。強度・耐熱性能にも優れており、長期間にわたって使用できます。トレー内を仕分けられるディバイダー(オプション)や、名称・バーコードなどを表示できるラベルホルダー(オプション)も取り揃えました。

■キャビネット

オカムラのオフィス収納システム「Rectline(レクトライン)」シリーズと同じデザインとモジュールで、高さや奥行を揃えて設置することができます。最下段の収納物も取り出しやすい、ラテラル収納付をラインナップしました。床のほこりなどの侵入を防ぐために、床からラテラル上部までの高さを30cm以上に設計しています。

開き戸の扉は180度開くので、通路をふさがずに収納物を取り出せます。扉の内側に装備した緩衝材で、閉める際の音を最小限に抑えるとともに、隙間から入るほこりも防いで内部を清潔に保ちます。

■ラック

収納物に合わせて棚板タイプ、棚板とトレーのコンビタイプ、フルトレータイプを、保管場所や診療材料の種類などに応じて自由に組み合わせてお使いいただけます。中央診療材料室など、さまざまな種類やサイズのものを大量に保管する場所に最適です。

ラックの高さは1810Hと2150H、幅は660W、1200W、1800Wを品揃えしました。奥行は450㎜のコンパクトな設計で、キャビネットと同一空間で並べて設置することもできます。将来的には部材を活用して組み替えたり、増連することも可能です。

棚板は可動式で、25㎜のスリットピッチで取り付けたい位置に固定できます(最上段を除く)。また輸液ポンプなどの小型医療機器などを充電しながら保管できる、コンセント付の棚板もラインナップしました。

■作業台

医療スタッフの作業効率を考慮し、豊富なサイズバリエーションを揃えました。点滴フックを標準装備したアッ

パーユニットは、各種オプションを組み合わせることによってカスタマイズでき、作業内容に合わせた効率的な環境を構築することができます。

■搬送カート

安定性と耐久性に優れたスチール製の「搬送カート」は、大型キャスターと操作しやすいハンドルで、診療材料を病院内の各部署へスムーズに運搬することができます。天板は、樹脂一体成型で清掃しやすく、エッジを付けたことによって液体がこぼれたり物が転がり落下するのを防ぎます。本体はスチール製のため、側板にマグネットなどを取り付けられます。搬送時のセキュリティに配慮した、施錠できるシャッター扉タイプも品揃えしました。キャスターは、直径130㎜の静音性、走行性に優れた単輪キャスターを採用しました。ハンドル、アクセントラインには5種類のカラーバリエーションを揃えました。病棟やエリアごとで色分けして運用でき、オカムラのスマートナースカート「Karre(カレ)」シリーズともカラーコーディネートできます。

□価格:キャビネット 1810Hオープンタイプ ¥239,600(本体価格)から

            作業台 平台 900W ¥315,300(本体価格)から

            搬送カート ロータイプ オープンタイプ \319,100(本体価格)から

□初年度販売目標:3億円

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

Relate

トレイ6種

Relateキャビネットと、オフィス収納システム「Rectline(レクトライン)」

衛生面に配慮したラテラル収納

トレーを外せばファイルボックスや書類を収納できます

180度開き、開閉音も静かな扉

Relate ラック

トレーのレールを使って棚板に変更できます

スチール製のエンドパネルには、マグネットで表示や掲示ができます

輸液ポンプなどを充電しながら保管できる、コンセント付の便利な棚板

Relate 作業台

多彩なオプションが付けられ、点滴の混注作業などに便利なアッパーユニット 

Relate 搬送カート

しっかり握れるサイズの大型ハンドルと、エッジがありものが落ちにくい天板

マグネットを付けられるスチール製の本体

静音性・走行性に優れた大型キャスター

5色のカラーバリエーション。ナースカートなどともカラーコーディネートできます

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中