Web会議用音声コミュニケーションツール「TALKHUB(トークハブ)」を発売

オープンスペースで音漏れを気にせずWeb会議が可能 オカムラ独自の音声制御技術による新たなソリューション

オカムラ

2022/4/27 16:00

2022年4月27日

株式会社オカムラ

Web会議用音声コミュニケーションツール「TALKHUB(トークハブ)」を発売

オープンスペースで音漏れを気にせずWeb会議が可能

オカムラ独自の音声制御技術による新たな音環境のソリューション

 

 

株式会社オカムラ(本社:神奈川県横浜市、代表取締役 社長執行役員:中村 雅行)は、オープンスペースで音漏れを気にせずWeb会議が可能となるWeb会議用音声コミュニケーションツール「TALKHUB(トークハブ)」を2022年4月より発売します。

パソコンとウェアラブルマイクスピーカーを「トークハブ」に接続し、オカムラ独自の音声制御技術により音漏れやハウリングなどの音トラブルを防止、高音質で快適なWeb会議を実現します。

 

新型コロナウイルス感染拡大によりテレワークが広がり、Web会議が急速に普及しました。Web会議が増える一方、個室の数は限られているため、オープンスペースでWeb会議を行うことも多くなっています。

Web会議では、置き型マイクスピーカーの音声が周囲に聞こえる、マイクが周囲の音を拾う、ハウリングが起こる、置き型マイクスピーカーに向かって大きな声を出す必要があるなど多くの問題があり、結果として声が聞き取りにくく、コミュニーケーションが円滑に進まないという音に関する課題があります。

 

「TALKHUB(トークハブ)」は、オカムラ独自の音声制御技術により、音漏れやハウリングなどの音トラブルを防止して、高音質で快適なWeb会議を実現するWeb会議用音声コミュニケーションツールです。1台のパソコンにUSB接続するだけで、ウェアラブルマイクスピーカーを最大6つ、同時にBluetooth®接続することができます。ウェアラブルマイクスピーカーは、ネックスピーカーのほか、インナーイヤー型のマイクスピーカーも使用可能です。ウェアラブルマイクスピーカーを使用することで、音声を聞くスピーカーが耳元にあるため音声が周りに広がらず、聞き取りやすさが向上します。マイクは口元にあるため、ささやく音量で相手に声が伝わり、周りの音声もマイクに入りません。音声トラブルのハウリングやエコーも「トークハブ」が自動で除去します。周囲への音漏れや周囲の音声による相手の聞き取りにくさを気にせずに、オープンスペースでも快適な環境でWeb会議が行えます。

Web会議における音に関する新しいソリューションとして、快適な音環境を実現します。

 


 


 

Web会議用音声コミュニケーションツール「TALKHUB(トークハブ)」の特徴

■オカムラ独自の音声制御技術(特許出願中)

オカムラ独自の音声制御技術により複数のウェアラブルマイクスピーカーを接続し、双方向での音声処理を可能にしています。複数のマイク、スピーカーの音声信号をBluetooth接続で送受信して、最適な音声信号として1つの信号にまとめ、パソコンに連携します。これにより、Web会議でのハウリングやエコー、音漏れ課題を解決でき、高音質で快適なWeb会議を実現できます。

 

■ウェアラブルマイクスピーカーを使用することでWeb会議における音に関する課題を解決

ウェアラブルマイクスピーカーを使用することで、音声を聞くスピーカーが耳元にあるため音声が周りに広がらず、聞き取りやすさが向上します。マイクも口元にあるので、ささやく音量で相手に声が伝わり、周りの音声もマイクに入りません。オカムラ独自の音声制御技術により、音声トラブルのハウリングやエコーも「トークハブ」が自動で除去します。周囲への音漏れや周囲の音声による相手の聞き取りにくさを気にせずに、オープンスペースでもWeb会議が可能です。

 


 

■簡単接続・設定

「トークハブ」はパソコンとUSBケーブルで接続し、ウェアラブルマイクスピーカーとBluetoothで接続します。

ウェアラブルマイクスピーカーをBluetoothペアリング待機状態にし、「トークハブ」本体をパソコンとUSB接続するだけでウェアラブルマイクスピーカーとのペアリングが完了します。パソコンのWeb会議ツール使用時のマイクとスピーカー設定で「トークハブ」を選択し、接続・設定操作は完了です。

ウェアラブルマイクスピーカーは最大6つ、同時にBluetooth接続することができます。ウェアラブルマイクスピーカーは、ネックスピーカーのほか、インナーイヤー型のマイクスピーカーも使用可能です。

 


■機能

「トークハブ」には、高音質で快適なWeb会議を実現する機能があります。本体のボタンで操作します。

・インナーイヤー型用ボタン

インナーイヤー型のマイクスピーカーを使用する際は耳がふさがるため、同じ空間にいる会議参加者の発言が聞き取りにくくなるのを防ぐための機能です。同じ空間の会議参加者のマイクから発言した声をしっかりと聞き取ることができます。

・マイクノイズカットボタン

会議参加者の音声品質を維持したまま、マイクに入る音から雑音をカットします。


 

■主な仕様

本体サイズ:W140×D140×H60.5(mm)

価格(税抜き):198,000円

定格:5V×0.4A(2W)

通信方法:Bluetooth® Ver.4.1

最大通信距離約:10m(障害物がない見通しの良い環境の場合)

対応プロファイル:Hand Free Profile Audio Gateway(HFP AG ver.1.6)

コーデック:mSBC、CVSD

使用温度範囲:5℃〜50℃

外装材質:ABS樹脂

本体色:ホワイト

付属品:取扱説明書、USBケーブル(A to C-type)

別売:ウェアラブルマイクスピーカー、ウェアラブルマイクスピーカー用充電器

 

 

□オカムラウェブサイト 「TALKHUB」スペシャルサイト

https://www.okamura.co.jp/product/others/talkhub/sp/

 

 

※Bluetooth®ワードマークおよびロゴは登録商標であり、Bluetooth SIG, Inc. が所有権を有します。

 

 

 

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

01_Web会議用音声コミュニケーションツール「TALKHUB(トークハブ)」

02_使用イメージ

03_シーンイメージ

04_接続構成

05_ボタン説明

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中