「記憶に残る透明サイダー」を共同研究

金沢工業大学

2015/4/20 13:30

金沢工業大学感動デザイン工学研究所では、サッポロビール株式会社とポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社と共同で「記憶に残る透明サイダー」をテーマに味覚研究を行いました。

2015年4月20日

金沢工業大学

金沢工業大学感動デザイン工学研究所と

サッポロビール、ポッカサッポロフード&ビバレッジの3者が

「記憶に残る透明サイダー」を共同研究

金沢工業大学感動デザイン工学研究所(所長 神宮英夫 心理情報学科教授)では、サッポロビール株式会社とポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社と共同で「記憶に残る透明サイダー」をテーマに味覚研究を行いました。  

金沢工業大学感動デザイン工学研究所は、「もう一度使ってみたい」「もう一度飲んでみたい」といった、人に感動をもたらす優れた製品開発に企業と共同で取り組んでいます。人が感動したとき、どのような生体反応を示すのか、光トポグラフィーやサーモグラフィ、心電図や筋電計などを用いて数値を測定し、感動の評価システムを確立することで、「消費者の心を揺さぶる製品開発」を目指しています。

今回、『Ribbonシトロン』のリニューアルに際し、100年以上の歴史ゆえに持たれる「甘いイメージ」を払拭し、お客様が「また飲みたい」と思っていただけるような記憶に残る味わいを目指すこととなり、当研究所を中心に味覚研究を行いました。

研究の中で行われた様々な実験から、「酸味」が記憶に残りやすい味覚の鍵となる可能性が示されました。

この成果をもとに、『Ribbonシトロン』は、酸味の調整と、新しく“初摘みのレモンの香り”を加えて爽快感をアップさせる改良を行い、甘さの感じ方を抑えた味わいに見直されました。当研究所の味覚研究が反映された商品は、ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社より、2015年4月27日(月)から全国で新発売されます。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

リニューアルした「Ribbonシトロン」

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中

過去のリリース