小池龍之介 特別講演会 「自分を知る仏教心理学」

放送大学

2016/1/27 12:02

この度放送大学では、僧侶で著作家の小池 龍之介 氏(山口市正現寺住職・鎌倉市月読寺住職)を迎え、特別講演会 「自分を知る仏教心理学」を開催いたします。(日時:2月21日(日)、場所:放送大学東京文京学習センター)

2016年1月27日

放送大学

小池龍之介 特別講演会 「自分を知る仏教心理学」(2月21日開催)

この度放送大学では、僧侶で著作家の 小池 龍之介 氏を講師に迎え、特別講演会 「自分を知る仏教心理学」を開催いたします。

【講師による講演内容概要】

「仏教では、見えるもの、聞こえるものや身体の感覚、そして思考といったセンスデータを受け取り、どのようにそのデータを処理するかのプロセスを心の働きとみなしています。そのデータ処理が自分や他人を苦しめる方向で働いている場合、それを煩悩と名づけ分類、分析をしているのです。欲・怒り・無知・自己主張・比べること、といった代表的煩悩を解説しながら、己の心の本質を理解する手助けをいたしましょう。」

【講演会概要】

日時:2016年2月21日(日) 13:30開場 14:00開講

会場:放送大学東京文京学習センター B1F多目的講義室1 (東京都文京区大塚3-29-1、東京メトロ 丸の内線 茗荷谷駅近く)

主催:放送大学 広報課

参加申し込み方法:HPから( http://www.ouj.ac.jp/hp/o_itiran/tokubetu/20160221.html )

※定員に達し次第、締切らせていただきます。

※受講料などは必要ありません(無料)

【講師概略】

1978年生まれ。山口県出身。東京大学教養学部卒。山口市正現寺住職・鎌倉市月読寺住職。著作物に「しない生活」(幻冬舎新書)、「『自分』を浄化する座禅入門」(PHP文庫)、「考えない練習」(小学館文庫)、「煩悩フリーの働き方」(角川文庫)、「超訳ブッダの言葉」(ディスカバー・トェンティワン)、ほか多数。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中