海外教育機関2000校以上が授業料支払いでUnionPay(銀聯)カードを受け入れ

銀聯国際(UnionPay International)

2016/7/4 13:09

海外教育機関2000校以上が授業料支払いでUnionPay(銀聯)カードを受け入れ

AsiaNet 64992(0818)

【上海(中国)2016年7月1日新華社=共同通信JBN】

*銀聯国際(UnionPay International)が海外留学生向けの支払いサービスを拡充

UnionPay(銀聯)の海外留学生向け支払いサービスは、授業料納入から日常生活のあらゆる側面にまで拡充されている。銀聯国際(UnionPay International)はこのほど、米国、カナダ、オーストラリア、英国、ニュージーランド、シンガポールなど人気のある国々の有名校を含む2000校以上の海外教育機関が現在、UnionPay(銀聯)カードによる授業料支払いを受け入れていると発表した。

公的データによると、中国人留学生は2015年に50万人を超え、前年比で約14%伸びた。米国、英国、カナダ、オーストラリアでは、中国が留学生の最大出身国になっている。このような背景から、銀聯国際(UnionPay International)は引き続き留学生向け決済サービスを拡充している。

▽便利で安全なオンライン海外授業料決済

UnionPay(銀聯)カードを利用した授業料のオンライン支払いは便利で、送金は3営業日以内に完了する。UnionPay(銀聯)のオンライン決済は多角的な安全・リスク管理措置を取っており、海外オンライン決済の安全性を保証している。

学生と親は幾つかの授業料決済プラットフォームにログインし、UnionPay(銀聯)のデビットカードやクレジットカードで授業料を支払うことができる。例えば北米、欧州、オーストラリアでは、peerTransferは700校以上、Western Unionは400校以上の教育機関をカバーしている。台湾の大手銀行5行の授業料決済プラットフォームは地元の単科・総合大学の70%以上をカバーしている。

銀聯国際(UnionPay International)はTMSやTouchNetなどの第3者機関との提携を通じ、700校を超える機関の公式決済ウェブページがUnionPay(銀聯)のクレジットカードを受け入れることを可能にしている。

▽留学生のあらゆる側面をカバーする支払いサービス

UnionPay(銀聯)の支払いサービスは今や、留学生の日常生活のあらゆる側面をカバーしている。人気のある国々ではUnionPay(銀聯)カードを利用すると便利である。例えば米国では、ほぼ全てのATMが現金引き出しでUnionPay(銀聯)カードを受け入れ、小売業者の80%がUnionPay(銀聯)クレジットカードのサイン決済を許容している。これらの小売業者には大手のデパート、スーパーマーケット、レストランが含まれる。

UnionPay(銀聯)の支払いサービスはまた、多様な教育関連の支払いシナリオに対応している。キャンパスのPOS端末で授業料や教科書代、宿泊費を支払うこともできる。校内の書店、学生サービスセンター、学生寮、図書館の多くもUnionPay(銀聯)カードを受け入れている。

海外でのUnionPay(銀聯)カードの利用には多くの利点がある。学生は多額の現金を持ち歩く必要がなく、外貨を購入したり、送金したりする必要もない。実家の親は海外にいる子どもの支出を知ることができる。学生は40以上の国・地域でUnionPay(銀聯)カードの発行を申請し、160カ国・地域でUnionPay(銀聯)が提供している簡便な支払いと独自の特典を享受することができる。

詳しい情報はウェブサイトhttp://www.unionpayintl.com/ を参照。

ソース:UnionPay International

Over 2000 Overseas Educational Institutions Accept UnionPay Cards for Tuition Payment--UnionPay International improves its payment service for students who study abroad

PR64992

SHANGHAI, China, July 1, 2016 /Xinhua=KYODO JBN/--

UnionPay's payment service for students who study abroad is extending from

tuition payment to all aspects of daily life. On July 1st, UnionPay

International announced that now over 2,000 educational institutions overseas

accept UnionPay cards for tuition payment, covering well-known schools in

popular destinations, including US, Canada, Australia, UK, New Zealand and

Singapore.

According to public data, the number of Chinese students who study abroad has

exceeded 500,000 in 2015, with a year-on-year growth of about 14%. China is now

the largest source country of international students for the US, the UK,

Canada, and Australia. In this context, UnionPay International keeps improving

its payment service for these students.

Convenient and secure online cross-border tuition payment

It is convenient to pay tuition via UnionPay cards online. Remittance can be

completed within 3 working days. UnionPay online payment adopts multiple

security and risk management measures to guarantee the security of cross-border

online payment.

Students and their parents can log onto several tuition payment platforms to

pay tuition via UnionPay debit and credit cards. For example, peerTransfer

covers over 700 and Western Union covers over 400 educational institutions in

North America, Europe, and Australia. The tuition payment platforms of five

mainstream banks in Taiwan cover over 70% of the local colleges and

universities.

Through cooperation with third-party institutions like TMS and TouchNet,

UnionPay International enabled over 700 institutions' official payment webpages

to accept UnionPay credit cards.

Payment services cover all aspects of students' life abroad

UnionPay's payment service now covers all aspects of students' daily life

abroad. In popular destinations, it is convenient to use UnionPay cards. In the

US, for instance, almost all ATMs accept UnionPay cards for cash withdrawal and

80% of merchants accept UnionPay credit cards for signature payment. These

merchants include major department stores, supermarkets and restaurants.

UnionPay's payment service also covers multiple educational payment scenarios:

to pay tuition at POS terminals on campus, to pay for textbooks and

accommodation. Many campus bookstores, student service centers, student

dormitories and libraries also accept UnionPay cards.

Using UnionPay cards abroad has many advantages: Students do not need to carry

large amount of cash, nor do they need to purchase or remit foreign currencies.

Students' parents back home can know about their children's spending abroad.

Students can apply for UnionPay cards in over 40 countries and regions, and

enjoy payment convenience and exclusive privileges offered by UnionPay in 160

countries and regions.

For more information: http://www.unionpayintl.com/

Source: UnionPay International

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中