大英博物館で、長岡の火焔型土器を常設展示

長岡市

2016/9/30 16:30

2016年9月30日

大英博物館で、長岡の火焔型土器を常設展示

長岡市が所蔵する火焔型土器が英国の大英博物館で常設展示されます。

これは同館側から、日本セクションの一部(縄文時代部分)をリニューアルする際に

火焔型土器を展示してほしいとの要請を受けたものです。

また、常設展示に先立ち、在英国日本大使館でプレ展示会とオープニング行事も開催。

長岡の誇る火焔型土器と縄文文化をロンドンから世界に向けて発信します。

■大英博物館での常設展示と関連行事

1 展示資料 火焔型土器など4点(長岡市岩野原遺跡他出土)

2 展示期間 10月14日(金)から3年間

3 展示場所 大英博物館日本ギャラリー(ルーム92)の縄文時代部分

4 関連行事

 【1】在英国日本大使館でのプレ展示会「火炎土器~縄文の遺産」

 ①期間 10月3日(月)~12日(水)

 ②会場 在英国日本大使館(ロンドン)

 ③内容 ・大英博物館に常設展示される火焔型土器など4点の先行公開

     ・長岡市や縄文文化の特色もパネルなどで紹介

 【2】火焔土器(馬高遺跡出土の国重要文化財)のレプリカ贈呈

 ①日時 10月3日(月)午後10時(現地時間:同日午後2時)

 ②会場 大英博物館(ロンドン)

 ③内容 高橋譲・長岡市教育長と関正史・市議会議長がジョナサン・ウイリアムス

     副館長と面談し、記念品の火焔土器のレプリカ、火焔土器のマンホールの

     ふたなどを贈呈

 【3】在英国日本大使館でのオープニング行事(レクチャー及びレセプション)

 ①日時 10月4日(火)午前2時30分~4時30分

     (現地時間:10月3日(月)午後6時30分~8時30分)

 ②会場 在英国日本大使館(ロンドン)

 ③内容 國學院大學・小林達雄名誉教授による記念講演

 ④出席者 加藤元彦特命全権公使、長岡市教育長、市議会議長ほか

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中