「ESRIジャパン データコンテンツ」をリリース

ESRIジャパン

2016/11/1 11:00

ESRIジャパン株式会社は、「ESRIジャパン データコンテンツ」を、2016 年 11 月 1 日(火)にリリースしました。本製品は、ArcGIS ですぐに使える GIS データ製品です。これまで「ArcGIS データコレクション」と総称していましたが、今年から名称を「ESRIジャパン データコンテンツ」として、製品群を再編しました。

2016年11月1日(火)

ESRIジャパン株式会社

「ESRIジャパン データコンテンツ」をリリース

地理情報システム(GIS)ソフトウェア国内最大手*1のESRIジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:正木千陽)は、「ESRIジャパン データコンテンツ」を、2016 年 11 月 1 日(火)にリリースしました。

「ESRIジャパン データコンテンツ」は、ArcGIS ですぐに使える GIS データ製品群です。従来、ESRIジャパンから提供する GIS データ製品群は「ArcGIS データコレクション」と総称しておりましたが、「ESRIジャパン データコンテンツ」として、製品群を再編しました。

「ESRIジャパン データコンテンツ」は、背景地図・住所・道路ネットワーク・地形などの基盤データを提供する「ArcGIS Geo Suite」、さまざまな統計・推計データを提供する「ArcGIS Stat Suite」、気象などのオンラインサービスを提供する「Online Suite」の 3 つの Suite と、各 Suite や ArcGIS への入口である「スターターパック」から構成されます。ArcGIS を活用する上で必要なデータをすぐに入手することができ、データ構築に必要なコストを大幅に削減できます。

■「ESRIジャパン データコンテンツ」の詳細はこちら:

http://www.esrij.com/products/data-content/

*1 矢野経済研究所調べ

【ESRIジャパン株式会社について】

本社所在地:東京都千代田区平河町2-7-1 塩崎ビル

設立:2002年4月

代表者:代表取締役社長 正木 千陽

資本金:5,000万円

URL: http://www.esrij.com/

事業内容:GISソフトウェアの販売、及び関連サービス(保守、トレーニング、コンサルティングサービス)の提供

【Esri社について】

Esri社(本社:米カリフォルニア州レッドランズ市)は、1969年以来、地理的な視点で考え、計画する力を世界中のユーザーに提供しています。GISマーケットのリーダーとして、Esri社製GISソフトウェアは、米国内の主要200都市をはじめ、各国の政府機関、世界の一流企業350社以上、7,000校を超える大学など、世界30万以上の企業・団体で利用されています。Esri社のアプリケーションは、100万台以上のデスクトップと数千にもおよぶウェブサイト、統合型サーバーで稼働し、世界のマッピングと空間分析のバックボーンを担っています。Esri社は、デスクトップ、モバイル、インターネットプラットフォーム向けの総合的なソリューションを提供するベンダー企業です。(Esri社http://www.esri.com/ )

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • 名称 ESRIジャパン株式会社
  • 所在地 東京都
  • 業種 ソフトウエア・SI
  • URL https://www.esrij.com/

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中