Lamor Corporationとロスネフチが石油流出対策機器製造で協力協定

Lamor Corporation

2017/4/4 13:19

Lamor Corporationとロスネフチが石油流出対策機器製造で協力協定

AsiaNet 68036 (0491)

【ポルボー(フィンランド)2017年4月3日PR Newswire=共同通信JBN】Lamor Corporationとロシアの石油最大手ロスネフチ(Rosneft)は3日、ロシアのアルハンゲリスクで開かれた第4回国際北極フォーラムで協力協定を結んだ。

(Logo: http://mma.prnewswire.com/media/484915/Lamor_Logo.jpg

(Photo: http://mma.prnewswire.com/media/484916/Fred_Larsen_Andrey_Shishkin.jpg

この提携関係は、北極地域の石油流出対策(OSR)機器の製造をロシアで現地化する見通しを評価する。製造の現地化は、2025年までに少なくとも70%になると予測しており、そのための機器はロスネフチの船舶建造施設で製造される。双方は特定の浮遊機器、海上・地上での流出石油回収、オイルフェンスとともにその他機器・部品の共同製造の確立を目指す。

Lamor Corporationのフレッド・ラーセン社長兼最高経営責任者(CEO)は「われわれはロスネフチとチームを組むことを非常に喜んでいる。長年にわたるパートナーとして、われわれは過去20年、ロスネフチの製造資産向けOSR機器を供給してきた」と語った。

ラーセン氏はさらに「われわれはロシアにサービスセンターを持ち、OSR機器とサハリンのEcoshelfおよびサンクトペテルブルクのEcoshelf-Baltikaに対する保守とサポートを18年間提供してきた。ロスネフチとの共同生産により当社のロシア市場でのプレゼンスは新段階に入る」と語った。

ロスネフチは、ロシア連邦の大陸棚に対する最大手のライセンス所有者である。同社は55のライセンス(うち北極圏大陸棚に28のライセンス)を保有し、総面積100万平方キロ以上をカバーしている。好ましい環境ともろい海上エコシステムの生物多様性の保護は、同社業務の基本的な原則の1つである。地質学的調査には、気象、氷の状態、氷の流れ、動物系の特質、関連する分野に関する一連の詳細な環境研究が先行する。ロスネフチは、主として緊急事態の防止を目的として、環境上の安全に対するシステム・アプローチ手段を保有している。

今回の協定に従って、Lamorとロスネフチは、ロスネフチのプロジェクトと第三者顧客のための機器を製造する。

▽問い合わせ先

Fred Larsen

President & CEO, Lamor Corporation

fred.larsen@lamor.com

tel: +359-400-906-311

http://www.lamor.com

Rosneft Information Division

tel: +7-499-517-8897

http://www.rosneft.com

ソース:Lamor Corporation

Lamor Corporation and Rosneft Sign Cooperation Agreement

PR68036

PORVOO, Finland, April. 3, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

    

    Lamor Corporation and the Russian oil giant Rosneft signed a Cooperation

Agreement at the IV International Arctic Forum, in Arkhangelsk, Russia.

         (Logo: http://mma.prnewswire.com/media/484915/Lamor_Logo.jpg )

         (Photo:

http://mma.prnewswire.com/media/484916/Fred_Larsen_Andrey_Shishkin.jpg )

    The partnership will evaluate prospects of localizing production of oil

spill response (OSR) equipment and machinery in Russia for the Arctic region.

Localization of production is forecasted to be at least 70% by 2025, and the

equipment will be manufactured at a Rosneft shipbuilding facility. The parties

aim to establish joint production of specialized floating crafts, equipment for

oil spill recovery at sea and on land, oil containment booms, as well as other

equipment and components.

    "We are very pleased to team up with Rosneft. As long-standing partners, we

have been supplying OSR equipment for Rosneft's production assets for the past

20 years," stated Fred Larsen, President and CEO of Lamor Corporation.

    "We have service centers in Russia to provide maintenance and support for

OSR equipment, Ecoshelf in Sakhalin and Ecoshelf-Baltika in St. Petersburg,

that have been in operation for 18 years. Joint production with Rosneft takes

our presence in the Russian market to another level," said Larsen.

    Rosneft is the largest license holder on the continental shelf of the

Russian Federation. The company holds 55 licenses (28 of them at the Arctic

shelf) that cover a total area of more than 1 million square kilometers.

Preservation of a favorable environment and biological diversity of fragile

marine ecosystems is a fundamental principle of the company's operations.

Geological exploration is preceded by a series of detailed environmental

studies on weather, ice conditions, ice flow, characteristics of the fauna, and

related fields. Rosneft has a system approach to environmental safety aiming

primarily at prevention of emergency situations.  

    In accordance with the agreement, Lamor and Rosneft will manufacture

equipment for Rosneft projects as well as third-party customers.

    For more information, please contact:

    Fred Larsen, President & CEO, Lamor Corporation, fred.larsen@lamor.com,

tel: +359-400-906-311, http://www.lamor.com

    Rosneft Information Division, tel: +7-499-517-8897, http://www.rosneft.com

SOURCE: Lamor Corporation

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中