バイドゥとマイクロソフトがインテリジェントクラウドで提携、自動運転開発を加速

マイクロソフト

2017/7/19 10:34

バイドゥとマイクロソフトがインテリジェントクラウドで提携、自動運転開発を加速

AsiaNet 69357 (1078)

【レドモンド(米ワシントン州)2017年7月19日PR Newswire=共同通信JBN】マイクロソフト(Microsoft Corp.)とバイドゥ(Baidu Inc.、NASDAQ:BIDU)は19日、自動運転の技術開発と世界規模での導入を目指し提携する計画を発表した。Apolloアライアンスのメンバーであるマイクロソフトは、同社のMicrosoft Azureクラウドを中国国外のApolloに提供することでグローバル規模の展開が可能になる。

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/24227/microsoft_corp_logo226_9217jpg.jpg

マイクロソフトのコーポレート・バイスプレジデントであるケビン・ダラス氏は「バイドゥと提携し、自動車メーカーとサプライヤーが自動運転という約束を完全に実現する支えとなるための巨大な一歩を踏み出すことを大変うれしく思う。今日の車両はデータ取得においてすでに極めて高水準に達している。われわれの世界規模のクラウドAI、機械学習、多層構造のニューラルネットワーク能力をそのデータに応用することで、現在進行中の自動運転車両の安全化作業を加速できる」と述べた。

マッキンゼーによると、2030年に販売される新車台数の最大15%が完全自動運転車となる見込みで(注1)、これは共通の目標に向けて協力する複数のパートナーのエコシステムの必要性を高める。バイドゥが今年4月に発表したApolloは、自動運転車両のすべての主要な特徴・機能をサポートする包括的かつ安全で信頼性の高いソリューションを提供するオープンプラットフォームである。そのスケールと複雑性を示すため歴史に残る月面着陸計画にちなんで名付けられたこの計画は、クラウドサービス、オープンソフトウエア・スタック、レファレンス・ハードウエアおよび車両のプラットフォームから成る。マッピング・サービスプロバイダーのTomTom、ティア1サプライヤーのボッシュおよびコンチネンタル、東南アジアの大手配車サービスGrabなど、幅広い分野から50社を超えるパートナーがアポロ計画に参画している。

バイドゥのヤ・チン・チャン社長は「マイクロソフトをApolloアライアンスに迎えることができ大変喜んでいる。Apolloのゴールは、自動車業界が自動運転車両というゴールへまい進するためのオープンで強力なプラットフォームを提供することである。Azureを利用することで中国国外のパートナーは信頼性が高く安全なパブリッククラウドにアクセスすることができ、独自のクラウドベースのインフラを構築する代わりに革新に専念できる」と述べた。

マイクロソフトはすでに、メーカーがコネクテッドビークルから得る大量のセンサーデータおよび利用データを取り込み、そのデータを実用的な情報提供に応用する支援のため自動車業界の複数のリーダーと協力している。BMW、フォード、ルノー・日産アライアンス、トヨタ自動車、ボルボなどの企業はいずれも、運転者支援、予知保全、ボイスコントロールメディアなどのサービスにマイクロソフトのインテリジェントクラウド技術を使用中または導入する計画を発表している。

パートナーシップの一環としてバイドゥとマイクロソフトは、自動運転業界のデジタル・トランスフォーメーションを目指すコネクテッドビークル・ソリューションと独自の顧客体験を提供する機会を探る計画である。

▽バイドゥについて

バイドゥ(Baidu, Inc.)は大手の中国語インターネット検索サービスプロバイダーである。バイドゥはテクノロジーによって、複雑な世界をユーザーおよび企業にとってシンプルなものにすることを目指す。バイドゥのADS(米国預託株式)はティッカーシンボル「BIDU」を使ってNASDAQ Global Select Marketで取引されている。現在ADs10単位がクラスA普通株1株に相当する。

▽マイクロソフトについて

マイクロソフト(Nasdaq "MSFT" @microsoft)はモバイルファースト、クラウドファーストの世界向けのプラットフォームおよびプロダクティビティーをリードする企業であり、そのミッションは世界のすべての人、すべての組織がより多くを実現することを支援する。

(注1)

http://www.mckinsey.com/~/media/mckinsey/industries/high%20tech/our%20insights/disruptive%20trends%20that%20will%20transform%20the%20auto%20industry/auto%202030%20report%20jan%202016.ashx

ソース:Microsoft Corp.

Baidu and Microsoft join forces in the intelligent cloud to advance autonomous driving

PR69357

REDMOND, Washington, July 19, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

Microsoft Corp. and Baidu Inc. (NASDAQ: BIDU) today announced plans to partner

in order to take the technical development and adoption of autonomous driving

worldwide. As a member of the Apollo alliance, Microsoft will provide global

scale for Apollo outside of China with the Microsoft Azure cloud.

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/24227/microsoft_corp_logo226_9217jpg.jpg

"We're excited to partner with Baidu to take a giant step in helping automotive

manufacturers and suppliers fully realize the promise of autonomous driving,"

said Kevin Dallas, corporate vice president, Microsoft. "Today's vehicles

already have an impressive level of sophistication when it comes to their

ability to capture data. By applying our global cloud AI, machine learning, and

deep neural network capabilities to that data, we can accelerate the work

already being done to make autonomous vehicles safer."

According to McKinsey, up to 15 percent of new cars sold in 2030 will be fully

autonomous,(1) which fuels the need for an ecosystem of partners to collaborate

in support of a common goal. Announced by Baidu in April this year, Apollo is

an open platform that provides a comprehensive, secure and reliable solution

that supports all major features and functions of an autonomous vehicle. The

project, named after the historic lunar landing program to illustrate its scale

and complexity, consists of cloud services, an open software stack, and

reference hardware and vehicle platforms. More than 50 partners from a wide

range of sectors have joined the Apollo alliance, including global navigation

and mapping service provider TomTom, tier-one suppliers Bosch and Continental,

and Southeast Asia's leading ride-hailing platform Grab.

"We are excited to have Microsoft as part of the Apollo alliance. Our goal with

Apollo is to provide an open and powerful platform to the automotive industry

to further the goal of autonomous vehicles," said Ya-Qin Zhang, president of

Baidu. "By using Azure, our partners outside of China will have access to a

trustworthy and secure public cloud, enabling them to focus on innovating

instead of building their own cloud-based infrastructure."

Microsoft has already been working with leaders in the automotive industry to

help manufacturers ingest huge volumes of sensor and usage data from connected

vehicles and apply that data to deliver actionable intelligence. Companies like

BMW, Ford, Renault-Nissan, Toyota and Volvo are all using or have announced

plans to adopt Microsoft's intelligent cloud technology to help with services

like driver assist, predictive maintenance and voice-controlled media.

As part of the partnership, Baidu and Microsoft plan to explore opportunities

to deliver connected vehicle solutions and unique customer experiences that aim

to digitally transform the autonomous driving industry.

About Baidu

Baidu, Inc. is the leading Chinese language Internet search provider. Baidu

aims to make a complicated world simpler for users and enterprises through

technology. Baidu's ADSs trade on the NASDAQ Global Select Market under the

symbol "BIDU". Currently, ten ADSs represent one Class A ordinary share.

About Microsoft

Microsoft (Nasdaq "MSFT" @microsoft) is the leading platform and productivity

company for the mobile-first, cloud-first world, and its mission is to empower

every person and every organization on the planet to achieve more.

1)

http://www.mckinsey.com/~/media/mckinsey/industries/high%20tech/our%20insights/disruptive%20trends%20that%20will%20transform%20the%20auto%20industry/auto%202030%20report%20jan%202016.ashx

SOURCE: Microsoft Corp.

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中