GISコミュニティフォーラム in 北海道、中部、関西、九州を開催

ESRIジャパン

2017/8/22 10:00

ESRIジャパンユーザ会主催の『GISコミュニティフォーラム』は、2017年9月27日の九州会場を皮切りに、中部、北海道、関西と日本を縦断します。基調講演のほかGIS(地理情報システム)ユーザーが活用事例を発表します。技術セッションや体験セミナーを通してGISの最新動向を体験する機会を提供します。

2017年8月22日

ESRIジャパン株式会社

GISの最新動向を知る『GISコミュニティフォーラム』を

北海道、中部、関西、九州で開催

GIS(地理情報システム)ソフトウェア国内最大手(※1)のESRIジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:正木千陽)は、GISの利用促進とユーザー間の情報交換を目的とした『GISコミュニティフォーラム』を、北海道(10月18日(水))、中部(10月3日(火))、関西(10月25日(水))、九州(9月27日(水))で開催します。

当フォーラムでは、スマートシティ、地域経済をテーマにした基調講演と地域医療、防災対策、自治体庁内活用、自動車サプライチェーンをテーマとしたGISユーザーによる事例発表を行います。そのほか、GISの技術セッション、Esri製品の最新情報紹介、体験セミナー、平成27年国勢調査データの展示なども行います。

■基調講演

【北海道・関西会場】

「Society 5.0に向けたスマートシティー・スマートカンパニーの姿」

 東京大学 大学院 情報理工学系研究科 教授

 江崎 浩 氏

【中部・九州会場】

「官民データ活用と地域経済社会の未来」

 国際大学 グローバル・コミュニケーション・センター 准教授/主任研究員

 庄司 昌彦 氏

■事例発表

【北海道会場】

「北海道における医療 GIS の現状と展望-地域医療の可視化と将来予測」

 北海道大学 大学院 保健科学研究院 教授

 環境健康科学研究教育センター センター長

 小笠原 克彦 氏

【中部会場】

「GIS を用いた自動車部品産業に関する空間分析」

 愛知大学 地域政策学部 教授

 蒋 湧 氏

【関西会場】

「ゼロから広める GIS ~庁内 GIS 活用の取組み~」

 神戸市 企画調整局 創造都市推進部 係長

 中川 雅也 氏

【九州会場】

「G空間情報を活用した防災対策」

 九州大学 大学院 工学研究院 教授

 三谷 泰浩 氏

■ESRIジャパン発表

・ArcGIS プラットフォームの活用による効果的な情報共有と意思決定

・ArcGIS 新製品情報

・テクニカルセッション

 【北海道会場】

  -座標系 もう悩まない!

  -作業の効率化を図ろう!ジオプロセシングツール

 【中部・関西・九州会場】

  -作業の効率化を図ろう!ジオプロセシングツール

  -実務に効く!地図注記の作成と編集

■体験セミナー

・2D & 3Dマップの作成を体験してみよう!

--------------

【名 称】 GISコミュニティフォーラム in 北海道 / 中部 / 関西 / 九州

【会期・会場】 各会場とも 10:30-17:30 (受付開始 10:00)

 北海道 2017年10月18日(水) ACU-A(アスティ45 16階)(札幌市中央区)

 中 部 2017年10月3日(火) ウインクあいち 12階(名古屋市中村区)

 関 西 2017年10月25日(水) 梅田スカイビルタワーイースト 36階(大阪市北区)

 九 州 2017年9月27日(水) アクロス福岡 7階(福岡市中央区)

【入 場 料】 無料・事前登録制

【参加登録】 https://www.esrij.com/events/gcf/gcf2017-autumn/

【主 催】 ESRIジャパンユーザ会

【後 援】

特定非営利活動法人 EnVision環境保全事務所(北海道会場)、特定非営利活動法人 かごしまGIS・GPS 技術研究所(九州会場)、GIS 基礎技術研究会(九州会場)、GITA-JAPAN、地方公共団体情報システム機構、一般社団法人 地理情報システム学会、デジタルアース日本学会、特定非営利活動法人 Digital北海道研究会(北海道会場)、日本地図学会、一般社団法人 日本リモートセンシング学会(50音順・申請中含む)

※1 矢野経済研究所調べ

【Esri社について】

Esri社(本社:米カリフォルニア州レッドランズ市)は、1969年以来、地理的な視点で考え、計画する力を世界中のユーザーに提供しています。GISマーケットのリーダーとして、Esri社製GISソフトウェアは、米国内の主要200都市をはじめ、各国の政府機関、世界の一流企業350社以上、7,000校を超える大学など、世界30万以上の企業・団体で利用されています。Esri社のアプリケーションは、100万台以上のデスクトップと数千にもおよぶウェブサイト、統合型サーバーで稼働し、世界のマッピングと空間分析のバックボーンを担っています。Esri社は、デスクトップ、モバイル、インターネットプラットフォーム向けの総合的なソリューションを提供するベンダー企業です。(Esri社https://www.esri.com/

【ESRIジャパン株式会社について】

本社所在地:東京都千代田区平河町2-7-1 塩崎ビル

設立:2002年4月

代表者:代表取締役社長 正木 千陽

資本金:5,000万円

URL: https://www.esrij.com/

事業内容:GISソフトウェアの販売、及び関連サービス(保守、トレーニング、コンサルティングサービス)の提供

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このリリースを配信した企業・団体

  • 名称 ESRIジャパン株式会社
  • 所在地 東京都
  • 業種 ソフトウエア・SI
  • URL https://www.esrij.com/

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中