Tranzax、総額4.8億円の資金調達を実施

Tranzax

2018/4/25 11:00

2018年4月25日

Tranzax株式会社

Tranzax、総額4.8億円の資金調達を実施

 国から指定を受けた電子債権記録機関※1を子会社に持つ、FinTechベンチャーのTranzax株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小倉 隆志)は、事業強化を目的とした資金調達を実施しました。今回の資金調達を含めた、累計資金調達額は、総額30億円となります。

 今回の資金調達により、当社は、「サプライチェーン・ファイナンス」※2や「POファイナンスⓇ 」※3の営業活動を強化し、引き続き、電子記録債権を活用したFinTech領域における新たなソリューションの提供や新サービスの開発を進めてまいります。

 今後も、当社は、FinTechの先端企業として新たな金融サービスを実現し、守り一辺倒だった「ファイナンスを、チャンスに」変えることができる、日本の金融インフラの一翼を担ってまいります。

※1国から指定を受けた電子債権記録機関は国内5社。当社の子会社はTranzax電子債権株式会社。

※2納入企業(債権者)が発注企業(債務者)に対して持っている売掛債権などの金銭債権を電子記録債権化し、

 当社の設立した特別目的会社(SPC)へ譲渡することにより、支払期日前に資金化できるサービスです。

※3受注を電子記録債権化することで、従来は困難だった受注時点からの債権担保融資を可能にすることができる

 世界初の仕組みです。

■Tranzax株式会社について

Tranzax株式会社は、日本の活力を金融面で支えることをめざし、資産(Asset)中心の守りの金融から、企業活動と商流を裏付けとする攻めの金融(トランザクション・ファイナンス)へのシフトのために、利用者の利便性が高く、革新的なサービスを提供してまいります。

会社名:Tranzax株式会社(旧社名:株式会社日本電子記録債権研究所) 

設 立:2009年7月7日

資本金:1,764,225,000円/資本準備金 1,296,050,000円

代表者:代表取締役社長 小倉 隆志

所在地:東京都港区虎ノ門1-12-9 スズエ・アンド・スズエビル6階

グループ会社:Tranzax電子債権株式会社

       資本金950,050,000円 資本準備金450,000,000円

       100%子会社 国による指定を受けた電子債権記録機関

ホームページ:http://www.tranzax.co.jp

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中