人気スポーツ選手・監督の名前と一緒に検索されたキーワードを検索回数順にランキング形式で発表

NTTレゾナント

2018/7/13 11:01

NTTレゾナント株式会社が運営する「gooウェブ検索」において、2018年上半期に検索回数を大きく伸ばした人気スポーツ選手・監督の名前と一緒に検索されたキーワードを検索回数順にランキング形式で発表します。

2018年7月13日

NTTレゾナント株式会社

【gooの検索キーワードで振り返る2018年上半期】
『大谷翔平』『大迫勇也』『西野朗』『羽生結弦』など、
人気スポーツ選手・監督がどのように注目されているか
gooウェブ検索の関連検索キーワードから分析
https://search.goo.ne.jp/

 NTTレゾナント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:若井 昌宏、以下NTTレゾナント)が運営する「gooウェブ検索」において、2018年上半期に検索回数を大きく伸ばした人気スポーツ選手・監督の名前と一緒に検索されたキーワード(以下、関連検索キーワード)を検索回数順にランキング形式で発表します。人気選手・監督の関連検索キーワードをランキング化することによって、世間からどのような視点で興味、関心を得ていたのかを可視化しています。
※検索データの期間はいずれも2018年1月1日~2018年6月30日
gooウェブ検索の関連検索キーワード

『大谷翔平』
1位 速報
2位 エンゼルス
3位 海外の反応
4位 live
5位 結果
gooウェブ検索で『大谷翔平』が検索された回数
 2018年からロサンゼルス・エンゼルス(2位)に移籍し、活躍中の大谷翔平選手。gooウェブ検索では、大谷選手の出場試合の速報(1位)や結果(5位)が注目されたようです。特にア・リーグの月間最優秀新人に選出された4月の検索回数は大きな伸びを見せました。

『清宮幸太郎』
1位 デート報道
2位 2軍降格
3位 愛称
4位 ニュース
5位 4三振
gooウェブ検索で『清宮幸太郎』が検索された回数
 2018年に日本のプロ野球入りを果たした大型ルーキー清宮幸太郎選手。5月には一軍登録となり、高卒新人新記録のデビュー戦から6戦連続安打を記録しました。gooウェブ検索でも同時期で大きく注目を集めています。一方で、注目を集めていた視点は恋愛に関するニュースで、1月にスクープされたデート報道(1位)が最もユーザーの関心を引いたようです。

『大迫勇也』
1位 半端ない
2位 彼女
3位 兄弟
4位 Tシャツ
5位 動画
gooウェブ検索で『大迫勇也』が検索された回数
 サッカー日本代表として活躍した大迫勇也選手。日本の勝利の立役者となったコロンビア戦では、大迫選手がゴールを決めたときに、ソーシャルメディアで「半端ない(1位)」と拡散されました。翌日以降、ECサイトなどでは「大迫、半端ない」とプリントされたTシャツ(4位)が販売されるなど、大きな話題となりました。

『西野朗』
1位 アトランタ五輪
2位 昔
3位 イケメン
4位 ハリル
5位 年俸
gooウェブ検索で『西野朗』が検索された回数
 サッカー日本代表のハリルホジッチ前監督(4位)の後任として、その任に就いたのが西野朗監督。アトランタ五輪(1位)時代の日本代表監督でもありました。関連検索キーワードでは、イケメン(3位)がランクインするなど、監督としての手腕だけでなくそのダンディな甘いマスクにも注目が集まったようです。

『羽生結弦』
1位 ブログ
2位 動画
3位 youtube
4位 海外の反応
5位 滑走時間
gooウェブ検索で『羽生結弦』が検索された回数
 今や世界のトップフィギュアスケーターの羽生結弦選手。柔軟性、表現力が高い演技や美しいジャンプなどの動画(2位)がYouTube(3位)にアップロードされており、ユーザーからも高い関心を得ています。また、ファンによる羽生選手の応援ブログ(1位)がいくつも立ち上がっており、最新の動向などが掲載されていました。

『宇野昌磨』
1位 ツイッター
2位 ブログ
3位 公式サイト
4位 天然
5位 弟
gooウェブ検索で『宇野昌磨』が検索された回数
 羽生結弦選手とともに、2018年上半期に日本フィギュア男子界を盛り上げた宇野昌磨選手。絶対王者の羽生選手を脅かすほどの演技はもちろんですが、演技後のインタビューでの天然ぶり(4位)も注目されていたようです。羽生選手と同じく、宇野選手を応援するファンのツイッター(1位)やブログ(2位)が盛り上がっているようです。

「gooウェブ検索」について
 gooサービスの中核である「gooウェブ検索」ではWebページの検索サービス(ウェブ検索)のみならず、ニュースや天気、辞書などの多彩且つ膨大なデータベースの検索サービスを提供しています。2017年12月にはプログレッシブウェブアプリに対応。アプリインストールなしで、モバイル端末のホーム画面から「gooウェブ検索」にダイレクトにアクセスできる”ワンタップ検索”を実現しています。
 また、「goo」で蓄積してきたデータやノウハウを利用し、検索結果や検索辞書を自動で更新するAI型ECサイト内検索ソリューション「goo Search Solution」を2016年4月より提供中です。
goo Search Solutionについてはこちら
https://searchsolution.goo.ne.jp/


※記載されている会社名、サービス名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

以上

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

プレスリリース添付画像

gooウェブ検索の関連検索キーワード

gooウェブ検索で『大谷翔平』が検索された回数

gooウェブ検索で『清宮幸太郎』が検索された回数

gooウェブ検索で『大迫勇也』が検索された回数

gooウェブ検索で『西野朗』が検索された回数

gooウェブ検索で『羽生結弦』が検索された回数

gooウェブ検索で『宇野昌磨』が検索された回数

このリリースを配信した企業・団体

  • 名称 NTTレゾナント株式会社
  • 所在地 東京都
  • 業種 情報サービス・コンテンツ
  • URL http://www.nttr.co.jp/

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中